1. TOP
  2. 東北
  3. いわき市にアフィリエイト塾の存在?行くメリット|福島県

いわき市にアフィリエイト塾の存在?行くメリット|福島県

東北  

副業アフィリエイト

副業が認められる企業が出てくるなど、サラリーマンにとって良いことなのか悪いことなのか実際わからないという人もいると思います。

残業できなくなって残業手当が無くなったり、会社の出し惜しみで給与やボーナスが減ったとしても、マンションのローンや子供の学費など出ていくお金は増えていきます。

そういった状況で、副収入で収入の柱を増やすという選択肢を持つのは当然です。そしてアフィリエイトは無料で始められる副業なので低リスクで始められます。

いわき市でアフィリエイトは学べる?

アフィリエイト教室がいわき市にあるかは、このWEBサイトを見ている時点で「いわき市ではアフィリエイトを学べない(も同然)」と考えられます。

なぜならアフィリエイトは、特定の単語(キーワード)で検索した時に自分で作ったサイトにお客さんを集める(アクセスを集める)ことで商品の紹介をするものだからです。

ということは、アフィリエイトを教えるところが「アフィリエイト いわき市」で検索した時に検索結果から見つけられなかったら説得力がありません。

でも落ち込むことはありません。その理由はアフィリエイトは塾などに行かなくても以下のような優秀な教材があれば稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト教室のメリットとデメリット

アフィリエイト塾や教室

実は私はアフィエイトで副収入を得ていますが、最初はワードくらいしか触れないレベルだったのでアフィリエイトの先生がいないか探しました。

運良く都会に住んでいたので、ある有名な教室に通うことができました。

1年通って感じたメリットは

  • 対面ですぐ質問できる
  • 家でもチャットなどで質問できる
  • 同じ目標を持った人と交流できる
  • 稼いでいる人同士でアドバイスがもらえる

メリットを見ると「いいかも!」と感じる人もいると思いますが、それに頼ってしまう人はおそらく稼げません

実際にアフィリエイト教室に通ってみて上記のようなメリットを感じましたが、報酬が出るようになり、よく考えてみたら通う必要性がだんだんなくなってきました。

なぜかというと、仲間はtwitterやASPのイベントなどでも見つけられるし、わからないこともネットで調べると出てくることも多いです(技術的な部分の疑問が多いので)。

また、長く通うほど稼げるかといえば、期間と報酬は比例しないし、稼げない人もいたという事実があります。仲間で3年以上も通っているのに月8,000円以下という人も(月謝分チャラですね)。

唯一役立ったのは通うことでその時ばかりは作業に没頭することができるというくらいです。それも月2回とかだからすごい役立ったとは言えません。

逆に、行ったからこそ言えるアフィリエイトの塾に通うデメリットは、

  • 月謝なのでトータルコストが高い(月1万で年12万円)
  • ノウハウ自体は2〜3か月で理解できる(それ以上は必要ない)
  • 半年も経つと作業だけに月謝を払うことになる
  • 教えてもらうことに慣れて自分で稼ぐ力がつかない

要するにアフィリエイトの基本は2か月くらいで全部習得できる程度なんです。あとは必死に作業できるかのほうが大事ですから、月謝で毎月お金を払うというのは無駄だと思います。

確かに法改正や検索アルゴリズムの変化、売れ筋商品の変化によってやり方も微妙に変わることもありますが、それは教えてもらわなくてもアフィリエイトをやりだしたら自分で調べる力もついています。

だから、いわき市でアフィリエイト教室を探すよりも、基礎をびっちり詰め込んだ教材で勉強するほうが、コストも1回きりだし、自分で稼ぐ力もつきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの種類

アフィリエイトは商品を広めたい企業の代わりに広告宣伝を請け負い、ブログやWEBサイトで紹介し、そこで商品が売れたら報酬がもらえるという仕組みです。

細かくは企業とアフィリエイトする人との間にASP(広告代理店みたいなもの)が入って、ASP経由で報酬をもらうということになっています。

簡単に言えば、商品を売りたい企業と広告を担う代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者的な役割と考えればよくわかります。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法はいくつかタイプがあるのでご紹介します。

WEBサイト・ブログで紹介型

多くの人が実践しているやり方は自身で作ったWEBサイトやブログで商品やサービスの良さを紹介するやり方です。

すでにあるアメブロやライブドアブログなどの無料のブログでも良いですし、自分でサーバーを借りてWEBサイトを作るという方法になります。サーバーは月500円程度でレンタルできますし、wordpressも無料で使えるものがありますから、ランニングコストも少ないということがわかるでしょう。

そのあとは、宣伝したい商品を利用した乾燥などを記事にしてwebサイトを作っていきます。

例えばいわき市の名物である「いわき市ビスケット」という商品を宣伝するなら、

「いわき市ビスケットを1つ食べたら病みつきになってしまった」

「いわき市出身者だけが知っている超うまいお菓子とは」

「いわき市出身なのでいわき市ビスケットを家族に勧めてみた」

「ギフトにぴったりないわき市名物のビスケットが美味すぎる」

「いわき市出身者歓喜!いわき市ビスケットがモンドセレクションを受賞」

といった内容の記事を執筆していわき市ビスケット公式サイトに来訪者を誘導します。

こうして報酬の上がるブログが作れれば、それが資産となり、何もしなくても継続的にお金が入るようになります。さらに、そういったブログをいくつも作ることで報酬は倍々になり、今の給料を上回ることだってできるのです。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使った方法

自分が持っているツイッターアカウントなどで発言力があったらSNSの投稿で商品を宣伝することが可能です。

しかし、先ほどのようないわき市ビスケットを売る場合、フォロワーがそれを欲しいかどうかは、商材の種類やフォロワーの世代、性別などにもよるので売るのは難しいでしょう。

フォロワー数が数万いて、発言に影響力があれば不可能ではないですが、そんな人は他の手段で稼いでいるはずでしょうね。

広告費を出す方法

広告出稿型アフィリエイトというのは、Yahooやfacebookなどの広告に広告費を投じて商品を宣伝する方法です。

自分が販売者でないのに広告費を出して宣伝するのはイレギュラーですが、企業は商品が売れればOKなので販売手段はなんでもいいのです。

ただ、企業もネット広告を出している場合は、広告費のつぶし合いになるため、ネット広告の使用を禁止している商品もあります。

検索順位を上げずともお金の力で強引に売るというのは労力こそ少ないですが、潤沢な投資とマーケティング能力が必須になってきます。

アフィリエイトの知識なしに多額のお金をかけて広告を出稿するのはリスクが超高いのは容易に想像できます。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!