1. TOP
  2. 東北
  3. 下閉伊郡にアフィリエイト塾あるの?行くメリット|岩手県

下閉伊郡にアフィリエイト塾あるの?行くメリット|岩手県

東北  

副業アフィリエイト

副業が認められる企業が増えていく昨今、会社員には良い状況なのか悪い状況なのかなかなか難しい情勢になってきています。

残業禁止で残業代に期待できなくなったり、業績悪化で給与アップが見込めなくなっても、マンションのローンや子供の学費など入るお金より出ていくほうが多いです。

そうした社会状況で、副収入で収入の柱を増やすという答えを導き出すのは当然です。そしてアフィリエイトは初期コストが少ない副業の一つなのでいいところをついていますよ!

アフィリエイト教室は下閉伊郡にある?

下閉伊郡にアフィリエイトを学べる場所があるかは、このホームページに来ている時点で「下閉伊郡にアフィリエイト教室は存在しない(も同然)」でしょう。

というのも、アフィリエイトは特定の単語でネット検索した時にブログやサイトを検索結果からアクセスを集めることで商品の紹介をするものだからです。

なので、アフィリエイトを教える塾が「アフィリエイト 下閉伊郡」で検索した時に検索結果の上位にいなかったら説得力に欠けますよね。

でも悲観することはありません。なぜかと言えば、アフィリエイトは教室などで学ばなくても以下のような教材だけで十分に稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト教室のメリットとデメリット

アフィリエイト塾や教室

かくいう私もアフィリエイトで副収入を稼いでいますが、最初は全くIT関係の知識がなかったのでアフィリエイトを教えてくれる場所を探しました。

運良く都市部に住んでたので、有名なアフィリエイト塾に通学することができました。

1年通って感じたメリットは

  • 先生にすぐ質問できる
  • 講義がない時でもチャットなどで質問できる
  • 一緒に頑張れる仲間が見つかる
  • 稼いでいる人からの情報をもらえる

メリットを見たら「いい感じ!」と感じるかもしれませんが、これが必要だと感じている人はおそらく稼げません

実際にアフィリエイト教室に通ってみて上記のようなメリットを感じましたが、ノウハウが身について報酬が出だすと、月謝を払い続ける必要のないことを理解しました。

その理由は、仲間がいないと頑張れないのは言い訳だし、質問は最初こそありますが、知識が付くとネット検索で十分になります(質問は技術的なものが多くなるので)。

そして何より長く通えば稼げるかと言えば、全員が稼げないし、報酬は増え続けるわけでもないという現実があります。同じ教室の生徒で12ヶ月以上も通っているのに月8,000円以下という人も(月謝分も稼げてない)。

唯一良かったのは通う時は作業に没頭することができるというくらいです。といっても通うのは週一だったので月謝分役立ったとは言えません。

逆に、行ったからこそ言えるアフィリエイトの塾に通うデメリットは、

  • 継続してコストがかかる(月謝1万で年12万円)
  • ノウハウ自体は2〜3か月で理解できる(それ以上は必要ない)
  • 聞くことが無くなると月謝を払う意味がない
  • 教えてもらうばかりだと自分で考えない

つまるところアフィリエイトの基本知識は2か月勉強すれば習得できる程度のものです。その後はがむしゃらに作業をすることが大切なので、毎月お金を払う塾みたいなところは無駄かもしれません。

確かに法改正や検索アルゴリズムの変化、流行り廃りなどによってノウハウも微妙に変わることもありますが、それに関しては聞かなくともアフィリエイトの基本ができていたら自分で調べる力もついています。

ですから、下閉伊郡でアフィリエイト教室を探すよりも、ノウハウがしっかりと詰め込まれた教材で始めるほうが、初期投資も少ないし、自分で稼ぐ力が身につきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの種類

アフィリエイトは商品を売りたい企業の代わりに宣伝役を引き受けて、自分のブログやWEBサイトで紹介し、そこから商品が売れたら報酬がもらえるというシステムになっています。

細かく言えば、企業と自分との間にASP(広告代理店みたいなもの)が仲介する形で、ASPを通して報酬をもらうということになっています。

わかりやすく言えば、商品をたくさん売りたい企業とその広告代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者とイメージすればいいでしょう。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトのやり方はいくつかの方法があるのでご紹介します。

WEBメディア・ブログ運営タイプ

多くの人が実践しているやり方は自身で作ったWEBサイトやブログで商品サイトへ誘導するという方法です。

簡単に使えるはてなブログやアメーバブログ、ライブドアブログなどの無料ブログで始めてもいいですし、自分でサーバーを借りてWEBサイトを作るという方法になります。レンタルサーバーは月500円〜レンタルできますし、wordpressのインストールも無料でできるものがあるので、初期費用がほぼゼロから始められることがおわかりでしょう。

そのあとは、宣伝したい商品を直に使ってみた感想などを記事にしてwebサイトを作っていきます。

例を挙げると、下閉伊郡の名産である「下閉伊郡ビスケット」というのを紹介する場合は、

「下閉伊郡ビスケットって食べてみたら美味しかった件」

「下閉伊郡出身者に聞いたら美味いお菓子はこれしかないらしい」

「下閉伊郡出身として下閉伊郡ビスケットを家族に紹介しないわけにはいかない」

「ギフトにぴったりな下閉伊郡名物のビスケットが美味すぎる」

「下閉伊郡の誇りにかけて下閉伊郡ビスケットは最強である!」

みたいな内容の記事を執筆して下閉伊郡ビスケット公式サイトへ誘導します。

そして、報酬が出るブログができてしまえば、それが資産となりそれ以上記事を書かなくても報酬が入るようになります。そして、そういったブログを複数作成すると報酬は足し算式に増えて、今貰っている月収を超えることだって可能です。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使った方法

twitterやインスタでフォロワーが多い場合にはSNSへの投稿でアフィリエイトすることも可能です。

ですが、上記のように下閉伊郡ビスケットを売る場合、フォロワーがそれを求めているかどうかは、商品の種類やフォロワーの年代、性別などによって変わるので売るのは難しいかもしれません。

数万人規模のフォロワーがいて、影響力があるのであれば可能かもしれませんが、そういう人はすでに他で稼いでいるはずでしょうね。

広告を出すアフィリエイト

広告を出すアフィリエイトというのは、ヤフーやfacebookなどのネット広告に広告費を使って商品を紹介する方法です。

自分の商品ではないものにお金を出して宣伝するのはイレギュラーですが、企業は商品が売れればOKなのでとくに問題はありません。

ただし、企業もネット広告を出稿している場合は、広告を出し合う形になってしまうので、広告の出稿を禁止している商材も多くあります。

検索結果に左右されずお金の力で強引に売るというのは近道ですが、大きなコストと広告のセンスやマーケティング能力が必要になります。

アフィリエイト初心者が大きなコストをかけて広告を出すことはリスクが超高いのは容易に想像できます。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!