1. TOP
  2. 東北
  3. 中津軽郡にアフィリエイト塾の存在?受講するメリットとは|青森県

中津軽郡にアフィリエイト塾の存在?受講するメリットとは|青森県

東北  

副業アフィリエイト

働き方が見直されて副業ができる会社員が出てきたりして、労働者にとっては良いのか悪いのかわからないという人も多いでしょう。

残業頼みだったのに残業NGになったり、先行き不透明で給与上昇が期待できなくても、マンションのローンや子供の学費など入るお金より出ていくほうが多いです。

そんな中、自分自身の手でもう一つの収入減を得るという結論を出すのは賢いことです。それにアフィリエイトは初期費用がかからない副業ですから目の付け所は良いでしょう!

アフィリエイト教室は中津軽郡にある?

アフィリエイト教室が中津軽郡にあるかは、このページを読んでいる時点で「中津軽郡にはアフィリエイト教室は無い(も同然)」と言えます。

なぜならアフィリエイトは、特定の単語(キーワード)で検索した時に自社のHPなどを検索結果の上位に表示させること(SEO対策)で商品の紹介をするものだからです。

ということは、アフィリエイトを教えるところが「中津軽郡 アフィリエイト」でネット検索した場合に検索結果の上位にいなかったら説得力に欠けますよね。

でも落ち込むことはありません。その理由はアフィリエイトは塾などに行かなくても以下のような教材だけで驚くほど稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アリフィエイトを教えてもらうメリット

アフィリエイト塾や教室

かくいう私もアフィリエイトを副業にしていますが、最初はブログも書く知識すらなかったのでアフィリエイトを教えてくれる場所を探しました。

幸い都会に住んでいたために、有名なアフィリエイト塾に通学することができました。

そこで感じたアフィリエイト教室のメリットは、

  • 先生にすぐ質問できる
  • 家でもチャットなどで質問できる
  • 同じアフィリエイトの仲間が見つかる
  • 稼いでいる人同士でアドバイスがもらえる

メリットだけみると「いいね!」と感じる人もいると思いますが、このメリットだけではおそらく稼げません

実際にアフィリエイト教室に通ってみてはじめはメリットがあると思いましたが、知識も身につき稼げるようになった時に、長く通う意味はないということを考えました。

なぜかといえば、仲間がいることで頑張れるのは最初だけだし、わからないこともネットで調べると出てくることも多いです(たいていは技術的なことだから)。

さらに通えば誰でも稼げるかといえば、全員が稼げないし、報酬は増え続けるわけでもないという現実がありました。同じ教室の生徒で12ヶ月以上も通っているのに月3,000円以下という人もいました(月謝分ギリギリチャラ)。

良かったことといえば通う時は作業に熱中できるということくらいです。それも通うのは月2回だったのでそこまで役立ったとは言えません。

逆に、行ったからこそ言えるアフィリエイト塾に通うデメリットは、

  • 継続してコストがかかる(月謝1万で年12万円)
  • 知識は2〜3か月で習得できる(長く通う必要ない)
  • メインは作業なので月謝を払うのが疑問
  • 講師のやり方しか知らないまま進んでいく

要するにアフィリエイトの基本は2か月勉強すれば習得できる程度のものです。あとはただただ作業に打ち込むことのほうが大切ですから、月謝を長く払い続けるのは無駄かもしれません。

確かに検索アルゴリズムの変化や流行り廃りなどによってノウハウも微妙に変化していきますが、それは教えてもらわずともアフィリエイトの基本が身に付いたら自分で調べる力もついています。

だから、中津軽郡でアフィリエイト教室を探すよりも、ノウハウが自分のペースで習得できる教材のほうが、初期投資も少ないし、自分で稼ぐ力が身につきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの各種やり方

アフィリエイトは商品を宣伝したい企業に代わって広告宣伝を請け負い、ブログやWEBサイトで紹介し、売れれば売れた分だけ報酬がもらえるというシステムです。

細かくは企業とアフィリエイトする人との間にASP(広告代理店みたいなもの)が仲介する形で、ASPを通して報酬をもらうというシステムです。

わかりやすく言えば、商品をたくさん売りたい企業とその広告代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者的な役割とイメージするととわかりやすいです。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの進め方にはいくつか方法があるのでご紹介します。

WEBサイト・ブログ運営型

多くの人が実践しているやり方は自身でWEBサイトやブログを作って商品を紹介するやり方です。

既存のアメブロやはてなブログ、ライブドアブログなどの無料のブログだって使えるし、自分でレンタルサーバーを借りてホームページを作るという感じです。サーバーは月500円程度でレンタルできますし、wordpressのテンプレートも無料で使えるものがありますから、ランニングコストも少ないということがわかるでしょう。

あとは、売りたい商品に関する情報をまとめたものを記事に起こしていきます。

例えば中津軽郡の名産である「中津軽郡クレープ」というのを宣伝するときは、

「中津軽郡クレープを1つ食べたら病みつきになってしまった」

「中津軽郡出身者だけが知っている超うまいお菓子とは」

「中津軽郡出身として中津軽郡クレープを家族に紹介しないわけにはいかない」

「ギフトにぴったりな中津軽郡名物のクレープが美味すぎる」

「中津軽郡の誇りにかけて中津軽郡クレープは最強である!」

といった内容の記事を更新して中津軽郡クレープ公式サイトへのリンクへ誘導します。

こうして報酬の上がるブログが作れれば、それが資産となり、何もしなくても継続的にお金が入るようになります。そして、それをいくつか運営できれば報酬はどんどん増えて、現在の月給を上回るのも夢ではありません。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSで紹介するやり方

自分が持っているツイッターアカウントなどで発言力があったらSNSの投稿で商品を紹介することもできます。

ただし、上の例のように中津軽郡クレープを売る場合、フォロワーに購入意欲があるかどうかは、商材の種類やフォロワーの世代、性別などによっても違うので売るのは難しいでしょう。

フォロワーが相当数いて、インフルエンサーくらい発言力があれば可能かもしれませんが、そういう人はすでに他で稼いでいると思いますが。

広告を出すアフィリエイト

広告出稿型アフィリエイトというのは、Yahooやfacebookなどの広告に広告費を投じてアフィリエイト商品を紹介する方法です。

自分の商品ではないものにお金を出して宣伝するのはイレギュラーですが、企業は商品が売れさえすればいいのでとくに問題はありません。

ただし、企業もネット広告を出稿している場合は、広告を出し合う形になってしまうので、アフィリエイトで広告出稿を禁じているものもあります。

検索結果に左右されずお金の力で強引に売るというのは近道ですが、たくさんのお金と広告のセンスが必要になってきます。

アフィリエイトが初めてなのに大きな投資でネット広告を出すのはリスクが超高いのは容易に想像できます。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!