1. TOP
  2. 東北
  3. 南会津郡にアフィリエイト塾の存在?行くデメリット|福島県

南会津郡にアフィリエイト塾の存在?行くデメリット|福島県

東北  

副業アフィリエイト

働き方が見直されて副業ができる会社員が出てくるなど、労働者にメリットがあるのかないのか実際わからないという人もいると思います。

残業禁止で残業代に期待できなくなったり、実績評価で給料が上がりにくくなっても、マイホームの支払いや子供の高額な学費など出ていくお金は増えていきます。

そんな中、自らでお金を稼ぐ方法を得るという選択をするのは賢いことです。それにアフィリエイトは初期費用がかからない副業ですからリスクがありません。

南会津郡でアフィリエイトは学べる?

アフィリエイト教室が南会津郡にあるかは、このページを読んでいる時点で「南会津郡にはアフィリエイト教室は無い(も同然)」と言えます。

なぜかと言えば、アフィリエイトは特定の単語(キーワード)で検索した時に自分で作ったサイトにお客さんを集める(アクセスを集める)ことで商品を販売に結び付けるものだからです。

つまり、アフィリエイトを教えようという教室が「南会津郡 アフィリエイト」でネット検索した場合に検索結果から見つけられなかったら、本当に教えれるの?って感じです。

でも落胆することはありません。その理由はアフィリエイトは塾などに行かなくても以下のような教材だけで十分に稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト教室のメリットデメリット

アフィリエイト塾や教室

何を隠そう私もアフィリエイトで報酬を得ていますが、最初は何も知識がなかったのでアフィリエイトの塾がないか探しました。

運良く都心に住んでいたので、某アフィリエイト教室に行くことが叶いました。

1年通って感じたメリットは

  • 直接先生にすぐ質問できる
  • 時間外でもチャットなどで質問できる
  • 同じ目標を持った人と交流できる
  • アフィリエイトの情報を共有できる

メリットだけみると「いいね!」と思いがちですが、それに頼ってしまう人はおそらく稼げません

実際に私は通ってみて上記のようなメリットを感じましたが、知識も身につき稼げるようになった時に、「長期的に通う」必要のないものだったと感じました。

なぜかといえば、仲間がいることで頑張れるのは最初だけだし、わからないこともネットで調べると出てくることも多いです(技術的な部分の疑問が多いので)。

また、通い続けることが収入の増加につながるかといえば、稼げない人もいるし、通う長さと報酬の上昇は関係ないという現実がありました。同じ教室の生徒で12ヶ月以上も通っているのに月3,000円以下という人もいました(月謝で実質損している)。

役立ったこともあります。通う時は作業にはげめるというくらいです。といっても通うのは週一だったのでそこまで良かったとは言えませんね。

逆に、私が思うアフィリエイトの教室に通うデメリットは、

  • 毎月お金がかかりトータルコストが高い(月1万で年12万円)
  • ノウハウは2〜3か月で体得できる(長期に行く必要ない)
  • 半年も経つと作業だけに月謝を払うことになる
  • 教えてもらうばかりだと自分で考えない

結局アフィリエイトのノウハウは2か月もあれば十分に習得できる程度のものです。あとはただただ作業できるかのほうが重要ですから、継続してお金がかかる教室はいらないと感じました。

確かに法改正や検索アルゴリズムの変化、トレンドなどによってアプローチ方法も微妙にずれていくこともありますが、それは教えてもらわずともアフィリエイトの基本が身に付いたら言われなくても自分で調べるようになります。

したがって、南会津郡でアフィリエイトの塾を探すよりも、ノウハウが自分のペースで習得できる教材のほうが、初期費用が少なく済むし、自分で稼ぐ能力もつきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの各種やり方

アフィリエイトは商品やサービスを売りたい企業の代わりに広報的な役割を引き受けて、自身のWEBサイトやブログで紹介し、販売につながった分だけ報酬がもらえるというシステムになっています。

細かく言えば、企業と自分との間にASP(広告代理店みたいなもの)が仲介する形で、ASPを通して報酬をもらうということになっています。

要約すると、商品を売りたい企業とその広告代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者的な役割と考えるとわかりやすいと思います。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトのやり方はいくつかの方法がありますので簡単にご紹介します。

WEBサイト・ブログで紹介型

一番ポピュラーなやり方は自身でWEBサイトやブログを作って商品サイトへ誘導するという方法です。

誰でも知ってるライブドアブログやはてなブログ、アメーバブログなどの無料ブログから始めてもいいですし、自分でレンタルサーバーを借りてホームページを作るというのが一般的です。サーバーと言っても月500円からレンタルできますし、wordpressのテンプレートも無料で使えるものがほとんどですから、初期投資がほとんどいらないのがおわかりでしょう。

そのあとは、宣伝したい商品を実際に使ってみた感想などを記事にしてブログを更新していきます。

例えば南会津郡の名産である「南会津郡クレープ」というのを宣伝するときは、

「南会津郡クレープを食べてみた素直な感想」

「南会津郡出身者も知らない隠れた名店の菓子を買ってみた」

「南会津郡出身としては南会津郡クレープを家族に勧めないわけにはいかない」

「ギフトに最適な南会津郡名物のクレープを知っているか」

「南会津郡の誇りにかけて南会津郡クレープは最強である!」

というような内容の記事を執筆して南会津郡クレープ公式サイトへ誘導します。

そして、報酬が出るブログができてしまえば、それが資産となり、何もしなくても継続的にお金が入るようになります。その上、同じようなブログを複数作ることができれば報酬は数倍になり、今の給料を超えることも可能です。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使ったやり方

自分がtwitterやインスタなどで発言力がある場合にはそれらの投稿で商品を紹介することもできます。

しかし、先ほどのような南会津郡クレープを売る場合、フォロワーが購入するかどうかは、商品の種類やフォロワーの年齢、性別なども考慮しないと難しいです。

フォロワーが相当数いて、インフルエンサーくらい発言力があれば不可能ではないでしょうが、そんな人は別の方法で稼いでいるでしょうけど。

広告出稿でアフィリエイト

広告出稿型アフィリエイトというのは、Yahooやfacebookなどの広告に広告費を投じてアフィリエイト商品を紹介する方法です。

自分が販売者でないのに広告費を出して宣伝するというのはおかしいですが、企業は商品が売れさえすればいいのでとくに問題はありません。

しかし、企業自身がその商品の広告を出している場合は、広告費の競争になってしまうので、広告の出稿を禁止している商材も多くあります。

検索順位を上げずにネット広告(お金)で強引に売るというのは近道ですが、広告費とライティング能力がかなり必要になります。

アフィリエイト初心者が大きなコストをかけて広告を出すことはリスクが大きすぎるのはすぐわかりますよね。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!