1. TOP
  2. 東北
  3. 南津軽郡にアフィリエイト塾あるの?行くメリット|青森県

南津軽郡にアフィリエイト塾あるの?行くメリット|青森県

東北  

副業アフィリエイト

政府の働き方改革などで副業ができる会社が出てくるなど、労働者にメリットがあるのかないのか判断に困る状況になってきています。

残業が許されなくなり給与が減ったり、実績評価で給料が上がりにくくなっても、マイホームの支払いや子供の高額な学費など入るお金より出ていくほうが多いです。

だからこそ、足りない分を自分で稼ぐという答えを導き出すのは至極当然です。そのなかでもアフィリエイトは初期コストが少ない副業の一つですから目の付け所は良いでしょう!

南津軽郡にアフィリエイトの塾はあるの?

アフィリエイト教室が南津軽郡にあるかは、このサイトにたどり着いた時点で「南津軽郡にはアフィリエイトを学ぶ場所は無い(も同然)」なんです。

というのも、アフィリエイトは特定のキーワードでネット検索をかけたときにブログやサイトを検索結果からアクセスを集めることで商品を売ったりするものだからです。

なので、アフィリエイトを教える塾が「アフィリエイト 南津軽郡」で検索した時に検索結果から見つけられなかったら説得力がありません。

でも落ち込むことはありません。というのもアフィリエイトは教室に行かなくても以下のような教材だけで十分に稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト教室のメリットデメリット

アフィリエイト塾や教室

実は私はアフィエイトで副収入を得ていますが、最初はwordpressって何?ってレベルだったのでアフィリエイトを教えてもらえるところを探しました。

幸い都市部に住んでいたこともあって、通えるアフィリエイト教室に通うことができました。

行ってみてわかったアフィリエイト教室のメリットは

  • 講師にすぐ質問できる
  • 家でもチャットなどで質問できる
  • 一緒に頑張れる仲間が見つかる
  • 稼いでいる人のノウハウが聞ける

メリットを見ると「いいかも!」と思うんですが、このメリットだけではおそらく稼げません

事実私も通ってみてはじめはメリットがあると思いましたが、報酬が出るようになり、よく考えてみたら月謝を払い続ける必要のないことを理解しました。

そう感じたのは、仲間がいないと頑張れないのは言い訳だし、わからないこともネットで調べると出てくることも多いです(疑問はツールの使い方とかが多いし)。

また、長く通うほど稼げるかといえば、稼げない人もいるし、通う長さと報酬の上昇は関係ないという現実がありました。仲間で3年以上も通っているのに月8,000円以下という人も(月謝分ギリギリチャラ)。

唯一役立ったのは通うことでその時ばかりは作業に没頭できるということくらいです。といっても通うのは週一だったので実際はあまり役立ってるとは言えませんね。

逆に、行ったからわかったアフィリエイトの塾に通うデメリットは、

  • 毎月お金がかかりトータルコストが高い(月1万で年12万円)
  • 知識は2〜3か月で十分得られる(それ以上は通う必要ない)
  • メインは作業になると月謝のコストが痛い
  • 教えてもらうことに依存してしまい自分で考えない

結局アフィリエイトに必要な知識は3か月もあれば十分に習得できる程度なんです。あとは必死に作業をすることが大切なので、毎月お金を払う塾みたいなところは無駄だと思います。

確かに検索順位の変動や流行り廃りなどによってノウハウも微妙にずれていくこともありますが、それは教えを請わなくてもアフィリエイトをやりだしたら自分で調べる力もついています。

なので、南津軽郡でアフィリエイト教室を探すよりも、ノウハウがしっかりと詰め込まれた教材で始めるほうが、初期コストがかからないし、自分で稼ぐ力も得られます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの各種やり方

アフィリエイトは商品を売りたい企業の代わりに宣伝役を引き受けて、自分のブログやWEBサイトで紹介し、そこから商品が売れたら報酬がもらえるということになっています。

実際には企業と個人との間にASP(広告代理店のようなもの)が介在して、ASPのほうから報酬をもらうという仕組みになります。

わかりやすく言えば、商品をたくさん売りたい企業とその広告代理店(ASP)があって、私たちは広告代理店の下請け業者の集まりとイメージするととわかりやすいです。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの進め方にはいくつか方法があるのでご紹介します。

WEBサイト・ブログ運営型

多くの人が実践しているやり方は自身でWEBサイトやブログを作って商品サイトへ誘導するという方法です。

簡単に使えるはてなブログやアメーバブログ、ライブドアブログなどの無料ブログから始めてもいいですし、自分でサーバーをレンタルしてWEBサイトを作るというのが基本です。サーバーは高そうなイメージですが、月500円からレンタルできますし、wordpressのブログテンプレートも無料で使えるものがあるので、初期投資がほとんどいらないのがおわかりでしょう。

そのあとは、宣伝したい商品を利用した乾燥などを記事にしてwebサイトを作っていきます。

例えば南津軽郡の名物である「南津軽郡ワッフル」という商品を宣伝するなら、

「南津軽郡ワッフルを1つ食べたら病みつきになってしまった」

「南津軽郡出身者がひた隠しにする教えたくない銘菓とは」

「南津軽郡出身として南津軽郡ワッフルを家族に紹介しないわけにはいかない」

「ギフトに最適な南津軽郡名物のワッフルを知っているか」

「南津軽郡出身者歓喜!南津軽郡ワッフルがモンドセレクションを受賞」

といった内容の記事を書いて南津軽郡ワッフル公式サイトへ誘導します。

この方法で報酬が出るブログを作ることができれば、それが資産となり作業せずとも副収入が入るようになります。そして、そういったブログを複数作ることができれば報酬は数倍になり、勤めている会社の給与を上回ることだってできるのです。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使ったやり方

自分が持っているツイッターアカウントなどでフォロワーが多くSNSの投稿に力があればアフィリエイトすることも可能です。

ただし、上の例のように南津軽郡ワッフルを売る場合、フォロワーに購入意欲があるかどうかは、商品の種類やフォロワーの年代、性別などによっても違うので売るのは難しいでしょう。

フォロワー数が相当いて、インフルエンサーのような状態なら可能でしょうが、そういう人はアフィリエイト以外で稼いでいると思いますが。

広告出稿型

広告を出すというのは、facebookやヤフーの広告に広告費を投じてアフィリエイト商品を紹介する方法です。

他人の商品を広告費を使って宣伝するのはイレギュラーですが、企業としては商品が売れればそれでいいのでwin winの関係となります。

しかし、企業自身がその商品の広告を出している場合は、広告費の競争になってしまうので、広告の出稿を禁止している商材も多くあります。

検索順位を上げなくても広告費を使って売るというのは簡単そうに思えますが、大きなコストと広告のセンスやマーケティング能力が必要になります。

アフィリエイトが初めてなのに大きな投資でネット広告を出すのはリスクがありすぎるのは誰でもわかることです。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!