1. TOP
  2. 東北
  3. 大船渡市にアフィリエイト塾が?受けるメリット|岩手県

大船渡市にアフィリエイト塾が?受けるメリット|岩手県

東北  

副業アフィリエイト

政府の働き方改革などで副業ができる会社が現れたりして、労働者にメリットがあるのかないのかなかなか難しい情勢になってきています。

残業が許されなくなり給与が減ったり、会社の出し惜しみで給与やボーナスが減ったとしても、マンションのローンや子供の学費など出ていくお金は増えていきます。

そこで、副収入で収入の柱を増やすという選択をするのは至極当然です。そのなかでもアフィリエイトはお金がほとんどかからない副業のひとつですからリスクがありません。

大船渡市でアフィリエイトは学べる?

アフィリエイトの塾のようなところが大船渡市にあるかは、このサイトに訪問した時点で「大船渡市ではアフィリエイトを学べない(も同然)」と考えられます。

というのも、アフィリエイトは特定の単語でネット検索した時にブログやサイトを検索結果からアクセスを集めることで商品を売ったりするものだからです。

つまり、アフィリエイトを学べるという教室が「大船渡市 アフィリエイト」でネット検索した場合に検索結果から見つけられなかったら、本当に教えれるの?って感じです。

でも落胆することはありません。その理由はアフィリエイトは塾などに行かなくても以下のような教材だけで十分に稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト教室のメリットデメリット

アフィリエイト塾や教室

実は私はアフィエイトで副収入を得ていますが、最初は全くIT関係の知識がなかったのでアフィリエイトの先生がいないか探しました。

幸い都会に住んでいたために、有名なアフィリエイト塾に行けることとなりました。

行ってみてわかったアフィリエイト教室のメリットは

  • 対面ですぐ質問できる
  • 作業日外でもチャットなどで質問できる
  • 一緒に作業できる仲間ができて頑張れる
  • 稼いでいる人のノウハウが聞ける

メリットだけみると「いいね!」と思いそうですが、これが必要な人っておそらく稼げません

事実私もアフィリエイト塾に通ってみて最初はメリットを享受しましたが、稼げるようになり、よくよく考えてみると「長期的に通う」必要のないものだったと感じました。

なぜかというと、仲間はtwitterやASPのイベントなどでも見つけられるし、質問もネット検索で済む場合も多いです(質問は技術的なものが多くなるので)。

そして何より長く通えば稼げるかと言えば、全員が稼げるようになったわけではないという事実を目の当たりにしました。仲間で3年以上も通っているのに月8,000円以下という人も(月謝分ギリギリチャラ)。

役立ったこともあります。通うことでその時ばかりは作業にはげめるというくらいです。といっても月に数回なので月謝分役立ったとは言えません。

逆に、行ったことで感じたアフィリエイト塾に通うデメリットは、

  • 1年通うと考えるとコストが高い(月1万で年12万円)
  • ノウハウ自体は2〜3か月で理解できるので通う必要性を感じない
  • 半年も経つと作業だけに月謝を払うことになる
  • 教えてもらうことに慣れて自分で稼ぐ力がつかない

要するにアフィリエイトの基本は2か月勉強すれば習得できる程度なんです。あとは必死に作業をすることが大切ですから、月謝を長く払い続けるのは無駄かもしれません。

確かに検索結果が変動したり、流行り廃りなどによってノウハウも微妙にずれていくこともありますが、それは教えてもらわずともアフィリエイトの基本が身に付いたら言われなくても自分で調べるようになります。

なので、大船渡市でアフィリエイト教室を探すよりも、基礎をびっちり詰め込んだ教材で勉強するほうが、初期コストも少ないし、自分で稼ぐ力も養えます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの各種やり方

アフィリエイトは商品を売りたい企業の代わりに広報的な役割を引き受けて、自身のWEBサイトやブログで紹介し、売れれば売れた分だけ報酬がもらえるという仕組みです。

実際には企業と個人との間にASP(広告代理店のようなもの)が介在して、ASPのほうから報酬をもらうというシステムです。

簡単に言うと、サービスを売りたい企業と広告を担当する代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者的な役割と考えるとわかりやすいと思います。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの進め方にはいくつか方法があるのでご紹介します。

ブログ・WEBサイト構築型

基本的なやり方で一番多いのはブログやWEBメディアを持って商品やサービスを案内する方法です。

誰でも知ってるライブドアブログやはてなブログ、アメーバブログなどの無料ブログで始めてもいいですし、自分でサーバーをレンタルしてWEBサイトを作るという方法になります。サーバーは高そうなイメージですが、月500円からレンタルできますし、wordpressも無料で使えるのが普通ですから、初期費用がいかに少ないかわかるでしょう。

あとは、紹介したい商品を利用した乾燥などを記事にしてブログを作っていきます。

例えば大船渡市の名産である「大船渡市饅頭」というのを宣伝するときは、

「大船渡市饅頭を1つ食べたら病みつきになってしまった」

「大船渡市出身者がこぞってお土産に持ってくる銘菓とは」

「大船渡市出身としては大船渡市饅頭を家族に勧めないわけにはいかない」

「ギフトにぴったりな大船渡市名物の饅頭が美味すぎる」

「大船渡市の誇りにかけて大船渡市饅頭は最強である!」

といった内容の記事を書いて大船渡市饅頭公式サイトに来訪者を誘導します。

そして、ブログから報酬がでるようになれば、それが資産となり、何もしなくても継続的にお金が入るようになります。その上、同じようなブログを複数作ることができれば報酬は数倍になり、今の給料を上回ることだってできるのです。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使ったやり方

自分が持っているツイッターアカウントなどで発言力がある場合にはそれらの投稿で宣伝することもできます。

しかし、先ほどのような大船渡市饅頭を売る場合、フォロワーがそれを欲しがっているかどうかは、商品の種類やフォロワーの年代、性別などにもよるので売るのは難しいでしょう。

フォロワーが相当数いて、インフルエンサーくらい発言力があれば可能ですが、そういう人はアフィリエイトに頼らずとも稼いでいるはずでしょうね。

広告出稿型

広告を出すというのは、facebookやヤフーの広告に広告費を投じてアフィリエイト商品を紹介する方法です。

自分が販売者でないのに広告費を出して宣伝するというのは変ですが、企業は商品が売れればOKなのでとくに問題はありません。

ですが、企業自身もネット広告で商品を宣伝している場合は、広告費の競争になってしまうので、広告の出稿を禁止している商材も多くあります。

検索結果に左右されずお金の力で強引に売るというのは簡単そうに思えますが、広告費とライティング能力がかなり必要になります。

アフィリエイトの知識がゼロでコストをかけて広告を出すのはリスクが大きすぎるのはすぐわかりますよね。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!