1. TOP
  2. 東北
  3. 東松島市にアフィリエイト塾の存在?受講するメリット|宮城県

東松島市にアフィリエイト塾の存在?受講するメリット|宮城県

東北  

副業アフィリエイト

政府の働き方改革などで副業ができる会社が増えていく昨今、労働者にメリットがあるのかないのか実際わからないという人もいると思います。

残業できなくなって残業手当が無くなったり、先行き不透明で給与上昇が期待できなくても、マイホームのローンや子供の教育費など支払いは待ってくれません。

そういった状況で、自らでお金を稼ぐ方法を得るという結論を出すのは至極当然です。そのなかでもアフィリエイトは初期コストが少ない副業の一つだからいい選択肢だとおもいます。

アフィリエイト教室は東松島市にある?

アフィリエイト教室が東松島市にあるかは、このページを読んでいる時点で「東松島市にアフィリエイトの塾は無い(も同然)」と言えると思います。

というのもアフィリエイトは、特定のキーワードで検索した時に自社のHPなどを検索結果の上位に表示させること(SEO対策)で商品を売るというものだからです。

なので、アフィリエイトを教える塾が「東松島市 アフィリエイト」でネット検索した時に検索結果から見つけられなかったら、本当に教えれるの?って感じです。

でも落胆することはありません。なぜかと言えば、アフィリエイトは教室などで学ばなくても以下のような教材だけで驚くほど稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト塾に通うメリット・デメリット

アフィリエイト塾や教室

何を隠そう私もアフィリエイトで報酬を得ていますが、最初はwordpressって何?ってレベルだったのでアフィリエイトを教えてもらえるところを探しました。

運良く都会に住んでいたので、某アフィリエイト教室に行くことが叶いました。

行ってみてわかったアフィリエイト教室のメリットは

  • 講師にすぐ質問できる
  • 講義がない時でもチャットなどで質問できる
  • 一緒に作業できる仲間ができて頑張れる
  • 稼いでいる人同士でアドバイスがもらえる

メリットを見ると「いいかも!」と思いそうですが、これが良いと思ってる時はおそらく稼げません

事実私も通ってみて上記にメリットを感じましたが、稼げるようになり、よくよく考えてみると「長期的に通う」必要のないものだったと感じました。

なぜかといえば、仲間がいないとできないというのは言い訳だし、質問は最初こそありますが、知識が付くとネット検索で十分になります(たいていは技術的なことだから)。

また、長く通うほど稼げるかといえば、稼げない人もいるし、通う長さと報酬の上昇は関係ないという事実を目の当たりにしました。実際1年以上も通っているのに月の報酬が5,000円以下という人も(月謝で実質損している)。

唯一良かったのは通う時は作業にはげめるというくらいです。それも月2回とかだから実際はあまり役立ってるとは言えませんね。

逆に、行ったことで感じたアフィリエイトの塾に通うデメリットは、

  • 1年通うと考えるとコストが高い(月1万で年12万円)
  • 知識は2〜3か月で十分得られる(それ以上は通う必要ない)
  • 半年も経つと作業だけに月謝を払うことになる
  • 講師のやり方しか知らないまま進んでいく

要するにアフィリエイトの基本は2〜3か月もあれば誰でも習得できる程度のものです。その後はがむしゃらに作業をすることが大事なので、月謝を払い続けるというのは無駄だと感じました。

確かに法改正や検索アルゴリズムの変化、売れ筋商品の変化によってやり方も微妙に変わることもありますが、それは教えてもらわずともアフィリエイトを始めたら情報は自分で調べられるようになっています。

ですから、東松島市でアフィリエイト教室を探すよりも、ノウハウがしっかりと詰め込まれた教材で始めるほうが、初期費用が少なく済むし、自分で稼ぐ能力もつきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法

アフィリエイトは商品やサービスを売りたい企業の代わりに広報的な役割を引き受けて、自身のWEBサイトやブログで紹介し、売れれば売れた分だけ報酬がもらえるという仕組みになります。

細かく言えば、企業と自分との間にASP(広告代理店みたいなもの)が入って、ASP経由で報酬をもらうというシステムです。

要約すると、商品を売りたい企業とその広告を受け持つ代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者的な役割とイメージするととわかりやすいです。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの進め方にはいくつか方法があるのでご紹介しますね。

WEBメディア・ブログ運営タイプ

一番オーソドックスなやり方は自身で作ったWEBサイトやブログで商品サイトへ誘導するという方法です。

すでにあるアメブロやライブドアブログなどの無料のブログだって使えるし、自分でサーバーをレンタルしてWEBサイトを作るというのが基本です。サーバーは高そうなイメージですが、月500円からレンタルできますし、wordpressのテンプレートも無料で使えるものがあるので、初期費用がほぼゼロから始められることがおわかりでしょう。

そのあとは、宣伝したい商品を実際に使ってみた感想などを記事にしてブログを作っていきます。

例えば東松島市の名物である「東松島市ワッフル」という商品を宣伝するなら、

「東松島市ワッフルを食べてみた素直な感想」

「東松島市出身者だけが知っている超うまいお菓子とは」

「東松島市出身として東松島市ワッフルを家族に紹介しないわけにはいかない」

「贈り物に最適!東松島市名物のワッフルは誰もがハマる美味さ」

「東松島市の誇りにかけて東松島市ワッフルは最強である!」

という感じで記事を書いて東松島市ワッフル公式サイトに来訪者を誘導します。

こうして報酬の上がるブログが作れれば、それが資産となり実質何もしなくても収益が上がるようになります。さらに、そのようなブログをたくさん作ることができれば報酬は数倍になり、勤めている会社の給与を上回ることだってできるのです。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSで売る方法

twitterやインスタでフォロワーが多く拡散が期待できるときは、投稿で宣伝することもできます。

しかし、先ほどのような東松島市ワッフルを売る場合、フォロワーがそれを欲しいかどうかは、商品の種類やフォロワーの年齢、性別などによって変わるので売るのは難しいかもしれません。

数万人規模のフォロワーがいて、影響力があるのであれば可能でしょうが、そういう人はアフィリエイト以外で稼いでいるでしょうけど。

広告費を出す方法

広告でアフィリエイトというのは、ヤフーやフェイスブックなどの広告に広告費を出して商品を売る方法です。

自分の商品じゃないものに広告費を使うというのはおかしいですが、企業としては商品販売が目的なのでお互いウィンウィンの関係となります。

ただし、企業自身が広告を出稿している場合には、広告費の競争になってしまうので、アフィリエイトで広告出稿を禁じているものもあります。

検索順位を上げずにネット広告(お金)で強引に売るというのは簡単そうに思えますが、たくさんのお金と広告のセンスが必要になってきます。

アフィリエイトの知識がゼロでコストをかけて広告を出すのはリスクが高すぎるのは想像に難くありません。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!