1. TOP
  2. 東北
  3. 東津軽郡にアフィリエイト塾あるの?行くデメリット|青森県

東津軽郡にアフィリエイト塾あるの?行くデメリット|青森県

東北  

副業アフィリエイト

政府の働き方改革などで副業ができる会社が現れたりして、サラリーマンにとって良いことなのか悪いことなのか実際わからないという人もいると思います。

残業できなくなって残業手当が無くなったり、会社の出し惜しみで給与やボーナスが減ったとしても、マンションのローンや子供の学費など出費は待ったなしです。

そういった状況で、副収入で収入の柱を増やすという選択をするのは当たり前です。それにアフィリエイトは初期コストが少ない副業の一つですからリスクがありません。

アフィリエイト塾は東津軽郡にある?

アフィリエイト教室が東津軽郡にあるかは、このサイトに訪問した時点で「東津軽郡にアフィリエイト教室は存在しない(も同然)」でしょう。

その理由としてアフィリエイトは、特定の単語でネット検索した時に自社のHPなどを検索結果の上位に表示させること(SEO対策)で商品を売ったりするものだからです。

ということは、アフィリエイトを教えるところが「アフィリエイト 東津軽郡」で検索した時に上位表示されていなかったら、教えるだけのノウハウがあるの?って感じです。

でも悲観することはありません。なぜかと言えば、アフィリエイトは教室などで学ばなくても以下のような優秀な教材があれば稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト塾に通うメリット・デメリット

アフィリエイト塾や教室

かくいう私もアフィリエイトで副収入を稼いでいますが、最初はwordpressって何?ってレベルだったのでアフィリエイトを教えてもらえるところを探しました。

幸い都市部に住んでいたこともあって、有名なアフィリエイト塾に行くことが叶いました。

1年通って感じたメリットは

  • 直接先生にすぐ質問できる
  • 家でもチャットなどで質問できる
  • 仲間がいるのでやる気が出る
  • 稼いでいる人からの情報をもらえる

メリットを見ると「いいかも!」と思いがちですが、これが必要だと感じている人はおそらく稼げません

実際に私は通ってみて上記のようなメリットを感じましたが、報酬が出るようになり、よく考えてみたら月謝を払い続ける必要のないことを理解しました。

なぜかというと、仲間はtwitterやASPのイベントなどでも見つけられるし、質問は最初こそありますが、知識が付くとネット検索で十分になります(技術的な疑問になってくるので)。

また、通い続けることが収入の増加につながるかといえば、稼げない人もいるし、通う長さと報酬の上昇は関係ないという事実があります。同じ教室の生徒で12ヶ月以上も通っているのに月3,000円以下という人もいました(月謝分ギリギリチャラ)。

役立ったこともあります。通う日だけは作業に集中できるということくらいです。それも通うのは月2回だったので実際はあまり役立ってるとは言えませんね。

逆に、通った私が思うアフィリエイトの教室に通うデメリットは、

  • 毎月お金がかかりトータルコストが高い(月1万で年12万円)
  • ノウハウ自体は2〜3か月で理解できる(それ以上は必要ない)
  • 半年も経つと作業だけに月謝を払うことになる
  • 教えてもらうことに依存してしまい自分で考えない

要するにアフィリエイトの基本は2か月もあれば十分に習得できる程度のものです。その後はがむしゃらに作業をするかのほうが大事なので、月謝を払い続けるというのはいらないと感じました。

確かに検索順位の変動や売れ筋商品の変化によってやり方も微妙に変わることもありますが、それは教えてもらわずともアフィリエイトをやりだしたら自分で調べられるようになっています。

したがって、東津軽郡でアフィリエイトの塾を探すよりも、基本知識が自分のペースで学習できる教材のほうが、初期投資も少ないし、自分で稼ぐ力が身につきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法

アフィリエイトは商品やサービスを売りたい企業の代わりに広報的な役割を引き受けて、自身のWEBサイトやブログで紹介し、商品を売った分だけ報酬がもらえるということになっています。

細かく言えば、企業と自分との間にASP(広告代理店みたいなもの)が介在して、ASPから報酬をもらうということになっています。

わかりやすく言えば、商品をたくさん売りたい企業と広告を担う代理店(ASP)があって、私たちは広告代理店の下請け業者的な存在と考えればよくわかります。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法にはいろいろタイプがあるのでご紹介します。

WEBサイト・ブログで紹介型

多くの人が実践しているやり方はWEBサイトやブログを自分で作って商品を紹介するやり方です。

誰でも知ってるライブドアブログやはてなブログ、アメーバブログなどの無料のブログだって使えるし、自分でレンタルサーバーを借りてwordpressでブログを作るというのが一般的です。サーバーは月500円程度でレンタルできますし、wordpressのブログテンプレートも無料で使えるものがほとんどですから、初期投資がほとんどいらないのがおわかりでしょう。

あとは、売りたい商品を実際に使ってみた感想などを記事にしてブログを作っていきます。

例えば東津軽郡の名物である「東津軽郡饅頭」という商品を宣伝するなら、

「東津軽郡饅頭を実際に食べてみた感想」

「東津軽郡出身者だけが知っている超うまいお菓子とは」

「東津軽郡出身だから東津軽郡饅頭を家族で食べ倒した件」

「ギフトなら東津軽郡名物の饅頭をあげれば間違いない」

「東津軽郡に生まれたからには東津軽郡饅頭を勧めない理由がない」

みたいな内容の記事を更新して東津軽郡饅頭公式サイトへ誘導します。

こうして報酬の上がるブログが作れれば、それが資産となりそれ以上記事を書かなくても報酬が入るようになります。そして、そういったブログを複数作成すると報酬は足し算式に増えて、今の給料を超えることも可能です。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使った方法

twitterやインスタでフォロワーが多い場合にはSNSへの投稿で商品を紹介することもできます。

ただ、上の例のように東津軽郡饅頭を紹介する場合、フォロワーがそれを欲しがっているかどうかは、商品の種類やフォロワーの年齢、性別などで変わってくるので売るのは難しいこともあります。

フォロワー数が相当いて、インフルエンサーのような状態なら可能かもしれませんが、そういう人はすでに他で稼いでいるはずでしょうね。

広告出稿でアフィリエイト

広告出稿型アフィリエイトというのは、Yahooやfacebookなどの広告に広告費を投じてアフィリエイト商品を紹介する方法です。

自分の商品ではないものにお金を出して宣伝するのはイレギュラーですが、企業としてはどんな形でも売れればいいのでとくに問題はありません。

しかし、企業自身がその商品の広告を出している場合は、広告で競争になってしまうので、広告の出稿を禁止している商材も多くあります。

検索結果に左右されず広告費で強引に売るというのは簡単そうに思えますが、潤沢な投資とマーケティング能力が必須になってきます。

アフィリエイト初心者が大きなコストをかけて広告を出すことはリスクが高すぎるのは想像に難くありません。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!