1. TOP
  2. 東北
  3. 横手市にアフィリエイト塾の存在?行くメリットとは|秋田県

横手市にアフィリエイト塾の存在?行くメリットとは|秋田県

東北  

副業アフィリエイト

鳴り物入りの働き改革によって副業が可能な会社が出てきたりして、労働者にメリットがあるのかないのかわからないという人も多いでしょう。

残業頼みだったのに残業NGになったり、業績悪化で給与アップが見込めなくなっても、マイホームの支払いや子供の高額な学費など出費はかさむばかりです。

そこで、足りない分を自分で稼ぐという結論を出すのは当然です。そしてアフィリエイトはお金がほとんどかからない副業のひとつだからいい選択肢だとおもいます。

アフィリエイト塾は横手市にある?

横手市にアフィリエイトを学べる場所があるかは、このサイトにたどり着いた時点で「横手市ではアフィリエイトを学べない(も同然)」と考えられます。

なぜかと言えば、アフィリエイトは特定の単語(キーワード)で検索した時に自社のHPなどを検索結果の上位に表示させること(SEO対策)で商品を売ったりするものだからです。

つまり、アフィリエイトを学べるという教室が「横手市 アフィリエイト」でネット検索した場合に上位表示されていなかったら、本当に教えれるの?って感じです。

でもガッカリすることはありません。なぜならアフィリエイトは教室に通わなくても以下のような教材だけで驚くほど稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト教室のメリットとデメリット

アフィリエイト塾や教室

かくいう私もアフィリエイトを副業にしていますが、最初はブログも書く知識すらなかったのでアフィリエイトを教えてくれる場所を探しました。

運良く都会に住んでいたので、ある有名な教室に通学することができました。

そこで感じたアフィリエイト教室のメリットは、

  • 対面ですぐ質問できる
  • 講義がない時でもチャットなどで質問できる
  • 同じ目標を持った人と交流できる
  • 稼いでいる人のノウハウが聞ける

メリットを羅列すると「良さそう!」と感じる人もいると思いますが、これが必要だと感じている人はおそらく稼げません

事実私もアフィリエイト塾に通ってみて上記のようなメリットを感じましたが、ノウハウを得て報酬が出だす頃には、通う必要性がだんだんなくなってきました。

その理由は、仲間がいないとできないというのは言い訳だし、質問もネット検索で済む場合も多いです(技術的な疑問になってくるので)。

さらに通えば誰でも稼げるかといえば、全員が稼げないし、報酬は増え続けるわけでもないというのが本当のところです。仲間で3年以上も通っているのに月の報酬が5,000円以下という人も(月謝分も稼げてない)。

唯一役立ったのは通う時は作業に没頭することができるというくらいです。でもそれも月に数回だからそこまで役立ったとは言えません。

逆に、行ったからわかった教室に通うデメリットは、

  • 毎月お金がかかりトータルコストが高い(月1万で年12万円)
  • 知識は2〜3か月で習得できる(長く通う必要ない)
  • メインは作業なので月謝を払うのが疑問
  • 教えてもらうばかりだと自分で情報収集しなくなる

つまるところアフィリエイトの基本知識は2か月勉強すれば習得できる程度のものです。その後はがむしゃらに作業をすることが大事ですから、月謝で毎月お金を払うというのは無駄かもしれません。

確かに検索結果が変動したり、トレンドなどによってアプローチ方法も微妙に変わることもありますが、それに関しては聞かなくともアフィリエイトの知識が付けば自分で調べられるようになっています。

ですから、横手市でアフィリエイト教室を探すよりも、基本知識が自分のペースで学習できる教材のほうが、初期費用が少なく済むし、自分で稼ぐ能力もつきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの各種やり方

アフィリエイトは商品を売りたい企業の代わりに宣伝役を引き受けて、自分のブログやWEBサイトで紹介し、商品を売った分だけ報酬がもらえるという仕組みになります。

実際には企業と自分との間にASP(広告代理店みたいなもの)が入って、ASP経由で報酬をもらうということになっています。

簡単に言えば、商品を売りたい企業とその広告を受け持つ代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者的な役割と考えるとわかりやすいと思います。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの進め方にはいくつか方法があるのでご紹介します。

WEBサイト・ブログ運営型

基本的なやり方で一番多いのは自身で作ったWEBサイトやブログで商品を紹介するやり方です。

既存のアメブロやはてなブログ、ライブドアブログなどの無料ブログで始めてもいいですし、自分でサーバーをレンタルしてwordpressなどでブログを作るという方法になります。サーバーと言っても月500円からレンタルできますし、wordpressのブログテンプレートも無料で使用できるものがあるので、初期コストがほとんどないことがわかると思います。

あとは、宣伝したいサービスに関する情報をまとめたものを記事にしてブログを更新していきます。

例えば横手市の名産である「横手市クッキー」というのを宣伝するときは、

「横手市クッキーを食べてみた素直な感想」

「横手市出身者がこぞってお土産に持ってくる銘菓とは」

「横手市出身だから横手市クッキーを家族で食べ倒した件」

「贈り物に最適!横手市名物のクッキーは誰もがハマる美味さ」

「横手市出身者歓喜!横手市クッキーがモンドセレクションを受賞」

という感じで記事を書いて横手市クッキー公式サイトへ誘導します。

そして、報酬が出るブログができてしまえば、それが資産となり作業せずとも副収入が入るようになります。その上、同じようなブログを複数作ることで報酬は倍々になり、現在の月給を上回るのも夢ではありません。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSで紹介するやり方

自分が持っているツイッターアカウントなどでフォロワーが多くSNSの投稿に力があれば商品を宣伝することが可能です。

ただ、上の例のように横手市クッキーを紹介する場合、フォロワーがそれを欲しがっているかどうかは、商品ジャンルやフォロワーの年齢、性別などによっても違うので売るのは難しいでしょう。

フォロワー数が相当いて、インフルエンサーのような状態なら可能かもしれませんが、そういう人はすでに他で稼げるんじゃないでしょうか。

広告費を出す方法

広告でアフィリエイトというのは、ヤフーやフェイスブックなどの広告に広告費を使って商品を紹介する方法です。

自分が販売者でないのに広告費を出して宣伝するというのは変ですが、企業としては商品が売れればそれでいいので販売手段はなんでもいいのです。

ただ、企業もネット広告を出している場合は、広告を出し合う形になってしまうので、アフィリエイトで広告出稿を禁じているものもあります。

検索結果に左右されず広告費で強引に売るということで、時間こそかかりませんが、たくさんのお金と広告のセンスが必要になってきます。

アフィリエイトの知識が何もないのにいきなりお金をかけて広告を出すのはリスクが大きすぎるのはすぐわかりますよね。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!