1. TOP
  2. 東北
  3. 牡鹿郡にアフィリエイト塾あるの?受けるデメリット|宮城県

牡鹿郡にアフィリエイト塾あるの?受けるデメリット|宮城県

東北  

副業アフィリエイト

鳴り物入りの働き改革によって副業が可能な会社が出てくるなど、会社員には良い状況なのか悪い状況なのか判断に困る状況になってきています。

残業NGになり残業代が減ったり、不況による賃金上昇が見込めなくなったりしても、子供の大学の学費や住宅ローンの支払いなど出ていくお金は増えていきます。

そうした社会状況で、自分自身の手でもう一つの収入減を得るという結論を出すのは自然なことでしょう。その中でもアフィリエイトは初期コストが少ない副業の一つですからリスクがありません。

アフィリエイト教室は牡鹿郡にある?

アフィリエイトの塾のようなところが牡鹿郡にあるかは、このページを読んでいる時点で「牡鹿郡ではアフィリエイトを学べない(も同然)」と考えられます。

というのもアフィリエイトは、特定のキーワードでネット検索をかけたときに自分で作ったブログやWEBサイトを検索結果の上のほうに表示させるように対策することで商品の宣伝をするものだからです。

つまり、アフィリエイトを学べるという教室が「アフィリエイト 牡鹿郡」で検索した時に検索結果から見つけられなかったら説得力に欠けますよね。

でも落胆することはありません。その理由はアフィリエイトは塾などに行かなくても以下のような教材だけで十分に稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト教室のメリットとデメリット

アフィリエイト塾や教室

何を隠そう私もアフィリエイトで報酬を得ていますが、最初はワードくらいしか触れないレベルだったのでアフィリエイトの先生がいないか探しました。

運良く都市部に住んでたので、某アフィリエイト教室に行くことが叶いました。

1年通って感じたメリットは

  • 講師にすぐ質問できる
  • 作業日外でもチャットなどで質問できる
  • 同じ目標を持った人と交流できる
  • アフィリエイトの情報を共有できる

メリットを見ると「いいかも!」と思いがちですが、これが良いと思ってる時はおそらく稼げません

実際にアフィリエイト教室に通ってみて上記のようなメリットを感じましたが、ノウハウを得て報酬が出だす頃には、「長期的に通う」必要のないものだったと感じました。

なぜかといえば、仲間はtwitterやASPのイベントなどでも見つけられるし、質問は最初こそありますが、知識が付くとネット検索で十分になります(質問は技術的なものが多くなるので)。

そして通い続けると収入が増えるかといえば、期間と報酬は比例しないし、稼げない人もいたという事実があります。実際に2年以上も通っているのに月の報酬が5,000円以下という人も(月謝分も稼げてない)。

役立ったこともあります。通うことでその時ばかりは作業に熱中できるということくらいです。それも通うのは月2回だったのですごい役立ったとは言えません。

逆に、行ったからこそ言える教室に通うデメリットは、

  • 毎月お金がかかりトータルコストが高い(月1万で年12万円)
  • 知識は2〜3か月で十分得られる(それ以上は通う必要ない)
  • メインは作業になると月謝のコストが痛い
  • 教えてもらうことに慣れて自分で稼ぐ力がつかない

要するにアフィリエイトの基本は2〜3か月もあれば誰でも習得できる程度のものです。その後はがむしゃらに作業できるかのほうが重要ですから、継続してお金がかかる教室はいらないと感じました。

確かに法改正や検索アルゴリズムの変化、流行などによってやり方も微妙に変わることもありますが、それに関しては聞かなくともアフィリエイトの知識が付けば自分で調べられるようになっています。

ということで、牡鹿郡でアフィリエイト教室を探すよりも、ノウハウがしっかりと詰め込まれた教材で始めるほうが、初期投資も少ないし、自分で稼ぐ力が身につきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法

アフィリエイトは商品やサービスを売りたい企業の代わりに広告宣伝を請け負い、ブログやWEBサイトで紹介し、売れれば売れた分だけ報酬がもらえるということになっています。

細かくは企業とアフィリエイトする人との間にASP(広告代理店みたいなもの)が仲介する形で、ASPを通して報酬をもらうということになっています。

簡単に言うと、サービスを売りたい企業とその広告を受け持つ代理店(ASP)があって、私たちは広告代理店の下請け業者的な存在とイメージするととわかりやすいです。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法にはいろいろタイプがあるのでご紹介します。

ブログ・WEBサイト構築型

多くの人が実践しているやり方はWEBサイトやブログを自分で作って商品を宣伝するという方法です。

簡単に使えるはてなブログやアメーバブログ、ライブドアブログなどの無料ブログから始めてもいいですし、自分でレンタルサーバーを借りてwordpressでブログを作るというのが一般的です。サーバーと言っても月500円からレンタルできますし、wordpressのテンプレートも無料で使えるということで、ランニングコストも少ないということがわかるでしょう。

そのあとは、宣伝したい商品を利用した乾燥などを記事に起こしていきます。

例えば牡鹿郡の名産である「牡鹿郡フィナンシェ」というのを宣伝するときは、

「牡鹿郡フィナンシェって食べてみたら美味しかった件」

「牡鹿郡出身者も知らない隠れた名店の菓子を買ってみた」

「牡鹿郡出身としては牡鹿郡フィナンシェを家族に勧めないわけにはいかない」

「ギフトなら牡鹿郡名物のフィナンシェをあげれば間違いない」

「牡鹿郡に生まれたからには牡鹿郡フィナンシェを勧めない理由がない」

というような内容の記事を書いて牡鹿郡フィナンシェ公式サイトへ誘導します。

そして、ブログから報酬がでるようになれば、それが資産となり作業をしなくてもお金が入ってくるようになります。さらに、そのようなブログをたくさん運営することで報酬はどんどん増えて、現在の月給を上回るのも夢ではありません。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSで紹介するやり方

自分が持っているツイッターアカウントなどで発言力があったらSNSの投稿で商品を紹介することもできます。

しかし、先ほどのような牡鹿郡フィナンシェを売る場合、フォロワーに購入意欲があるかどうかは、商品の種類やフォロワーの年齢、性別などによって変わるので売るのは難しいかもしれません。

フォロワーが相当数いて、インフルエンサーくらい発言力があれば可能でしょうが、そういう人はアフィリエイト以外で稼げるんじゃないでしょうか。

広告出稿型アフィリエイト

広告を出すというのは、facebookやヤフーの広告に広告費を使って商品を紹介する方法です。

自分の商品ではないものにお金を出して宣伝するというのは変ですが、企業としては商品が売れればそれでいいので利害関係は一致しています。

ただ、企業もネット広告を出している場合は、広告を出し合う状況になるため、ネット広告でアフィリエイト商材の紹介を禁止しているところもあります。

検索順位を上げずにネット広告(お金)で強引に売るというのは労力こそ少ないですが、広告費とライティング能力がかなり必要になります。

アフィリエイト初心者が大きなコストをかけて広告を出すことはリスクが超高いのは容易に想像できます。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!