1. TOP
  2. 東北
  3. 登米市にアフィリエイト塾あるの?受けるデメリット|宮城県

登米市にアフィリエイト塾あるの?受けるデメリット|宮城県

東北  

副業アフィリエイト

鳴り物入りの働き改革によって副業が可能な会社が出てきたりして、会社員には良い状況なのか悪い状況なのか実際わからないという人もいると思います。

残業が許されなくなり給与が減ったり、会社の出し惜しみで給与やボーナスが減ったとしても、マンションのローンや子供の学費など出ていくお金は増えていきます。

そうした社会状況で、副収入で収入の柱を増やすと考えるのは当然です。そしてアフィリエイトは初期費用がかからない副業なのでいいところをついていますよ!

登米市にアフィリエイト教室はあるの?

アフィリエイト教室が登米市にあるかは、このページを読んでいる時点で「登米市ではアフィリエイトを学べない(も同然)」と考えられます。

なぜならアフィリエイトは、特定の単語でネット検索した時に自分で作ったブログやWEBサイトを検索結果の上のほうに表示させるように対策することで商品の宣伝をするものだからです。

つまり、アフィリエイトを学べるという教室が「アフィリエイト 登米市」で検索した時に上位表示されていなかったら説得力に欠けますよね。

でもガッカリすることはありません。というのもアフィリエイトは人に教えてもらわなくても以下のような教材だけで十分に稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト教室のメリットとデメリット

アフィリエイト塾や教室

かくいう私もアフィリエイトを副業にしていますが、最初は全くIT関係の知識がなかったのでアフィリエイトを教えてくれる場所を探しました。

運良く都会に住んでいたので、某アフィリエイト教室に行くことができたのです。

通って感じたアフィリエイト教室のメリットは

  • 稼いでる人にすぐ質問できる
  • 時間外でもチャットなどで質問できる
  • 同じアフィリエイトの仲間が見つかる
  • アフィリエイトの情報を共有できる

メリットを見ると「いいかも!」と感じる人もいると思いますが、これが良いと思ってる時はおそらく稼げません

実際にアフィリエイト教室に通ってみて最初はメリットを享受しましたが、ノウハウが身について報酬が出だすと、長く通う意味はないということを考えました。

なぜかというと、仲間がいないとできないというのは言い訳だし、質問は最初こそありますが、知識が付くとネット検索で十分になります(疑問はツールの使い方とかが多いし)。

そして何より長く通えば稼げるかと言えば、期間と報酬は比例しないし、稼げない人もいたという現実があります。実際問題1年半以上も通っているのに月の報酬が10,000円以下という人もいました(月謝分も稼げてない)。

良かったことといえば通うことでその時ばかりは作業に没頭することができるというくらいです。といっても月に数回なので月謝分役立ったとは言えませんね。

逆に、行ったことで感じたアフィリエイトの塾に通うデメリットは、

  • 毎月の支出が痛い(月1万で年12万円)
  • ノウハウは2〜3か月で体得できる(長期に行く必要ない)
  • メインは作業なので月謝は損した気分
  • 教えてもらうばかりだと自分で情報収集しなくなる

結局アフィリエイトに必要な知識は2〜3か月もあれば誰でも習得できる程度のものです。その後はがむしゃらに作業で手を動かすことが大事なので、月謝を払い続けるというのは無駄だと感じました。

確かに検索アルゴリズムが変わったり、売れ筋商品の変化によってやり方も微妙に変化していきますが、それは教えてもらわずともアフィリエイトの基本ができていたら自分で調べる力もついています。

だから、登米市でアフィリエイト教室を探すよりも、基本知識が自分のペースで学習できる教材のほうが、初期費用が少なく済むし、自分で稼ぐ能力もつきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの各種やり方

アフィリエイトは商品を宣伝したい企業に代わって広報的な役割を引き受けて、自身のWEBサイトやブログで紹介し、そこで商品が売れたら報酬がもらえるという仕組みです。

細かくは企業とアフィリエイトする人との間にASP(広告代理店みたいなもの)が入って、企業ではなくASPから報酬をもらうというシステムです。

簡単に言うと、サービスを売りたい企業と広告を担当する代理店(ASP)があって、私たちは広告代理店の下請け業者的な存在と考えればよくわかります。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトのやり方はいくつかの方法がありますので簡単にご紹介します。

WEBメディア・ブログ運営タイプ

基本的なやり方で一番多いのはWEBサイトやブログを自分で作って商品を紹介するやり方です。

簡単に使えるはてなブログやアメーバブログ、ライブドアブログなどの無料ブログから始めてもいいですし、自分でレンタルサーバーを借りてwordpressでブログを作るというのが王道です。サーバーは月500円程度でレンタルできますし、wordpressのブログテンプレートも無料で使用できるということで、初期費用がほぼゼロから始められることがおわかりでしょう。

あとは、宣伝したいサービスを利用した乾燥などを記事にしてwebサイトを作っていきます。

例えば登米市の名物である「登米市アイス」という商品を宣伝するなら、

「登米市アイスを実際に食べてみた感想」

「登米市出身者も知らない隠れた名店の菓子を買ってみた」

「登米市出身だから登米市アイスを家族で食べ倒した件」

「贈り物に最適!登米市名物のアイスは誰もがハマる美味さ」

「登米市出身者歓喜!登米市アイスがモンドセレクションを受賞」

といった内容の記事を更新して登米市アイス公式サイトへ誘導します。

そして、ブログから報酬がでるようになれば、それが資産となり作業せずとも副収入が入るようになります。そして、それをいくつか作成すると報酬は足し算式に増えて、今の会社の給料を超えることだって可能です。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使ったやり方

自分が持っているツイッターアカウントなどでフォロワーが多くSNSの投稿に力があれば宣伝することもできます。

しかし、先ほどのような登米市アイスを売る場合、フォロワーがそれを求めているかどうかは、商品ジャンルやフォロワーの年齢、性別なども考慮しないと難しいです。

フォロワーが相当数いて、インフルエンサーくらい発言力があれば可能ですが、そういう人はアフィリエイトに頼らずとも稼げるんじゃないでしょうか。

広告を出すアフィリエイト

広告を出すアフィリエイトというのは、ヤフーやfacebookなどのネット広告に広告費を投じて商品を宣伝する方法です。

自分の商品じゃないものをお金を出して広告するというのはおかしいですが、企業としては商品販売が目的なのでとくに問題はありません。

ですが、企業自身もネット広告で商品を宣伝している場合は、広告で競争になってしまうので、アフィリエイトでネット広告を禁止している商品もあります。

検索結果に左右されず広告費で強引に売るというのは労力こそ少ないですが、たくさんのお金と広告のセンスが必要になってきます。

アフィリエイト初心者が大きなコストをかけて広告を出すことはリスクが超高いのは容易に想像できます。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!