1. TOP
  2. 中部
  3. 埴科郡にアフィリエイト塾あるの?学ぶメリット|長野県

埴科郡にアフィリエイト塾あるの?学ぶメリット|長野県

中部  

副業アフィリエイト

政府の働き方改革などで副業ができる会社が出てくるなど、働き手にメリットが本当にあるのかわからないという人も多いでしょう。

残業できなくなって残業手当が無くなったり、会社の出し惜しみで給与やボーナスが減ったとしても、子供の高額な授業料や家のローンなど入るお金より出ていくほうが多いです。

そこで、収益源をもう一つ持つという結論を出すのは自然なことでしょう。その中でもアフィリエイトは初期コストが少ない副業の一つだからいい選択肢だとおもいます。

アフィリエイト教室は埴科郡にある?

埴科郡にアフィリエイト教室があるかどうかは、このサイトにたどり着いた時点で「埴科郡にアフィリエイトの塾は無い(も同然)」と言えると思います。

というのも、アフィリエイトは特定のキーワードで検索した時に自分のブログなりサイトを検索結果の上位に表示させて(これをSEOという)商品の紹介をするものだからです。

なので、アフィリエイトを教える塾が「埴科郡 アフィリエイト」でネット検索した場合に検索結果から見つけられなかったら説得力がありません。

でもガッカリすることはありません。というのもアフィリエイトは人に教えてもらわなくても以下のような教材だけで誰でも稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト教室のメリットデメリット

アフィリエイト塾や教室

実は私はアフィエイトで副収入を得ていますが、最初はブログも書く知識すらなかったのでアフィリエイトを教えてくれる場所を探しました。

運良く都会に住んでいたので、有名なアフィリエイト塾に行くことが叶いました。

1年通って感じたメリットは

  • 講師にすぐ質問できる
  • 家でもチャットなどで質問できる
  • 一緒に作業できる仲間ができて頑張れる
  • アフィリエイトの情報を共有できる

メリットだけ見ると「いいじゃん!」と感じる人もいると思いますが、これが必要な人っておそらく稼げません

事実私も通ってみて上記のようなメリットを感じましたが、稼げるようになり、よくよく考えてみると通う必要性がだんだんなくなってきました。

というのも、仲間がいることで頑張れるのは最初だけだし、わからないこともネットで調べると出てくることも多いです(技術的な疑問になってくるので)。

さらに通えば誰でも稼げるかといえば、全員が稼げないし、報酬は増え続けるわけでもないという現実がありました。実際問題1年半以上も通っているのに月の報酬が10,000円以下という人もいました(月謝で実質損している)。

唯一良かったのは通う日だけは作業にはげめるというくらいです。それも通うのは月2回だったので実際はあまり役立ってるとは言えません。

逆に、行ったからこそ言えるアフィリエイトの教室に通うデメリットは、

  • 1年通うと考えるとコストが高い(月1万で年12万円)
  • 知識は2〜3か月で十分得られる(それ以上は通う必要ない)
  • メインは作業なので月謝を払うのが疑問
  • 講師のやり方しか知らないまま進んでいく

要するにアフィリエイトの基本は2〜3か月もあれば誰でも習得できる程度のものです。あとはひたすら作業に打ち込むことのほうが大事ですから、月謝で毎月お金を払うというのは無駄かもしれません。

確かに検索アルゴリズムの変化や売れ筋商品の変化によってやり方も微妙に変わる状況もありますが、それは教えを請わなくてもアフィリエイトの基本が身に付いたら自分で調べられるようになっています。

ということで、埴科郡でアフィリエイト教室を探すよりも、基本知識がキッチリと学べる教材のほうが、初期コストがかからないし、自分で稼ぐ力も得られます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの各種やり方

アフィリエイトは商品を宣伝したい企業に代わって広報的な役割を引き受けて、自身のWEBサイトやブログで紹介し、そこで商品が売れたら報酬がもらえるというシステムです。

細かく言えば、企業と自分との間にASP(広告代理店みたいなもの)が入って、企業ではなくASPから報酬をもらうということになっています。

簡単に言うと、サービスを売りたい企業と広告を担う代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者と考えればよくわかります。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法にはいろいろタイプがありますので少しご紹介します。

WEBサイト・ブログ運営型

一番オーソドックスなやり方はブログやWEBメディアを持って商品を宣伝するという方法です。

簡単に使えるはてなブログやアメーバブログ、ライブドアブログなどの無料ブログを使ってもいいですし、自分でサーバーをレンタルしてWEBサイトを作るというのが王道です。サーバーは高そうなイメージですが、月500円からレンタルできますし、wordpressも無料で使えるものがありますから、初期コストがほとんどないことがわかると思います。

あとは、売りたい商品を直に使ってみた感想などを記事にしてブログを運営していきます。

例えば埴科郡の名物である「埴科郡ビスケット」という商品を紹介する場合は、

「埴科郡ビスケットを1つ食べたら病みつきになってしまった」

「埴科郡出身者だけが知っている超うまいお菓子とは」

「埴科郡出身の嫁が埴科郡ビスケットという超絶美味い菓子を持ってきた」

「贈り物に最適!埴科郡名物のビスケットは誰もがハマる美味さ」

「埴科郡出身者歓喜!埴科郡ビスケットがモンドセレクションを受賞」

といった感じで記事を執筆して埴科郡ビスケット公式サイトに送客します。

この方法で一度稼げるブログを作ることができれば、それが資産となり作業をしなくてもお金が入ってくるようになります。そして、それをいくつか作ることで報酬は倍々になり、今貰っている月収を超えることも夢ではありません。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSで紹介するやり方

twitterやインスタで発言力があったらSNSの投稿で宣伝することもできます。

ただ、上の例のように埴科郡ビスケットを紹介する場合、フォロワーがそれを欲しがっているかどうかは、商品の種類やフォロワーの年齢、性別などにもよるので売るのは難しいでしょう。

数万人規模のフォロワーがいて、影響力があるのであれば不可能ではないでしょうが、そんな人は別の方法で稼げるんじゃないでしょうか。

広告出稿型アフィリエイト

広告でアフィリエイトというのは、ヤフーやフェイスブックなどの広告に広告費を使って商品宣伝するアフィリエイトです。

他人の商品を広告費を使って宣伝するのはイレギュラーですが、企業は商品が売れさえすればいいので販売手段はなんでもいいのです。

ただし、企業自身が広告を出稿している場合には、広告費のつぶし合いになるため、アフィリエイトでネット広告を禁止している商品もあります。

検索結果に左右されず広告費で強引に売るというのは近道ですが、たくさんのお金と広告のセンスが必要になってきます。

アフィリエイトの知識なしに多額のお金をかけて広告を出稿するのはリスクが高すぎるのは想像に難くありません。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!