1. TOP
  2. 中部
  3. 塩尻市にアフィリエイト塾はある?学ぶメリット|長野県

塩尻市にアフィリエイト塾はある?学ぶメリット|長野県

中部  

副業アフィリエイト

働き方改革や副業を認める企業が出現するなど、サラリーマンにとって良いことなのか悪いことなのか実際わからないという人もいると思います。

残業禁止で残業代に期待できなくなったり、業績悪化で給与アップが見込めなくなっても、子供の大学の学費や住宅ローンの支払いなど出費はかさむばかりです。

そこで、副収入で収入の柱を増やすと考えるのは至極当然です。そのなかでもアフィリエイトは初期コストが少ない副業の一つなので低リスクで始められます。

アフィリエイト教室は塩尻市にある?

アフィリエイト教室が塩尻市にあるかは、このページを読んでいる時点で「塩尻市ではアフィリエイトを学べない(も同然)」と考えられます。

なぜかと言えば、アフィリエイトは特定の単語(キーワード)で検索した時にブログやサイトを検索結果からアクセスを集めることで商品の宣伝をするものだからです。

なので、アフィリエイトを教える塾が「アフィリエイト 塩尻市」で検索した時にサイトにたどり着けなかったら説得力に欠けますよね。

でも落ち込むことはありません。というのもアフィリエイトは人に教えてもらわなくても以下のような教材だけでノウハウは十分に得られるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト学校に行くメリット・デメリット

アフィリエイト塾や教室

何を隠そう私もアフィリエイトで報酬を得ていますが、最初はワードくらいしか触れないレベルだったのでアフィリエイトを教えてくれる場所を探しました。

運良く都会に住んでいたので、有名なアフィリエイト塾に通うことができました。

通って感じたアフィリエイト教室のメリットは

  • 稼いでる人にすぐ質問できる
  • 講義がない時でもチャットなどで質問できる
  • 同じアフィリエイトの仲間が見つかる
  • アフィリエイトの情報を共有できる

メリットを羅列すると「良さそう!」と思いがちですが、これが必要な人っておそらく稼げません

実際にアフィリエイト教室に通ってみて上記のようなメリットを感じましたが、ノウハウを得て報酬が出だす頃には、長く通う意味はないということを考えました。

なぜかといえば、仲間がいないとできないというのは言い訳だし、わからないこともネットで調べると出てくることも多いです(技術的な疑問になってくるので)。

また、長く通うほど稼げるかといえば、誰でも稼げるわけじゃないし、通う期間は関係ないという現実があります。同じ教室の生徒で12ヶ月以上も通っているのに月8,000円以下という人も(月謝で実質損している)。

良かったことといえば通う日だけは作業に集中できるということくらいです。といっても通うのは週一だったので月謝分役立ったとは言えません。

逆に、行ったからこそ言えるアフィリエイト塾に通うデメリットは、

  • 月謝なのでトータルコストが高い(月1万で年12万円)
  • ノウハウ自体は2〜3か月で理解できる(それ以上は必要ない)
  • メインは作業になると月謝のコストが痛い
  • 教えてもらうばかりだと自分で情報収集しなくなる

結局アフィリエイトに必要な知識は2か月勉強すれば習得できる程度のものです。その後はがむしゃらに作業をするかのほうが大切なので、毎月お金を払う塾みたいなところは必要ないと思います。

確かに検索アルゴリズムの変化や流行り廃りなどによってノウハウも微妙に変わることもありますが、それは教えを請わなくてもアフィリエイトの基本が身に付いたら自分で調べられるようになっています。

ということで、塩尻市でアフィリエイト教室を探すよりも、基礎をびっちり詰め込んだ教材で勉強するほうが、初期費用が少なく済むし、自分で稼ぐ能力もつきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの種類

アフィリエイトは商品を宣伝したい企業に代わって宣伝役を引き受けて、自分のブログやWEBサイトで紹介し、売れれば売れた分だけ報酬がもらえるというシステムです。

実際には企業と個人との間にASP(広告代理店のようなもの)が入って、企業ではなくASPから報酬をもらうという仕組みになります。

要約すると、商品を売りたい企業とその広告代理店(ASP)があって、私たちは広告代理店の下請け業者の集まりと考えればよくわかります。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法はいくつかタイプがありますので簡単にご紹介します。

WEBメディア・ブログ運営タイプ

基本的なやり方で一番多いのは自身でWEBサイトやブログを作って商品サイトへ誘導するという方法です。

有名なはてなブログやライブドアブログなどの無料ブログで始めてもいいですし、自分でサーバーをレンタルしてWEBサイトを作るというのが王道です。サーバーは月500円程度でレンタルできますし、wordpressのインストールも無料でできるということで、初期費用がほぼゼロから始められることがおわかりでしょう。

そのあとは、宣伝したい商品を紹介するためにまとめた情報を記事にしてwebサイトを作っていきます。

例えば塩尻市の名産である「塩尻市餅」というのを宣伝するときは、

「塩尻市餅を1つ食べたら病みつきになってしまった」

「塩尻市出身者がひた隠しにする教えたくない銘菓とは」

「塩尻市出身としては塩尻市餅を家族に勧めないわけにはいかない」

「ギフトなら塩尻市名物の餅をあげれば間違いない」

「塩尻市に生まれてよかった!塩尻市餅がない人生はつまらん」

といった内容の記事を更新して塩尻市餅公式サイトへ誘導します。

そして、ブログから報酬がでるようになれば、それが資産となりそれ以上記事を書かなくても報酬が入るようになります。さらに、そういったブログをいくつも運営できれば報酬はどんどん増えて、今の会社の給料を超えることだって可能です。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使ったやり方

自分が持っているツイッターアカウントなどでフォロワーが多い場合にはSNSへの投稿で商品を紹介することもできます。

しかし、先ほどのような塩尻市餅を売る場合、フォロワーがそれを求めているかどうかは、商品の種類やフォロワーの年齢、性別などによって変わるので売るのは難しいかもしれません。

数万人規模のフォロワーがいて、影響力があるのであれば可能かもしれませんが、そういう人はすでに他で稼いでいると思いますが。

広告出稿型

広告出稿型アフィリエイトというのは、Yahooやfacebookなどの広告に広告費を出して商品を売る方法です。

自分が販売者でないのに広告費を出して宣伝するというのはおかしいですが、企業としては商品が売れればそれでいいのでとくに問題はありません。

ただし、企業自身が広告を出稿している場合には、広告費の競争になってしまうので、アフィリエイトでネット広告を禁止している商品もあります。

検索結果に左右されず広告費で強引に売るというのは近道ですが、広告費とライティング能力がかなり必要になります。

アフィリエイトの知識なしに多額のお金をかけて広告を出稿するのはリスクが高すぎるのは想像に難くありません。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!