1. TOP
  2. 中部
  3. 恵那市にアフィリエイト塾あるの?学ぶメリット・デメリット|岐阜県

恵那市にアフィリエイト塾あるの?学ぶメリット・デメリット|岐阜県

中部  

副業アフィリエイト

副業が認められる企業が出てくるなど、サラリーマンにとって良いことなのか悪いことなのかわからないという人も多いでしょう。

残業禁止で残業代に期待できなくなったり、会社の出し惜しみで給与やボーナスが減ったとしても、子供の高額な授業料や家のローンなど出ていくお金は増えていきます。

そんな中、自分自身の手でもう一つの収入減を得るという答えを導き出すのは自然なことでしょう。その中でもアフィリエイトは無料で始められる副業だからいい選択肢だとおもいます。

恵那市にアフィリエイトの塾はあるの?

恵那市にアフィリエイトを学べる場所があるかは、このサイトに訪問した時点で「恵那市にアフィリエイトの塾は無い(も同然)」と言えると思います。

その理由としてアフィリエイトは、特定のキーワードでネット検索をかけたときに自分で作ったブログやWEBサイトを検索結果の上のほうに表示させるように対策することで商品の宣伝をするものだからです。

なので、アフィリエイトを教える塾が「アフィリエイト 恵那市」で検索した時に上位表示されていなかったら説得力に欠けますよね。

でも悲観することはありません。というのもアフィリエイトは人に教えてもらわなくても以下のような教材だけで驚くほど稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト学校に行くメリット・デメリット

アフィリエイト塾や教室

実は私はアフィエイトで副収入を得ていますが、最初はブログも書く知識すらなかったので通えるアフィリエイト教室を探しました。

幸い都市部に住んでいたこともあって、ある有名な教室に行くことが叶いました。

1年通って感じたメリットは

  • 対面ですぐ質問できる
  • 家でもチャットなどで質問できる
  • 仲間がいるのでやる気が出る
  • 稼いでいる人からの情報をもらえる

メリットを見たら「いい感じ!」と感じるかもしれませんが、これが良いと思ってる時はおそらく稼げません

事実私も通ってみてはじめはメリットがあると思いましたが、報酬が出るようになり、よく考えてみたら通い続ける必要がないなぁと思い始めました。

そう感じたのは、仲間がいないとできないというのは言い訳だし、わからないこともネットで調べると出てくることも多いです(たいていは技術的なことだから)。

そして何より長く通えば稼げるかと言えば、稼げない人もいるし、通う長さと報酬の上昇は関係ないという現実がありました。仲間で3年以上も通っているのに月10,000円以下という人もいました(月謝分を稼いでるだけ)。

唯一良かったのは通う時は作業に集中できるということくらいです。といっても通うのは週一だったのでそこまで良かったとは言えませんが。

逆に、行ったからわかったアフィリエイトの教室に通うデメリットは、

  • 継続してコストがかかる(月謝1万で年12万円)
  • ノウハウ自体は2〜3か月で理解できるので通う必要性を感じない
  • 聞くことが無くなると月謝を払う意味がない
  • 教えてもらうことに慣れて自分で稼ぐ力がつかない

結局アフィリエイトのノウハウは2〜3か月もあれば誰でも習得できる程度のものです。あとはただただ作業できるかのほうが大切なので、毎月お金を払う塾みたいなところは無駄だと感じました。

確かに検索結果が変動したり、トレンドなどによってノウハウも微妙に変わることもありますが、それは教えてもらわずともアフィリエイトの知識が付けば自分で調べる力もついています。

ですから、恵那市でアフィリエイト教室を探すよりも、ノウハウがしっかりと詰め込まれた教材で始めるほうが、初期投資も少ないし、自分で稼ぐ力が身につきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの種類

アフィリエイトは商品を売りたい企業の代わりに広告宣伝を請け負い、ブログやWEBサイトで紹介し、そこで商品が売れたら報酬がもらえるという仕組みです。

詳しく書くと企業と自分との間にASP(広告代理店的な感じ)が仲介する形で、ASPを通して報酬をもらうというシステムです。

わかりやすく言えば、商品をたくさん売りたい企業と広告を担当する代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者とイメージすればいいでしょう。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法にはいろいろタイプがあるのでご紹介します。

WEBサイト・ブログで紹介型

一番オーソドックスなやり方は自身でWEBサイトやブログを作って商品サイトへ誘導するという方法です。

すでにあるアメブロやライブドアブログなどの無料ブログで始めてもいいですし、自分でサーバーをレンタルしてWEBサイトを作るという感じです。サーバーと言っても月500円からレンタルできますし、wordpressも無料で使えるものがありますから、ランニングコストも少ないということがわかるでしょう。

あとは、宣伝したいサービスを利用した乾燥などを記事に起こしていきます。

例を挙げると、恵那市の名産である「恵那市ワッフル」というのを紹介する場合は、

「恵那市ワッフルはうますぎて依存してしまうので注意w」

「恵那市出身者がこぞってお土産に持ってくる銘菓とは」

「恵那市出身として恵那市ワッフルを家族に紹介しないわけにはいかない」

「ギフトに恵那市名物のワッフルを贈らないなんてどうかしてる」

「恵那市に生まれてよかった!恵那市ワッフルがない人生はつまらん」

といった感じで記事を書いて恵那市ワッフル公式サイトへ誘導します。

そして、報酬が出るブログができてしまえば、それが資産となり実質何もしなくても収益が上がるようになります。さらに、そのようなブログをたくさん作ることで報酬は倍々になり、勤めている会社の給与を上回ることだってできるのです。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使った方法

自分がtwitterやインスタなどで発言力があったらSNSの投稿で商品を紹介することもできます。

しかし、先ほどのような恵那市ワッフルを売る場合、フォロワーに購入意欲があるかどうかは、商品の種類やフォロワーの年齢、性別などにもよるので売るのは難しいでしょう。

数万人規模のフォロワーがいて、影響力があるのであれば不可能ではないですが、そんな人は他の手段で稼げるんじゃないでしょうか。

広告を出すアフィリエイト

広告でアフィリエイトというのは、ヤフーやフェイスブックなどの広告に広告費を使って商品を紹介する方法です。

自分の商品じゃないものをお金を出して広告するのはイレギュラーですが、企業は商品が売れればOKなのでとくに問題はありません。

ただし、企業自身が広告を出稿している場合には、広告で競争になってしまうので、広告の出稿を禁止している商材も多くあります。

検索結果に左右されずお金の力で強引に売るということで、労力は少ないですが潤沢な投資とマーケティング能力が必須になってきます。

アフィリエイトが初めてなのに大きな投資でネット広告を出すのはリスクが超高いのは容易に想像できます。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!