1. TOP
  2. 中部
  3. 日進市にアフィリエイト塾の存在?受けるメリット・デメリット|愛知県

日進市にアフィリエイト塾の存在?受けるメリット・デメリット|愛知県

中部  

副業アフィリエイト

政府の働き方改革などで副業ができる会社が増えていく昨今、労働者にとっては良いのか悪いのか実際わからないという人もいると思います。

残業できなくなって残業手当が無くなったり、業績悪化で給与アップが見込めなくなっても、マイホームのローンや子供の教育費など出費は待ったなしです。

そうした社会状況で、収益源をもう一つ持つと考えるのは自然なことでしょう。その中でもアフィリエイトは初期費用がかからない副業ですからリスクがありません。

アフィリエイト教室は日進市にある?

アフィリエイト教室が日進市にあるかは、このページを読んでいる時点で「日進市にはアフィリエイトを学ぶ場所は無い(も同然)」なんです。

というのもアフィリエイトは、特定の単語(キーワード)で検索した時に自分で作ったサイトにお客さんを集める(アクセスを集める)ことで商品を売るというものだからです。

つまり、アフィリエイトを教えようという教室が「日進市 アフィリエイト」でネット検索した時に上位表示されていなかったら説得力に欠けますよね。

でも落胆することはありません。なぜかと言えば、アフィリエイトは教室などで学ばなくても以下のような教材だけでノウハウは十分に得られるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト塾に通うメリット・デメリット

アフィリエイト塾や教室

実は私はアフィエイトで副収入を得ていますが、最初は全くIT関係の知識がなかったのでアフィリエイトを教えてくれる場所を探しました。

運良く都会に住んでいたので、某アフィリエイト教室に通うことができました。

そこで感じたアフィリエイト教室のメリットは、

  • 稼いでる人にすぐ質問できる
  • 講義がない時でもチャットなどで質問できる
  • 一緒に頑張れる仲間が見つかる
  • アフィリエイトの情報を共有できる

メリットだけ見ると「いいじゃん!」と思いそうですが、これが必要な人っておそらく稼げません

実際に私は通ってみてはじめはメリットがあると思いましたが、報酬が出るようになり、よく考えてみたら通い続ける必要がないなぁと思い始めました。

なぜかといえば、仲間がいないと頑張れないのは言い訳だし、わからないこともネットで調べると出てくることも多いです(疑問はツールの使い方とかが多いし)。

また、長く通うほど稼げるかといえば、全員が稼げないし、報酬は増え続けるわけでもないという現実がありました。実際に2年以上も通っているのに月の報酬が5,000円以下という人も(月謝分も稼げてない)。

唯一役立ったのは通うことでその時ばかりは作業に没頭できるということくらいです。それも通うのは月2回だったのでそこまで良かったとは言えません。

逆に、行ったからこそ言える教室に通うデメリットは、

  • 毎月お金がかかりトータルコストが高い(月1万で年12万円)
  • ノウハウ自体は2〜3か月で理解できるので通う必要性を感じない
  • メインは作業なので月謝は損した気分
  • 講師のやり方しか知らないまま進んでいく

要するにアフィリエイトの基本は2〜3か月もあれば誰でも習得できる程度のものです。あとはひたすら作業できるかのほうが大切ですから、月謝を長く払い続けるのは無駄かもしれません。

確かに検索結果が変動したり、流行などによってやり方も微妙にずれていくこともありますが、それは教えてもらわずともアフィリエイトの基本が身に付いたら自分で調べられるようになっています。

したがって、日進市でアフィリエイトの塾を探すよりも、ノウハウが自分のペースで習得できる教材のほうが、初期コストがかからないし、自分で稼ぐ力も得られます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの各種やり方

アフィリエイトは商品やサービスを売りたい企業の代わりに広報的な役割を引き受けて、自身のWEBサイトやブログで紹介し、売れれば売れた分だけ報酬がもらえるという仕組みになります。

細かく言えば、企業と自分との間にASP(広告代理店みたいなもの)が介在して、ASPのほうから報酬をもらうというシステムです。

わかりやすく言えば、商品をたくさん売りたい企業と広告を担当する代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者とイメージするととわかりやすいです。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法にはいろいろタイプがありますのでご紹介します。

WEBメディア・ブログ運営タイプ

基本的なやり方で一番多いのはブログやWEBメディアを持って商品やサービスの良さを紹介するやり方です。

既存のアメブロやはてなブログ、ライブドアブログなどの無料ブログを使ってもいいですし、自分でレンタルサーバーを借りてwordpressでブログを作るというのが基本です。サーバーは高そうなイメージですが、月500円からレンタルできますし、wordpressも無料で使えるものがありますから、初期投資がほとんどいらないのがおわかりでしょう。

そのあとは、宣伝したい商品を利用した乾燥などを記事にしてブログを作っていきます。

例えば日進市の名物である「日進市アイス」という商品を紹介する場合は、

「日進市アイスって食べてみたら美味しかった件」

「日進市出身者がこぞってお土産に持ってくる銘菓とは」

「日進市出身としては日進市アイスを家族に勧めないわけにはいかない」

「ギフトにぴったりな日進市名物のアイスが美味すぎる」

「日進市出身者歓喜!日進市アイスがモンドセレクションを受賞」

という感じで記事を執筆して日進市アイス公式サイトに送客します。

そして、報酬が出るブログができてしまえば、それが資産となり作業せずとも副収入が入るようになります。さらに、そういったブログをいくつも作成すると報酬は足し算式に増えて、今貰っている月収を超えることも可能です。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSで紹介するやり方

自分が持っているツイッターアカウントなどで発言力がある場合にはそれらの投稿で商品を紹介することもできます。

しかし、先ほどのような日進市アイスを売る場合、フォロワーに購入意欲があるかどうかは、商材の種類やフォロワーの世代、性別などで変わってくるので売るのは難しいこともあります。

数万人規模のフォロワーがいて、影響力があるのであれば不可能ではないですが、そんな人は他の手段で稼いでいると思いますが。

広告費を出す方法

広告出稿型というのは、ヤフーやfacebookなどの広告に広告費を投じてアフィリエイト商品を紹介する方法です。

自分が販売者でないのに広告費を出して宣伝するというのはおかしいですが、企業は商品が売れればOKなので販売手段はなんでもいいのです。

ただし、企業自身が広告を出稿している場合には、広告を出し合う状況になるため、ネット広告の使用を禁止している商品もあります。

検索順位を上げずにネット広告(お金)で強引に売るというのは簡単そうに思えますが、潤沢な投資とマーケティング能力が必須になってきます。

アフィリエイトが初めてなのに大きな投資でネット広告を出すのはリスクが大きすぎるのはすぐわかりますよね。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!