1. TOP
  2. 中部
  3. 氷見市にアフィリエイト塾ってある?受けるデメリット|富山県

氷見市にアフィリエイト塾ってある?受けるデメリット|富山県

中部  

副業アフィリエイト

副業が認められる企業が現れたりして、労働者にとっては良いのか悪いのかわからないという人も多いでしょう。

残業できなくなって残業手当が無くなったり、不況による賃金上昇が見込めなくなったりしても、マンションのローンや子供の学費など出ていくお金は増えていきます。

そうした社会状況で、副収入で収入の柱を増やすと考えるのは当然です。そしてアフィリエイトは無料で始められる副業ですからリスクがありません。

氷見市にアフィリエイトの塾はあるの?

氷見市にアフィリエイト教室があるかどうかは、このページを読んでいる時点で「氷見市ではアフィリエイトを学べない(も同然)」と考えられます。

というのもアフィリエイトは、特定のキーワードでネット検索をかけたときに自社のHPなどを検索結果の上位に表示させること(SEO対策)で商品の紹介をするものだからです。

つまり、アフィリエイトを教えようという教室が「氷見市 アフィリエイト」でネット検索した場合に検索結果の上位にいなかったら説得力に欠けますよね。

でもガッカリすることはありません。というのもアフィリエイトは教室に行かなくても以下のような教材だけで誰でも稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト教室のメリットとデメリット

アフィリエイト塾や教室

かくいう私もアフィリエイトを副業にしていますが、最初はブログも書く知識すらなかったのでアフィリエイトを教えてもらえるところを探しました。

運良く都市部に住んでたので、有名なアフィリエイト塾に行くことが叶いました。

1年通って感じたメリットは

  • 講師にすぐ質問できる
  • 時間外でもチャットなどで質問できる
  • 同じアフィリエイトの仲間が見つかる
  • 稼いでいる人のノウハウが聞ける

メリットだけみると「いいね!」と思いがちですが、これが良いと思ってる時はおそらく稼げません

実際私も通ってみてはじめは行って良かったと思いましたが、知識も身につき稼げるようになった時に、長く通う意味はないということを考えました。

というのも、仲間はtwitterやASPのイベントなどでも見つけられるし、わからないこともネットで調べると出てくることも多いです(技術的な疑問になってくるので)。

そして何より長く通えば稼げるかと言えば、期間と報酬は比例しないし、稼げない人もいたという事実があります。実際1年以上も通っているのに月3,000円以下という人もいました(月謝で実質損している)。

唯一役立ったのは教室に行くときは嫌でも作業にはげめるというくらいです。それも通うのは月2回だったのでそこまで役立ったとは言えません。

逆に、通った私が思うアフィリエイトの教室に通うデメリットは、

  • 毎月お金がかかりトータルコストが高い(月1万で年12万円)
  • ノウハウは2〜3か月で体得できる(長期に行く必要ない)
  • 半年も経つと作業だけに月謝を払うことになる
  • 教えてもらうばかりだと自分で情報収集しなくなる

要するにアフィリエイトの基本は2か月勉強すれば習得できる程度のものです。その後はがむしゃらに作業に打ち込むことのほうが大切ですから、月謝を長く払い続けるのは無駄かもしれません。

確かに検索アルゴリズムの変化や売れ筋商品の変化によってやり方も微妙にずれていくこともありますが、そこは教えてもらわなくてもアフィリエイトの知識が付けば自分で調べることもできるようになっています。

ですから、氷見市でアフィリエイト教室を探すよりも、基本知識がキッチリと学べる教材のほうが、コストも1回きりだし、自分で稼ぐ力もつきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの種類

アフィリエイトは商品を広めたい企業の代わりに広告宣伝を請け負い、ブログやWEBサイトで紹介し、そこで商品が売れたら報酬がもらえるというシステムになっています。

実際には企業と個人との間にASP(広告代理店のようなもの)が入って、企業ではなくASPから報酬をもらうという仕組みです。

要約すると、商品を売りたい企業とその広告代理店(ASP)があって、私たちは広告代理店の下請け業者的な存在と考えればよくわかります。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法はいくつかタイプがありますので少しご紹介します。

WEBサイト・ブログ運営型

一番ポピュラーなやり方はWEBサイトやブログを自分で作って商品サイトへ誘導するという方法です。

簡単に使えるはてなブログやアメーバブログ、ライブドアブログなどの無料ブログから始めてもいいですし、自分でサーバーを借りてWEBサイトを作るという方法になります。サーバーは月500円程度でレンタルできますし、wordpressのブログテンプレートも無料で使用できるのが普通ですから、初期投資がほとんどいらないのがおわかりでしょう。

あとは、紹介したい商品を実際に使ってみた感想などを記事に起こしていきます。

例を挙げると、氷見市の名産である「氷見市クレープ」というのを紹介する場合は、

「氷見市クレープを実際に食べてみた感想」

「氷見市出身者がこぞってお土産に持ってくる銘菓とは」

「氷見市出身だから氷見市クレープを家族で食べ倒した件」

「ギフトにぴったりな氷見市名物のクレープが美味すぎる」

「氷見市生まれの氷見市クレープがついにあの賞を取った!」

といった感じで記事を書いて氷見市クレープ公式サイトへ誘導します。

こうして報酬の上がるブログが作れれば、それが資産となり作業せずとも副収入が入るようになります。さらに、そういったブログをいくつも作成すると報酬は足し算式に増えて、今貰っている月収を上回ることだってできるのです。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSで売る方法

twitterやインスタでフォロワーが多く拡散が期待できるときは、投稿で宣伝することもできます。

ですが、上記のように氷見市クレープを売る場合、フォロワーがそれを欲しがっているかどうかは、商材の種類やフォロワーの世代、性別などによって変わるので売るのは難しいかもしれません。

フォロワー数が数万いて、発言に影響力があれば不可能ではないでしょうが、そんな人は別の方法で稼いでいるでしょうけど。

広告費を出す方法

広告出稿型というのは、ヤフーやfacebookなどの広告に広告費を使って商品宣伝するアフィリエイトです。

自分の商品ではないものにお金を出して宣伝するのはイレギュラーですが、企業は商品が売れればOKなのでとくに問題はありません。

ですが、企業自身もネット広告で商品を宣伝している場合は、広告を出し合う状況になるため、広告の出稿を禁止している商材も多くあります。

検索順位を上げなくても広告費を使って売るというのは近道ですが、たくさんのお金と広告のセンスが必要になってきます。

アフィリエイトの知識なしに多額のお金をかけて広告を出稿するのはリスクが超高いのは容易に想像できます。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!