1. TOP
  2. 中部
  3. 田原市にアフィリエイト塾の存在?学ぶメリット|愛知県

田原市にアフィリエイト塾の存在?学ぶメリット|愛知県

中部  

副業アフィリエイト

鳴り物入りの働き改革によって副業が可能な会社が現れたりして、労働者にメリットがあるのかないのかなかなか難しい情勢になってきています。

残業禁止で残業代に期待できなくなったり、業績悪化で給与アップが見込めなくなっても、子供の大学の学費や住宅ローンの支払いなど出費はかさむばかりです。

そういった状況で、収益源をもう一つ持つという答えを導き出すのは賢いことです。それにアフィリエイトは初期コストが少ない副業の一つだからいい選択肢だとおもいます。

田原市にアフィリエイト教室はあるの?

田原市にアフィリエイト教室があるかどうかは、このサイトに訪問した時点で「田原市にはアフィリエイトを学ぶ場所は無い(も同然)」なんです。

というのも、アフィリエイトは特定の単語でネット検索した時にブログやサイトを検索結果からアクセスを集めることで商品を売るというものだからです。

つまり、アフィリエイトを学べるという教室が「アフィリエイト 田原市」で検索した場合にアクセスを集められなかったら説得力がありません。

でも落胆することはありません。なぜかと言えば、アフィリエイトは教室などで学ばなくても以下のような教材だけで誰でも稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト塾に通うメリット・デメリット

アフィリエイト塾や教室

何を隠そう私もアフィリエイトで報酬を得ていますが、最初は全くIT関係の知識がなかったのでアフィリエイトの塾がないか探しました。

運良く都心に住んでいたので、通えるアフィリエイト教室に通学することができました。

1年間行ってみてよかった点は

  • 対面ですぐ質問できる
  • 24時間いつでもチャットなどで質問できる
  • 仲間がいるのでやる気が出る
  • 稼いでいる人同士でアドバイスがもらえる

メリットだけ見ると「いいじゃん!」と思うんですが、これが必要だと感じている人はおそらく稼げません

事実私も通ってみて最初はメリットを享受しましたが、報酬が出るようになり、よく考えてみたら月謝を払い続ける必要のないことを理解しました。

そう感じたのは、仲間がいないと頑張れないのは言い訳だし、質問もネット検索で済む場合も多いです(技術的な部分の疑問が多いので)。

さらに通えば誰でも稼げるかといえば、稼げない人もいるし、通う長さと報酬の上昇は関係ないという事実があります。同じ教室の生徒で12ヶ月以上も通っているのに月3,000円以下という人もいました(月謝分ギリギリチャラ)。

唯一良かったのは通う日だけは作業に熱中できるということくらいです。それも月2回とかだから実際はあまり役立ってるとは言えませんが。

逆に、行ったことで感じたアフィリエイトの教室に通うデメリットは、

  • 継続してコストがかかる(月謝1万で年12万円)
  • ノウハウ自体は2〜3か月で理解できるので通う必要性を感じない
  • メインは作業になると月謝のコストが痛い
  • 教えてもらうことに慣れて自分で稼ぐ力がつかない

つまるところアフィリエイトの基本知識は2〜3か月もあれば誰でも習得できる程度のものです。あとはひたすら作業に打ち込むことのほうが大切ですから、月謝を長く払い続けるのは必要ないと思います。

確かに法改正や検索アルゴリズムの変化、売れ筋商品の変化によってやり方も微妙にずれていくこともありますが、それは教えを請わなくてもアフィリエイトを始めたら情報は自分で調べる力もついています。

なので、田原市でアフィリエイト教室を探すよりも、基本知識が自分のペースで学習できる教材のほうが、コストも1回きりだし、自分で稼ぐ力もつきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトのいろんなやり方

アフィリエイトはサービスを広めたい企業の代わりに宣伝役を引き受けて、自分のブログやWEBサイトで紹介し、販売につながった分だけ報酬がもらえるという仕組みです。

詳しく書くと企業と自分との間にASP(広告代理店的な感じ)が介在して、ASPのほうから報酬をもらうというシステムです。

わかりやすく言えば、商品をたくさん売りたい企業とその広告を受け持つ代理店(ASP)があって、自分は広告代理店の下請け業者みたいなものと考えればよくわかります。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法はいくつかタイプがあるのでご紹介します。

WEBサイト・ブログ運営型

一番オーソドックスなやり方はブログやホームページで記事を書いて商品を紹介するやり方です。

誰でも知ってるライブドアブログやはてなブログ、アメーバブログなどの無料ブログで始めてもいいですし、自分でレンタルサーバーを借りてwordpressでブログを作るというのが王道です。サーバーは月500円程度でレンタルできますし、wordpressのインストールも無料でできるものがありますから、初期コストがほとんどないことがわかると思います。

あとは、売りたい商品を直に使ってみた感想などを記事にしてwebサイトを作っていきます。

例えば田原市の名産である「田原市クレープ」というのを宣伝するときは、

「田原市クレープを1つ食べたら病みつきになってしまった」

「田原市出身者がこぞってお土産に持ってくる銘菓とは」

「田原市出身として田原市クレープを家族に紹介しないわけにはいかない」

「ギフトに最適な田原市名物のクレープを知っているか」

「田原市出身者歓喜!田原市クレープがモンドセレクションを受賞」

というような内容の記事を更新して田原市クレープ公式サイトに来訪者を誘導します。

そして、ブログから報酬がでるようになれば、それが資産となり作業せずとも副収入が入るようになります。さらに、そういったブログをいくつも作ることで報酬は倍々になり、今貰っている月収を上回ることだってできるのです。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使った方法

twitterやインスタでフォロワーが多く拡散が期待できるときは、投稿で宣伝することもできます。

ただし、上の例のように田原市クレープを売る場合、フォロワーがそれを求めているかどうかは、商材の種類やフォロワーの世代、性別などにもよるので売るのは難しいでしょう。

相当フォロワー数がいて、インフルエンサー的な立ち位置にいるなら可能かもしれませんが、そういう人はすでに他で稼いでいるでしょうけど。

広告出稿型

広告を出すアフィリエイトというのは、ヤフーやfacebookなどのネット広告に広告費を使って商品宣伝するアフィリエイトです。

自分が販売者でないのに広告費を出して宣伝するのはイレギュラーですが、企業としてはどんな形でも売れればいいので販売手段はなんでもいいのです。

ですが、企業自身もネット広告で商品を宣伝している場合は、広告を出し合う状況になるため、広告の出稿を禁止している商材も多くあります。

検索順位を上げずにネット広告(お金)で強引に売るというのは労力こそ少ないですが、広告費とライティング能力がかなり必要になります。

アフィリエイトが初めてなのに大きな投資でネット広告を出すのはリスクがありすぎるのは誰でもわかることです。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!