1. TOP
  2. 中部
  3. 甲斐市にアフィリエイト塾の存在?学ぶデメリット|山梨県

甲斐市にアフィリエイト塾の存在?学ぶデメリット|山梨県

中部  

副業アフィリエイト

鳴り物入りの働き改革によって副業が可能な会社が出てきたりして、会社員には良い状況なのか悪い状況なのか実際わからないという人もいると思います。

残業が許されなくなり給与が減ったり、先行き不透明で給与上昇が期待できなくても、マンションのローンや子供の学費など出ていくお金は増えていきます。

そこで、自分自身の手でもう一つの収入減を得るという結論を出すのは至極当然です。そのなかでもアフィリエイトは初期投資が少なくできる副業の一つなのでいいところをついていますよ!

アフィリエイト塾は甲斐市にある?

アフィリエイト教室が甲斐市にあるかは、このWEBサイトを見ている時点で「甲斐市にアフィリエイトの塾は無い(も同然)」と言えると思います。

その理由としてアフィリエイトは、特定の単語でネット検索した時に自社のHPなどを検索結果の上位に表示させること(SEO対策)で商品の紹介をするものだからです。

なので、アフィリエイトを教える塾が「アフィリエイト 甲斐市」でネット検索した時にサイトにたどり着けなかったら説得力がないですからね。

でもガッカリすることはありません。なぜかと言えば、アフィリエイトは教室などで学ばなくても以下のような教材だけで驚くほど稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト学校に行くメリット・デメリット

アフィリエイト塾や教室

何を隠そう私もアフィリエイトで報酬を得ていますが、最初は全くIT関係の知識がなかったのでアフィリエイトの先生がいないか探しました。

運良く都会に住んでいたので、某アフィリエイト教室に通うことができました。

通って感じたアフィリエイト教室のメリットは

  • 講師にすぐ質問できる
  • 24時間いつでもチャットなどで質問できる
  • 仲間がいるのでやる気が出る
  • アフィリエイトの情報を共有できる

メリットだけ見ると「いいじゃん!」と思いそうですが、これが必要だと感じている人はおそらく稼げません

実際にアフィリエイト教室に通ってみてはじめはメリットがあると思いましたが、ノウハウが身について報酬が出だすと、通う必要性がだんだんなくなってきました。

なぜかというと、仲間はtwitterやASPのイベントなどでも見つけられるし、わからないこともネットで調べると出てくることも多いです(技術的な部分の疑問が多いので)。

また、長く通うほど稼げるかといえば、全員が稼げないし、報酬は増え続けるわけでもないという事実があります。実際1年以上も通っているのに月の報酬が5,000円以下という人も(月謝分を稼いでるだけ)。

唯一役立ったのは通う時は作業に集中できるということくらいです。それも月2回とかだから月謝分役立ったとは言えません。

逆に、行ったからこそ言える教室に通うデメリットは、

  • 継続してコストがかかる(月謝1万で年12万円)
  • 知識は2〜3か月で十分得られる(それ以上は通う必要ない)
  • 聞くことが無くなると月謝を払う意味がない
  • 講師のやり方しか知らないまま進んでいく

つまるところアフィリエイトの基本知識は2〜3か月もあれば誰でも習得できる程度なんです。あとは必死に作業で手を動かすことが大切ですから、月謝を長く払い続けるのは無駄だと感じました。

確かに検索順位の変動やトレンドなどによってノウハウも微妙に変わる状況もありますが、そこは教えてもらわなくてもアフィリエイトをやりだしたら自分で調べる力もついています。

したがって、甲斐市でアフィリエイトの塾を探すよりも、基本知識がキッチリと学べる教材のほうが、初期コストがかからないし、自分で稼ぐ力も得られます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの各種やり方

アフィリエイトはサービスを広めたい企業の代わりに宣伝役を引き受けて、自分のブログやWEBサイトで紹介し、売れれば売れた分だけ報酬がもらえるという仕組みです。

細かくは企業とアフィリエイトする人との間にASP(広告代理店みたいなもの)が入って、ASP経由で報酬をもらうということになっています。

簡単に言えば、商品を売りたい企業と広告を担う代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者的な役割とイメージすればいいでしょう。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトのやり方はいくつかの方法がありますのでご紹介します。

WEBサイト・ブログ運営型

基本的なやり方で一番多いのは自身でWEBサイトやブログを作って商品やサービスの良さを紹介するやり方です。

簡単に使えるはてなブログやアメーバブログ、ライブドアブログなどの無料ブログから始めてもいいですし、自分でサーバーをレンタルしてWEBサイトを作るという方法になります。レンタルサーバーは月500円〜レンタルできますし、wordpressのブログテンプレートも無料で使用できるということで、ランニングコストも少ないということがわかるでしょう。

そのあとは、宣伝したい商品を紹介するためにまとめた情報を記事にしてブログを更新していきます。

例を挙げると、甲斐市の名産である「甲斐市アイス」というのを紹介する場合は、

「甲斐市アイスって食べてみたら美味しかった件」

「甲斐市出身者も知らない隠れた名店の菓子を買ってみた」

「甲斐市出身なので甲斐市アイスを家族に勧めてみた」

「ギフトにぴったりな甲斐市名物のアイスが美味すぎる」

「甲斐市に生まれてよかった!甲斐市アイスがない人生はつまらん」

というような内容の記事を執筆して甲斐市アイス公式サイトに来訪者を誘導します。

こうして報酬の上がるブログが作れれば、それが資産となり実質何もしなくても収益が上がるようになります。さらに、そういったブログをいくつも作ることで報酬は倍々になり、現在の月給を超えることだって可能です。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使ったやり方

自分が持っているツイッターアカウントなどで発言力があったらSNSの投稿でアフィリエイトすることも可能です。

ただ、上の例のように甲斐市アイスを紹介する場合、フォロワーに購入意欲があるかどうかは、商品の種類やフォロワーの年齢、性別などによって変わるので売るのは難しいかもしれません。

フォロワー数が数万いて、発言に影響力があれば不可能ではないでしょうが、そんな人は別の方法で稼ぐことができているでしょう。

広告出稿型

広告を出すアフィリエイトというのは、ヤフーやfacebookなどのネット広告に広告費を出して商品を売る方法です。

他人の商品を広告費を使って宣伝するのはイレギュラーですが、企業としては商品販売が目的なのでとくに問題はありません。

しかし、企業自身がその商品の広告を出している場合は、広告で競争になってしまうので、ネット広告の使用を禁止している商品もあります。

検索順位を上げずにネット広告(お金)で強引に売るというのは近道ですが、お金とマーケティング能力が相当必要になってきます。

アフィリエイト初心者が大きなコストをかけて広告を出すことはリスクが超高いのは容易に想像できます。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!