1. TOP
  2. 中部
  3. 糸魚川市にアフィリエイト塾あるの?受講するメリット|新潟県

糸魚川市にアフィリエイト塾あるの?受講するメリット|新潟県

中部  

副業アフィリエイト

鳴り物入りの働き改革によって副業が可能な会社が現れたりして、労働者にメリットがあるのかないのかなかなか難しい情勢になってきています。

残業できなくなって残業手当が無くなったり、業績悪化で給与アップが見込めなくなっても、マイホームの支払いや子供の高額な学費など出ていくお金は増えていきます。

そこで、副収入で収入の柱を増やすと考えるのは至極当然です。そのなかでもアフィリエイトは初期費用がかからない副業なのでいいところをついていますよ!

アフィリエイト教室は糸魚川市にある?

アフィリエイトの塾のようなところが糸魚川市にあるかは、このサイトにたどり着いた時点で「糸魚川市にアフィリエイト教室は存在しない(も同然)」でしょう。

なぜかと言えば、アフィリエイトは特定のキーワードでネット検索をかけたときに自分のブログなりサイトを検索結果の上位に表示させて(これをSEOという)商品を売ったりするものだからです。

つまり、アフィリエイトを学べるという教室が「糸魚川市 アフィリエイト」でネット検索した場合にアクセスを集められなかったら説得力がありません。

でも悲観することはありません。なぜならアフィリエイトは教室に通わなくても以下のような教材だけで誰でも稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト教室のメリットデメリット

アフィリエイト塾や教室

実は私もアフィリエイトによって収入を得ていますが、最初は全くIT関係の知識がなかったのでアフィリエイトを教えてくれる場所を探しました。

幸い都会に住んでいたために、某アフィリエイト教室に通うことができました。

通って感じたアフィリエイト教室のメリットは

  • 対面ですぐ質問できる
  • 24時間いつでもチャットなどで質問できる
  • 仲間がいるのでやる気が出る
  • アフィリエイトの情報を共有できる

メリットを見ると「いいかも!」と感じるかもしれませんが、これが必要だと感じている人はおそらく稼げません

実際に私は通ってみてはじめはメリットがあると思いましたが、ノウハウを得て報酬が出だす頃には、月謝を払い続ける必要のないことを理解しました。

その理由は、仲間はtwitterやASPのイベントなどでも見つけられるし、疑問点もネット検索で解決できます(技術的な部分の疑問が多いので)。

そして通い続けると収入が増えるかといえば、期間と報酬は比例しないし、稼げない人もいたという現実があります。同じ教室の生徒で12ヶ月以上も通っているのに月8,000円以下という人も(月謝分ギリギリチャラ)。

唯一良かったのは通うことでその時ばかりは作業にはげめるというくらいです。それも通うのは月2回だったので実際はあまり役立ってるとは言えませんが。

逆に、通った私が思う教室に通うデメリットは、

  • 毎月の支出が痛い(月1万で年12万円)
  • ノウハウ自体は2〜3か月で理解できるので通う必要性を感じない
  • メインは作業なので月謝を払うのが疑問
  • 教えてもらうことに依存してしまい自分で考えない

つまるところアフィリエイトの基本知識は2〜3か月もあれば誰でも習得できる程度のものです。その後はがむしゃらに作業をすることが重要ですから、継続してお金がかかる教室は無駄だと感じました。

確かに法改正や検索アルゴリズムの変化、流行り廃りなどによってノウハウも微妙にずれていくこともありますが、それは教えてもらわなくてもアフィリエイトを始めたら情報は言われなくても自分で調べるようになります。

なので、糸魚川市でアフィリエイト教室を探すよりも、ノウハウがしっかりと詰め込まれた教材で始めるほうが、初期費用が少なく済むし、自分で稼ぐ能力もつきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの各種やり方

アフィリエイトは商品を宣伝したい企業に代わって広報的な役割を引き受けて、自身のWEBサイトやブログで紹介し、商品を売った分だけ報酬がもらえるということになっています。

実際には企業と個人との間にASP(広告代理店のようなもの)が介在して、ASPのほうから報酬をもらうということになっています。

わかりやすく言えば、商品をたくさん売りたい企業と広告を担当する代理店(ASP)があって、私たちは広告代理店の下請け業者の集まりと考えればよくわかります。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法にはいろいろタイプがありますのでご紹介します。

WEBサイト・ブログ運営型

基本的なやり方で一番多いのはブログやホームページで記事を書いて商品やサービスを案内する方法です。

有名なはてなブログやライブドアブログなどの無料ブログで始めてもいいですし、自分でレンタルサーバーを借りてwordpressでブログを作るというのが一般的です。レンタルサーバーは月500円〜レンタルできますし、wordpressも無料で使えるのが普通ですから、初期費用がほぼゼロから始められることがおわかりでしょう。

そのあとは、宣伝したい商品に関する情報をまとめたものを記事にしてブログを作っていきます。

例を挙げると、糸魚川市の名産である「糸魚川市アイス」というのを紹介する場合は、

「糸魚川市アイスはうますぎて依存してしまうので注意w」

「糸魚川市出身者だけが知っている超うまいお菓子とは」

「糸魚川市出身なので糸魚川市アイスを家族に勧めてみた」

「ギフトにぴったりな糸魚川市名物のアイスが美味すぎる」

「糸魚川市出身者歓喜!糸魚川市アイスがモンドセレクションを受賞」

みたいな内容の記事を更新して糸魚川市アイス公式サイトに来訪者を誘導します。

この方法で報酬が出るブログを作ることができれば、それが資産となりそれ以上記事を書かなくても報酬が入るようになります。さらに、そういったブログをいくつも運営できれば報酬はどんどん増えて、今の会社の給料を上回ることだってできるのです。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使ったやり方

自分が持っているツイッターアカウントなどで発言力があったらSNSの投稿で宣伝することもできます。

しかし、先ほどのような糸魚川市アイスを売る場合、フォロワーに購入意欲があるかどうかは、商品の種類やフォロワーの年代、性別などによって変わるので売るのは難しいかもしれません。

数万人規模のフォロワーがいて、影響力があるのであれば可能かもしれませんが、そういう人はすでに他で稼ぐことができているでしょう。

広告を出すアフィリエイト

広告を出すというのは、facebookやヤフーの広告に広告費を出して商品を売る方法です。

自分の商品じゃないものに広告費を使うというのはおかしいですが、企業は商品が売れさえすればいいので販売手段はなんでもいいのです。

ですが、企業自身もネット広告で商品を宣伝している場合は、広告費のつぶし合いになるため、広告の出稿を禁止している商材も多くあります。

検索順位を上げなくても広告費を使って売るというのは近道ですが、たくさんのお金と広告のセンスが必要になってきます。

アフィリエイトの知識がゼロでコストをかけて広告を出すのはリスクがありすぎるのは誰でもわかることです。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!