1. TOP
  2. 中国
  3. 勝田郡にアフィリエイト塾あるの?受けるデメリット|岡山県

勝田郡にアフィリエイト塾あるの?受けるデメリット|岡山県

中国  

副業アフィリエイト

鳴り物入りの働き改革によって副業が可能な会社が現れたりして、労働者にとっては良いのか悪いのか実際わからないという人もいると思います。

残業NGになり残業代が減ったり、業績悪化で給与アップが見込めなくなっても、マイホームのローンや子供の教育費など出費はかさむばかりです。

そこで、自分自身の手でもう一つの収入減を得ると考えるのは賢いことです。それにアフィリエイトは無料で始められる副業なのでいいところをついていますよ!

アフィリエイト教室は勝田郡にある?

アフィリエイトの塾のようなところが勝田郡にあるかは、このサイトに訪問した時点で「勝田郡にはアフィリエイト教室は無い(も同然)」と言えます。

その理由としてアフィリエイトは、特定の単語(キーワード)で検索した時にブログやサイトを検索結果からアクセスを集めることで商品を販売に結び付けるものだからです。

なので、アフィリエイトを教える塾が「勝田郡 アフィリエイト」でネット検索した時に検索結果から見つけられなかったら、本当に教えれるの?って感じです。

でも落ち込むことはありません。なぜかと言えば、アフィリエイトは教室などで学ばなくても以下のような教材だけで十分に稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト塾に通うメリット・デメリット

アフィリエイト塾や教室

何を隠そう私もアフィリエイトで報酬を得ていますが、最初はワードくらいしか触れないレベルだったので通えるアフィリエイト教室を探しました。

運良く都会に住んでいたので、有名なアフィリエイト塾に行けることとなりました。

通って感じたアフィリエイト教室のメリットは

  • 先生にすぐ質問できる
  • 家でもチャットなどで質問できる
  • 仲間がいるのでやる気が出る
  • アフィリエイトの情報を共有できる

メリットだけみると「いいね!」と感じるかもしれませんが、それに頼ってしまう人はおそらく稼げません

実際にアフィリエイト教室に通ってみてはじめはメリットがあると思いましたが、知識も身につき稼げるようになった時に、通い続ける必要がないなぁと思い始めました。

そう感じたのは、仲間はtwitterやASPのイベントなどでも見つけられるし、疑問点もネット検索で解決できます(疑問はツールの使い方とかが多いし)。

さらに通えば誰でも稼げるかといえば、誰でも稼げるわけじゃないし、通う期間は関係ないという現実があります。同じ教室の生徒で12ヶ月以上も通っているのに月10,000円以下という人もいました(月謝分も稼げてない)。

唯一役立ったのは通う時は作業に没頭することができるというくらいです。といっても通うのは週一だったので月謝分役立ったとは言えません。

逆に、私が思う教室に通うデメリットは、

  • 継続してコストがかかる(月謝1万で年12万円)
  • ノウハウ自体は2〜3か月で理解できるので通う必要性を感じない
  • メインは作業になると月謝のコストが痛い
  • 教えてもらうばかりだと自分で情報収集しなくなる

アフィリエイトに必要なノウハウは2〜3か月もあれば誰でも習得できる程度のものです。あとはひたすら作業できるかのほうが大切ですから、月謝を長く払い続けるのは必要ないと思います。

確かに法改正や検索アルゴリズムの変化、流行り廃りなどによってノウハウも微妙に変わることもありえますが、そこは教えてもらわなくてもアフィリエイトの知識が付けば自分で調べられるようになっています。

だから、勝田郡でアフィリエイト教室を探すよりも、基本知識がキッチリと学べる教材のほうが、初期費用が少なく済むし、自分で稼ぐ能力もつきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトのいろんなやり方

アフィリエイトは商品を宣伝したい企業に代わって広告宣伝を引き受けて、自身のブログやWEBサイトで紹介し、販売につながった分だけ報酬がもらえるという仕組みになります。

実際には企業と個人との間にASP(広告代理店のようなもの)が入って、ASP経由で報酬をもらうという仕組みです。

要約すると、商品を売りたい企業と広告を担う代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者と考えるとわかりやすいと思います。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法にはいろいろタイプがあるのでご紹介します。

WEBサイト・ブログ運営型

一番ポピュラーなやり方は自身でWEBサイトやブログを作って商品サイトへ誘導するという方法です。

すでにあるアメブロやライブドアブログなどの無料ブログから始めてもいいですし、自分でレンタルサーバーを借りてwordpressでブログを作るという感じです。サーバーは月500円程度でレンタルできますし、wordpressのブログテンプレートも無料で使えるものがほとんどですから、初期投資がほとんどいらないのがおわかりでしょう。

あとは、紹介したい商品を利用した乾燥などを記事に起こしていきます。

例えば勝田郡の名物である「勝田郡ワッフル」という商品を宣伝するなら、

「勝田郡ワッフルを1つ食べたら病みつきになってしまった」

「勝田郡出身者がひた隠しにする教えたくない銘菓とは」

「勝田郡出身なので勝田郡ワッフルを家族に勧めてみた」

「贈り物に最適!勝田郡名物のワッフルは誰もがハマる美味さ」

「勝田郡出身者歓喜!勝田郡ワッフルがモンドセレクションを受賞」

といった内容の記事を書いて勝田郡ワッフル公式サイトへ誘導します。

この方法で一度稼げるブログを作ることができれば、それが資産となりそれ以上記事を書かなくても報酬が入るようになります。さらに、そのようなブログをたくさん作ることができれば報酬は数倍になり、今の会社の給料を超えることも夢ではありません。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使ったやり方

twitterやインスタで発言力があったらSNSの投稿で商品を紹介することもできます。

しかし、先ほどのような勝田郡ワッフルを売る場合、フォロワーが購入するかどうかは、商品ジャンルやフォロワーの年齢、性別などによっても違うので売るのは難しいでしょう。

数万人規模のフォロワーがいて、影響力があるのであれば不可能ではないですが、そんな人は他の手段で稼いでいるでしょうけど。

広告を出すアフィリエイト

広告出稿型というのは、ヤフーやfacebookなどの広告に広告費を投じてアフィリエイト商品を紹介する方法です。

自分の商品ではないものにお金を出して宣伝するというのは変な話ですが、企業としては商品販売が目的なので販売手段はなんでもいいのです。

ただし、企業自身が広告を出稿している場合には、広告を出し合う状況になるため、アフィリエイトでネット広告を禁止している商品もあります。

検索結果に左右されずお金の力で強引に売るということで、時間こそかかりませんが、たくさんのお金と広告のセンスが必要になってきます。

アフィリエイトの知識がゼロでコストをかけて広告を出すのはリスクがありすぎるのは誰でもわかることです。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!