1. TOP
  2. 中国
  3. 大島郡にアフィリエイト塾が?行くメリットとは|山口県

大島郡にアフィリエイト塾が?行くメリットとは|山口県

中国  

副業アフィリエイト

政府の働き方改革などで副業ができる会社が出てくるなど、労働者にとっては良いのか悪いのか判断に困る状況になってきています。

残業禁止で残業代に期待できなくなったり、実績評価で給料が上がりにくくなっても、マイホームのローンや子供の教育費など出ていくお金は増えていきます。

そこで、足りない分を自分で稼ぐと考えるのは自然なことでしょう。その中でもアフィリエイトはお金がほとんどかからない副業のひとつだからいい選択肢だとおもいます。

アフィリエイト教室は大島郡にある?

アフィリエイト教室が大島郡にあるかは、このサイトに訪問した時点で「大島郡にはアフィリエイトを学ぶ場所は無い(も同然)」なんです。

というのもアフィリエイトは、特定のキーワードでネット検索をかけたときにブログやサイトを検索結果からアクセスを集めることで商品を売るというものだからです。

つまり、アフィリエイトを学べるという教室が「大島郡 アフィリエイト」でネット検索した時に検索結果から見つけられなかったら、本当に教えれるの?って感じです。

でも悲観することはありません。なぜかと言えば、アフィリエイトは教室などで学ばなくても以下のような優秀な教材があれば稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト塾に通うメリット・デメリット

アフィリエイト塾や教室

実は私はアフィエイトで副収入を得ていますが、最初はワードくらいしか触れないレベルだったのでアフィリエイトを教えてもらえるところを探しました。

運良く都市部に住んでたので、有名なアフィリエイト塾に行けることとなりました。

通って感じたアフィリエイト教室のメリットは

  • 稼いでる人にすぐ質問できる
  • 24時間いつでもチャットなどで質問できる
  • 同じ目標を持った人と交流できる
  • 稼いでいる人からの情報をもらえる

メリットだけみると「いいね!」と感じるかもしれませんが、それに頼ってしまう人はおそらく稼げません

実際私も通ってみてはじめはメリットがあると思いましたが、報酬が出るようになり、よく考えてみたら通う必要性がだんだんなくなってきました。

なぜかといえば、仲間がいないとできないというのは言い訳だし、疑問点もネット検索で解決できます(疑問はツールの使い方とかが多いし)。

そして通い続けると収入が増えるかといえば、誰でも稼げるわけじゃないし、通う期間は関係ないという現実がありました。同じ教室の生徒で12ヶ月以上も通っているのに月の報酬が5,000円以下という人も(月謝で実質損している)。

唯一役立ったのは教室に行くときは嫌でも作業に没頭できるということくらいです。でもそれも月に数回だからそこまで役立ったとは言えません。

逆に、行ったことで感じたアフィリエイトの塾に通うデメリットは、

  • 毎月の支出が痛い(月1万で年12万円)
  • ノウハウは2〜3か月で体得できる(長期に行く必要ない)
  • 半年も経つと作業だけに月謝を払うことになる
  • 教えてもらうことに慣れて自分で稼ぐ力がつかない

結局アフィリエイトのノウハウは2か月もあれば十分に習得できる程度なんです。あとは時間を作って作業できるかのほうが大切なので、毎月お金を払う塾みたいなところは必要ないと思います。

確かに検索アルゴリズムの変化や流行り廃りなどによってノウハウも微妙に変わる状況もありますが、それは教えてもらわなくてもアフィリエイトをやりだしたらおのずと自分で調べるようになります。

ということで、大島郡でアフィリエイト教室を探すよりも、基礎をびっちり詰め込んだ教材で勉強するほうが、初期コストがかからないし、自分で稼ぐ力も得られます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトのやり方

アフィリエイトは商品を売りたい企業の代わりに広告の役割を引き受けて、自身のホームページやブログで紹介し、売れれば売れた分だけ報酬がもらえるということになっています。

詳しく書くと企業と自分との間にASP(広告代理店的な感じ)が介在して、ASPから報酬をもらうということになっています。

簡単に言えば、商品を売りたい企業とその広告を受け持つ代理店(ASP)があって、私たちは広告代理店の下請け業者的な存在とイメージするととわかりやすいです。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの進め方にはいくつか方法があるのでご紹介しますね。

WEBサイト・ブログで紹介型

多くの人が実践しているやり方は自身でWEBサイトやブログを作って商品やサービスを案内する方法です。

すでにあるアメブロやライブドアブログなどの無料のブログでも良いですし、自分でサーバーをレンタルしてwordpressなどでブログを作るというのが王道です。レンタルサーバーは操作も簡単で、月500円くらいでレンタルできますし、wordpressも無料で使えるのが普通ですから、初期費用がほぼゼロから始められることがおわかりでしょう。

そのあとは、宣伝したい商品を紹介するためにまとめた情報を記事にしてブログを更新していきます。

例えば大島郡の名産である「大島郡ビスケット」というのを宣伝するときは、

「大島郡ビスケットを1つ食べたら病みつきになってしまった」

「大島郡出身者だけが知っている超うまいお菓子とは」

「大島郡出身なので大島郡ビスケットを家族に勧めてみた」

「ギフトに大島郡名物のビスケットを贈らないなんてどうかしてる」

「大島郡に生まれてよかった!大島郡ビスケットがない人生はつまらん」

という感じで記事を書いて大島郡ビスケット公式サイトに来訪者を誘導します。

この方法で報酬が出るブログを作ることができれば、それが資産となり作業せずとも副収入が入るようになります。そして、そういったブログを複数作成すると報酬は足し算式に増えて、現在の月給を上回ることだってできるのです。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使ったやり方

twitterやインスタで発言力がある場合にはそれらの投稿で商品を宣伝することが可能です。

ですが、上記のように大島郡ビスケットを売る場合、フォロワーがそれを求めているかどうかは、商品の種類やフォロワーの年代、性別などによって変わるので売るのは難しいかもしれません。

相当フォロワー数がいて、インフルエンサー的な立ち位置にいるなら可能かもしれませんが、そういう人はすでに他で稼げるんじゃないでしょうか。

広告を出すアフィリエイト

広告出稿型というのは、ヤフーやfacebookなどの広告に広告費を使って商品宣伝するアフィリエイトです。

自分の商品じゃないものに広告費を使うというのはおかしいですが、企業としては商品販売が目的なのでとくに問題はありません。

ただし、企業自身が広告を出稿している場合には、広告で競争になってしまうので、ネット広告の使用を禁止している商品もあります。

検索順位を上げずにネット広告(お金)で強引に売るということで、労力は少ないですが広告費とライティング能力がかなり必要になります。

アフィリエイトが初めてなのに大きな投資でネット広告を出すのはリスクが超高いのは容易に想像できます。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!