1. TOP
  2. 中国
  3. 長門市にアフィリエイト塾あるの?受けるメリットとは|山口県

長門市にアフィリエイト塾あるの?受けるメリットとは|山口県

中国  

副業アフィリエイト

鳴り物入りの働き改革によって副業が可能な会社が増えていく昨今、会社員には良い状況なのか悪い状況なのかわからないという人も多いでしょう。

残業が許されなくなり給与が減ったり、実績評価で給料が上がりにくくなっても、マンションのローンや子供の学費など支払いは待ってくれません。

そこで、副収入で収入の柱を増やすという答えを導き出すのは賢いことです。それにアフィリエイトは初期コストが少ない副業の一つなのでいいところをついていますよ!

長門市でアフィリエイトは学べる?

長門市にアフィリエイトを学べる場所があるかは、このWEBサイトを見ている時点で「長門市にはアフィリエイトを学ぶ場所は無い(も同然)」なんです。

というのもアフィリエイトは、特定の単語(キーワード)で検索した時に自分で作ったサイトにお客さんを集める(アクセスを集める)ことで商品を売ったりするものだからです。

ということは、アフィリエイトを教えるところが「長門市 アフィリエイト」でネット検索した場合に検索結果の上位にいなかったら説得力がないですからね。

でも悲観することはありません。なぜならアフィリエイトは教室に通わなくても以下のような教材だけで誰でも稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アリフィエイトを教えてもらうメリット

アフィリエイト塾や教室

かくいう私もアフィリエイトを副業にしていますが、最初はワードくらいしか触れないレベルだったのでアフィリエイトを教えてもらえるところを探しました。

幸い都会に住んでいたために、とある教室に行くことが叶いました。

そこで感じたアフィリエイト教室のメリットは、

  • 直接先生にすぐ質問できる
  • 24時間いつでもチャットなどで質問できる
  • 同じアフィリエイトの仲間が見つかる
  • 稼いでいる人のノウハウが聞ける

メリットだけ見ると「いいじゃん!」と思いがちですが、これが必要だと感じている人はおそらく稼げません

実際私も通ってみてはじめはメリットがあると思いましたが、知識も身につき稼げるようになった時に、通い続ける必要がないなぁと思い始めました。

なぜかといえば、仲間がいないとできないというのは言い訳だし、質問は最初こそありますが、知識が付くとネット検索で十分になります(技術的な部分の疑問が多いので)。

さらに通えば誰でも稼げるかといえば、誰でも稼げるわけじゃないし、通う期間は関係ないという現実があります。同じ教室の生徒で12ヶ月以上も通っているのに月10,000円以下という人もいました(月謝分チャラですね)。

良かったことといえば教室に行くときは嫌でも作業に集中できるということくらいです。でもそれも月に数回だからそこまで役立ったとは言えません。

逆に、行ったからわかった教室に通うデメリットは、

  • 毎月お金がかかりトータルコストが高い(月1万で年12万円)
  • ノウハウは2〜3か月で体得できる(長期に行く必要ない)
  • 聞くことが無くなると月謝を払う意味がない
  • 教えてもらうばかりだと自分で情報収集しなくなる

つまるところアフィリエイトの基本知識は2か月勉強すれば習得できる程度のものです。その後はがむしゃらに作業をするかのほうが大切ですから、月謝を長く払い続けるのは必要ないと思います。

確かに検索結果が変動したり、売れ筋商品の変化によってやり方も微妙に変わることもありますが、それは教えてもらわずともアフィリエイトを始めたら情報は自分で調べられるようになっています。

ですから、長門市でアフィリエイト教室を探すよりも、基本知識がキッチリと学べる教材のほうが、初期コストがかからないし、自分で稼ぐ力も得られます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの種類

アフィリエイトは商品を宣伝したい企業に代わって広告の役割を引き受けて、自身のホームページやブログで紹介し、商品を売った分だけ報酬がもらえるということになっています。

詳しく書くと企業と自分との間にASP(広告代理店的な感じ)が介在して、ASPから報酬をもらうというシステムです。

簡単に言えば、商品を売りたい企業と広告を担う代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者と思うとわかりやすいと思います。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法にはいろいろタイプがありますので少しご紹介します。

WEBメディア・ブログ運営タイプ

一番オーソドックスなやり方は自身でWEBサイトやブログを作って商品サイトへ誘導するという方法です。

誰でも知ってるライブドアブログやはてなブログ、アメーバブログなどの無料のブログだって使えるし、自分でレンタルサーバーを借りてホームページを作るというのが一般的です。サーバーは高そうなイメージですが、月500円からレンタルできますし、wordpressのブログテンプレートも無料で使えるものがありますから、初期コストがほとんどないことがわかると思います。

あとは、紹介したい商品を利用した乾燥などを記事にしてブログを運営していきます。

例えば長門市の名産である「長門市フィナンシェ」というのを宣伝するときは、

「長門市フィナンシェを実際に食べてみた感想」

「長門市出身者がひた隠しにする教えたくない銘菓とは」

「長門市出身の嫁が長門市フィナンシェという超絶美味い菓子を持ってきた」

「ギフトに長門市名物のフィナンシェを贈らないなんてどうかしてる」

「長門市に生まれたからには長門市フィナンシェを勧めない理由がない」

という感じで記事を書いて長門市フィナンシェ公式サイトに来訪者を誘導します。

この方法で報酬が出るブログを作ることができれば、それが資産となり、何もしなくても継続的にお金が入るようになります。さらに、そのようなブログをたくさん作ることで報酬は倍々になり、勤めている会社の給与を上回るのも夢ではありません。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使ったアフィリエイト

自分のインスタやtwitterでフォロワーが多くSNSの投稿に力があれば宣伝することもできます。

しかし、先ほどのような長門市フィナンシェを売る場合、フォロワーに購入意欲があるかどうかは、商品ジャンルやフォロワーの年齢、性別などにもよるので売るのは難しいでしょう。

フォロワーが相当数いて、インフルエンサーくらい発言力があれば可能ですが、そういう人はアフィリエイトに頼らずとも稼ぐことができているでしょう。

広告費を出す方法

広告出稿型アフィリエイトというのは、Yahooやfacebookなどの広告に広告費を使って商品宣伝するアフィリエイトです。

他人の商品を広告費を使って宣伝するというのはおかしいですが、企業は商品が売れればOKなので販売手段はなんでもいいのです。

ただし、企業自身が広告を出稿している場合には、広告を出し合う状況になるため、広告の出稿を禁止している商材も多くあります。

検索結果に左右されず広告費で強引に売るというのは簡単そうに思えますが、お金とマーケティング能力が相当必要になってきます。

アフィリエイトの知識が何もないのにいきなりお金をかけて広告を出すのはリスクが大きすぎるのはすぐわかりますよね。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!