1. TOP
  2. 中国
  3. 阿武郡にアフィリエイト塾はある?受けるデメリット|山口県

阿武郡にアフィリエイト塾はある?受けるデメリット|山口県

中国  

副業アフィリエイト

鳴り物入りの働き改革によって副業が可能な会社が出てきたりして、サラリーマンにとって良いことなのか悪いことなのかなかなか難しい情勢になってきています。

残業禁止で残業代に期待できなくなったり、業績悪化で給与アップが見込めなくなっても、マイホームのローンや子供の教育費など出ていくお金は増えていきます。

そこで、足りない分を自分で稼ぐと考えるのは当然です。そしてアフィリエイトは初期費用がかからない副業なので低リスクで始められます。

阿武郡にアフィリエイト教室はあるの?

阿武郡にアフィリエイトを学べる場所があるかは、このサイトにたどり着いた時点で「阿武郡にアフィリエイトの塾は無い(も同然)」と言えると思います。

なぜかと言えば、アフィリエイトは特定の単語でネット検索した時に自分で作ったブログやWEBサイトを検索結果の上のほうに表示させるように対策することで商品を売ったりするものだからです。

なので、アフィリエイトを教える塾が「アフィリエイト 阿武郡」で検索した場合にサイトにたどり着けなかったら、本当に教えれるの?って感じです。

でも悲観することはありません。なぜかと言えば、アフィリエイトは教室などで学ばなくても以下のような優秀な教材があれば稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト塾に通うメリット・デメリット

アフィリエイト塾や教室

かくいう私もアフィリエイトを副業にしていますが、最初はブログも書く知識すらなかったのでアフィリエイトを教えてくれる場所を探しました。

運良く都会に住んでいたので、とある教室に通学することができました。

1年間行ってみてよかった点は

  • 講師にすぐ質問できる
  • 24時間いつでもチャットなどで質問できる
  • 仲間がいるのでやる気が出る
  • アフィリエイトの情報を共有できる

メリットだけみると「いいね!」と感じるかもしれませんが、これが良いと思ってる時はおそらく稼げません

事実私も通ってみて最初はメリットを享受しましたが、ノウハウを得て報酬が出だす頃には、通う必要性がだんだんなくなってきました。

というのも、仲間がいないとできないというのは言い訳だし、わからないこともネットで調べると出てくることも多いです(疑問はツールの使い方とかが多いし)。

また、長く通うほど稼げるかといえば、稼げない人もいるし、通う長さと報酬の上昇は関係ないという現実があります。実際に2年以上も通っているのに月3,000円以下という人もいました(月謝分チャラですね)。

唯一良かったのは教室に行くときは嫌でも作業に熱中できるということくらいです。でもそれも月に数回だから月謝分役立ったとは言えません。

逆に、行ったからわかったアフィリエイトの教室に通うデメリットは、

  • 継続してコストがかかる(月謝1万で年12万円)
  • 知識は2〜3か月で習得できる(長く通う必要ない)
  • メインは作業なので月謝を払うのが疑問
  • 教えてもらうばかりだと自分で考えない

結局アフィリエイトのノウハウは2か月勉強すれば習得できる程度なんです。あとは必死に作業に打ち込むことのほうが大切ですから、月謝を長く払い続けるのは無駄だと思います。

確かに法改正や検索アルゴリズムの変化、売れ筋商品の変化によってやり方も微妙に変化していきますが、それに関しては聞かなくともアフィリエイトの基本が身に付いたら言われなくても自分で調べるようになります。

ということで、阿武郡でアフィリエイト教室を探すよりも、ノウハウが自分のペースで習得できる教材のほうが、コストも1回きりだし、自分で稼ぐ力もつきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの各種やり方

アフィリエイトは商品を宣伝したい企業に代わって宣伝役を引き受けて、自分のブログやWEBサイトで紹介し、販売につながった分だけ報酬がもらえるということになっています。

細かくは企業とアフィリエイトする人との間にASP(広告代理店みたいなもの)が入って、ASP経由で報酬をもらうということになっています。

簡単に言うと、サービスを売りたい企業と広告を担当する代理店(ASP)があって、私たちは広告代理店の下請け業者的な存在と考えればよくわかります。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの進め方にはいくつか方法がありますので少しご紹介します。

WEBサイト・ブログ運営型

一番メジャーで基本と言えるやり方はブログやWEBメディアを持って商品サイトへ誘導するという方法です。

既存のアメブロやはてなブログ、ライブドアブログなどの無料のブログだって使えるし、自分でレンタルサーバーを借りてホームページを作るという感じです。レンタルサーバーは操作も簡単で、月500円くらいでレンタルできますし、wordpressのテンプレートも無料で使えるということで、初期費用がほぼゼロから始められることがおわかりでしょう。

そのあとは、宣伝したい商品を紹介するためにまとめた情報を記事にしてブログを更新していきます。

例を挙げると、阿武郡の名産である「阿武郡クレープ」というのを紹介する場合は、

「阿武郡クレープって食べてみたら美味しかった件」

「阿武郡出身者がひた隠しにする教えたくない銘菓とは」

「阿武郡出身としては阿武郡クレープを家族に勧めないわけにはいかない」

「贈り物に最適!阿武郡名物のクレープは誰もがハマる美味さ」

「阿武郡出身者歓喜!阿武郡クレープがモンドセレクションを受賞」

という感じで記事を書いて阿武郡クレープ公式サイトへのリンクへ誘導します。

そして、ブログから報酬がでるようになれば、それが資産となり作業せずとも副収入が入るようになります。さらに、そのようなブログをたくさん作ることができれば報酬は数倍になり、今の給料を超えることも可能です。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSで紹介するやり方

自分のインスタやtwitterで発言力があったらSNSの投稿でアフィリエイトすることも可能です。

ただし、先ほどの例のような阿武郡クレープを紹介する場合、フォロワーに購入意欲があるかどうかは、商品の種類やフォロワーの年齢、性別などで変わってくるので売るのは難しいこともあります。

相当フォロワー数がいて、インフルエンサー的な立ち位置にいるなら可能ですが、そういう人はアフィリエイトに頼らずとも稼ぐことができているでしょう。

広告出稿型

広告出稿型というのは、ヤフーやfacebookなどの広告に広告費を投じてアフィリエイト商品を紹介する方法です。

自分の商品じゃないものに広告費を使うのはイレギュラーですが、企業としては商品が売れればそれでいいのでwin winの関係となります。

ですが、企業自身もネット広告で商品を宣伝している場合は、広告費の競争になってしまうので、ネット広告の使用を禁止している商品もあります。

検索結果に左右されず広告費で強引に売るというのは労力こそ少ないですが、たくさんのお金と広告のセンスが必要になってきます。

アフィリエイトが初めてなのに大きな投資でネット広告を出すのはリスクが高すぎるのは想像に難くありません。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!