1. TOP
  2. 中国
  3. 隠岐郡にアフィリエイト塾あるの?通うメリットって|島根県

隠岐郡にアフィリエイト塾あるの?通うメリットって|島根県

中国  

副業アフィリエイト

鳴り物入りの働き改革によって副業が可能な会社が出てきたりして、会社員には良い状況なのか悪い状況なのかなかなか難しい情勢になってきています。

残業が許されなくなり給与が減ったり、業績悪化で給与アップが見込めなくなっても、子供の高額な授業料や家のローンなど出ていくお金は増えていきます。

そこで、収益源をもう一つ持つという結論を出すのは賢いことです。それにアフィリエイトは初期投資が少なくできる副業の一つなのでいいところをついていますよ!

アフィリエイト塾は隠岐郡にある?

アフィリエイトの塾のようなところが隠岐郡にあるかは、このサイトにたどり着いた時点で「隠岐郡にアフィリエイトの塾は無い(も同然)」と言えると思います。

その理由としてアフィリエイトは、特定の単語でネット検索した時に自社のHPなどを検索結果の上位に表示させること(SEO対策)で商品を販売に結び付けるものだからです。

つまり、アフィリエイトを教えようという教室が「アフィリエイト 隠岐郡」で検索した場合に検索結果の上位にいなかったら、本当に教えれるの?って感じです。

でもガッカリしなくてもいいんです。というのもアフィリエイトは人に教えてもらわなくても以下のような教材だけで驚くほど稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト学校に行くメリット・デメリット

アフィリエイト塾や教室

何を隠そう私もアフィリエイトで報酬を得ていますが、最初はワードくらいしか触れないレベルだったのでアフィリエイトの塾がないか探しました。

運良く都会に住んでいたので、某アフィリエイト教室に行くことが叶いました。

通って感じたアフィリエイト教室のメリットは

  • 講師にすぐ質問できる
  • 講義がない時でもチャットなどで質問できる
  • 同じ目標を持った人と交流できる
  • 稼いでいる人を間近で見て学べる

メリットを羅列すると「良さそう!」と感じるかもしれませんが、それに頼ってしまう人はおそらく稼げません

実際にアフィリエイト教室に通ってみて上記のようなメリットを感じましたが、ノウハウが身について報酬が出だすと、通い続ける必要がないなぁと思い始めました。

なぜかといえば、仲間がいないとできないというのは言い訳だし、質問は最初こそありますが、知識が付くとネット検索で十分になります(技術的な部分の疑問が多いので)。

また、通い続けることが収入の増加につながるかといえば、全員が稼げないし、報酬は増え続けるわけでもないという現実があります。同じ教室の生徒で12ヶ月以上も通っているのに月の報酬が5,000円以下という人も(月謝で実質損している)。

唯一役立ったのは教室に行くときは嫌でも作業にはげめるというくらいです。でもそれも月に数回だからすごい役立ったとは言えません。

逆に、行ったからこそ言えるアフィリエイト塾に通うデメリットは、

  • 毎月お金がかかりトータルコストが高い(月1万で年12万円)
  • ノウハウは2〜3か月で体得できる(長期に行く必要ない)
  • 半年も経つと作業だけに月謝を払うことになる
  • 講師のやり方しか知らないまま進んでいく

結局アフィリエイトのノウハウは3か月もあれば十分に習得できる程度のものです。あとはただただ作業できるかのほうが大事なので、月謝を払い続けるというのは必要ないと思います。

確かに検索結果が変動したり、トレンドなどによってアプローチ方法も微妙に変わることもありえますが、そこは教えてもらわなくてもアフィリエイトの基本ができていたら言われなくても自分で調べるようになります。

したがって、隠岐郡でアフィリエイトの塾を探すよりも、ノウハウが自分のペースで習得できる教材のほうが、コストも1回きりだし、自分で稼ぐ力もつきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法

アフィリエイトは商品を広めたい企業の代わりに広告宣伝を請け負い、ブログやWEBサイトで紹介し、商品を売った分だけ報酬がもらえるというシステムです。

実際には企業と個人との間にASP(広告代理店のようなもの)が介在して、ASPのほうから報酬をもらうという仕組みになります。

要約すると、商品を売りたい企業とその広告を請け負う代理店(ASP)があって、私たちは広告代理店の下請け業者的な存在と考えればよくわかります。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法にはいろいろタイプがありますので少しご紹介します。

WEBメディア・ブログ運営タイプ

一番ポピュラーなやり方はWEBサイトやブログを自分で作って商品を紹介するやり方です。

誰でも知ってるライブドアブログやはてなブログ、アメーバブログなどの無料のブログだって使えるし、自分でレンタルサーバーを借りてwordpressでブログを作るという感じです。サーバーは高そうなイメージですが、月500円からレンタルできますし、wordpressのテンプレートも無料で使えるものがありますから、ランニングコストも少ないということがわかるでしょう。

そのあとは、宣伝したい商品を利用した乾燥などを記事に起こしていきます。

例えば隠岐郡の名物である「隠岐郡アイス」という商品を紹介する場合は、

「隠岐郡アイスを1つ食べたら病みつきになってしまった」

「隠岐郡出身者だけが知っている超うまいお菓子とは」

「隠岐郡出身だから隠岐郡アイスを家族で食べ倒した件」

「ギフトに最適な隠岐郡名物のアイスを知っているか」

「隠岐郡に生まれてよかった!隠岐郡アイスがない人生はつまらん」

という感じで記事を書いて隠岐郡アイス公式サイトに送客します。

そして、ブログから報酬がでるようになれば、それが資産となり、何もしなくても継続的にお金が入るようになります。さらに、そういったブログをいくつも作成すると報酬は足し算式に増えて、今の給料を超えることだって可能です。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使ったやり方

自分のインスタやtwitterで発言力があったらSNSの投稿で宣伝することもできます。

ただ、上の例のように隠岐郡アイスを紹介する場合、フォロワーに購入意欲があるかどうかは、商材のジャンルやフォロワーの年齢層、性別などによって変わるので売るのは難しいかもしれません。

フォロワー数が相当いて、インフルエンサーのような状態なら可能でしょうが、そういう人はアフィリエイト以外で稼げるんじゃないでしょうか。

広告出稿でアフィリエイト

広告を出すというのは、facebookやヤフーの広告に広告費を出して商品を売る方法です。

自分が販売者でないのに広告費を出して宣伝するというのはおかしいですが、企業としては商品販売が目的なのでお互いウィンウィンの関係となります。

ですが、企業自身もネット広告で商品を宣伝している場合は、広告費の競争になってしまうので、アフィリエイトでネット広告を禁止している商品もあります。

検索結果に左右されず広告費で強引に売るというのは近道ですが、広告費とライティング能力がかなり必要になります。

アフィリエイト初心者が大きなコストをかけて広告を出すことはリスクがありすぎるのは誰でもわかることです。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!