1. TOP
  2. 関東
  3. 新宿区にアフィリエイト塾はある?通うメリットとは|東京都

新宿区にアフィリエイト塾はある?通うメリットとは|東京都

関東  

副業アフィリエイト

副業が認められる企業が出てくるなど、労働者にメリットがあるのかないのかなかなか難しい情勢になってきています。

残業NGになり残業代が減ったり、実績評価で給料が上がりにくくなっても、子供の高額な授業料や家のローンなど出費は待ったなしです。

そうした社会状況で、副収入で収入の柱を増やすと考えるのは当然です。そしてアフィリエイトは初期コストが少ない副業の一つなので低リスクで始められます。

新宿区でアフィリエイトは学べる?

新宿区にアフィリエイト教室があるかどうかは、このサイトに訪問した時点で「新宿区ではアフィリエイトを学べない(も同然)」と考えられます。

というのもアフィリエイトは、特定のキーワードでネット検索をかけたときに自分で作ったブログやWEBサイトを検索結果の上のほうに表示させるように対策することで商品を販売に結び付けるものだからです。

つまり、アフィリエイトを学べるという教室が「新宿区 アフィリエイト」でネット検索した場合に検索結果の上位にいなかったら、教えるだけのノウハウがあるの?って感じです。

でも悲観することはありません。というのもアフィリエイトは人に教えてもらわなくても以下のような教材だけで誰でも稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト教室のメリットとデメリット

アフィリエイト塾や教室

何を隠そう私もアフィリエイトで報酬を得ていますが、最初はwordpressって何?ってレベルだったのでアフィリエイトの先生がいないか探しました。

運良く都会に住んでいたので、某アフィリエイト教室に通うことができました。

1年通って感じたメリットは

  • 対面ですぐ質問できる
  • 家でもチャットなどで質問できる
  • 一緒に作業できる仲間ができて頑張れる
  • 稼いでいる人のノウハウが聞ける

メリットを羅列すると「良さそう!」と思いがちですが、このメリットだけではおそらく稼げません

事実私も通ってみて上記にメリットを感じましたが、ノウハウを得て報酬が出だす頃には、通う必要性がだんだんなくなってきました。

なぜかというと、仲間はtwitterやASPのイベントなどでも見つけられるし、質問は最初こそありますが、知識が付くとネット検索で十分になります(技術的な疑問になってくるので)。

さらに通えば誰でも稼げるかといえば、稼げない人もいるし、通う長さと報酬の上昇は関係ないというのが本当のところです。仲間で3年以上も通っているのに月3,000円以下という人もいました(月謝分チャラですね)。

唯一良かったのは通う日だけは作業に没頭できるということくらいです。といっても通うのは週一だったのでそこまで役立ったとは言えませんね。

逆に、通った私が思うアフィリエイトの教室に通うデメリットは、

  • 毎月お金がかかりトータルコストが高い(月1万で年12万円)
  • 知識は2〜3か月で習得できる(長く通う必要ない)
  • 半年も経つと作業だけに月謝を払うことになる
  • 教えてもらうことに慣れて自分で稼ぐ力がつかない

要するにアフィリエイトの基本は2〜3か月もあれば誰でも習得できる程度のものです。あとはひたすら作業で手を動かすことが大事なので、月謝を払い続けるというのは無駄だと感じました。

確かに検索結果が変動したり、売れ筋商品の変化によってやり方も微妙に変わることもありますが、それは教えてもらわずともアフィリエイトの知識が付けば自分で調べられるようになっています。

だから、新宿区でアフィリエイト教室を探すよりも、ノウハウが自分のペースで習得できる教材のほうが、初期費用が少なく済むし、自分で稼ぐ能力もつきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法

アフィリエイトは商品を宣伝したい企業に代わって広報的な役割を引き受けて、自身のWEBサイトやブログで紹介し、販売につながった分だけ報酬がもらえるという仕組みになります。

実際には企業と自分との間にASP(広告代理店みたいなもの)が介在して、ASPのほうから報酬をもらうというシステムになっています。

簡単に言うと、サービスを売りたい企業と広告を担当する代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者とイメージすればいいでしょう。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法はいくつかタイプがありますので簡単にご紹介します。

ブログ・WEBサイト構築型

一番ポピュラーなやり方は自身で作ったWEBサイトやブログで商品サイトへ誘導するという方法です。

誰でも知ってるライブドアブログやはてなブログ、アメーバブログなどの無料ブログを使ってもいいですし、自分でレンタルサーバーを借りてwordpressでブログを作るという方法になります。サーバーは月500円程度でレンタルできますし、wordpressのブログテンプレートも無料で使えるものがありますから、初期コストがほとんどないことがわかると思います。

そのあとは、宣伝したい商品を実際に使ってみた感想などを記事にしてブログを運営していきます。

例えば新宿区の名物である「新宿区クレープ」という商品を宣伝するなら、

「新宿区クレープを実際に食べてみた感想」

「新宿区出身者に聞いたら美味いお菓子はこれしかないらしい」

「新宿区出身としては新宿区クレープを家族に勧めないわけにはいかない」

「ギフトにぴったりな新宿区名物のクレープが美味すぎる」

「新宿区出身者歓喜!新宿区クレープがモンドセレクションを受賞」

といった感じで記事を更新して新宿区クレープ公式サイトに送客します。

そして、ブログから報酬がでるようになれば、それが資産となり、何もしなくても継続的にお金が入るようになります。さらに、そういったブログをいくつも運営することで報酬はどんどん増えて、今貰っている月収を上回ることだってできるのです。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSで紹介するやり方

自分のインスタやtwitterで発言力がある場合にはそれらの投稿で商品を紹介することもできます。

しかし、先ほどのような新宿区クレープを売る場合、フォロワーがそれを欲しがっているかどうかは、商材の種類やフォロワーの世代、性別などによって変わるので売るのは難しいかもしれません。

フォロワー数が数万いて、発言に影響力があれば不可能ではないですが、そんな人は他の手段で稼げるんじゃないでしょうか。

広告費を出す方法

広告出稿型アフィリエイトというのは、Yahooやfacebookなどの広告に広告費を出して商品を売る方法です。

他人の商品を広告費を使って宣伝するのはイレギュラーですが、企業としては商品販売が目的なので利害関係は一致しています。

ただし、企業自身が広告を出稿している場合には、広告を出し合う形になってしまうので、アフィリエイトで広告出稿を禁じているものもあります。

検索結果に左右されず広告費で強引に売るというのは近道ですが、潤沢な投資とマーケティング能力が必須になってきます。

アフィリエイトの知識がゼロでコストをかけて広告を出すのはリスクが大きすぎるのはすぐわかりますよね。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!