1. TOP
  2. 関東
  3. 杉並区にアフィリエイト塾が?行くデメリット|東京都

杉並区にアフィリエイト塾が?行くデメリット|東京都

関東  

副業アフィリエイト

働き方が見直されて副業ができる会社員が増えていく昨今、労働者にメリットがあるのかないのか実際わからないという人もいると思います。

残業禁止で残業代に期待できなくなったり、業績悪化で給与アップが見込めなくなっても、子供の大学の学費や住宅ローンの支払いなど支払いは待ってくれません。

そういった状況で、足りない分を自分で稼ぐと考えるのは当然です。そしてアフィリエイトは初期費用がかからない副業なので低リスクで始められます。

杉並区でアフィリエイトは学べる?

アフィリエイトの塾のようなところが杉並区にあるかは、このサイトに訪問した時点で「杉並区ではアフィリエイトを学べない(も同然)」と考えられます。

なぜかと言えば、アフィリエイトは特定のキーワードを入れて検索した時に自分で作ったサイトにお客さんを集める(アクセスを集める)ことで商品の紹介をするものだからです。

つまり、アフィリエイトを教えようという教室が「アフィリエイト 杉並区」で検索した時に検索結果から見つけられなかったら説得力がありません。

でも悲観することはありません。というのもアフィリエイトは人に教えてもらわなくても以下のような優秀な教材があれば稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト塾に通うメリット・デメリット

アフィリエイト塾や教室

かくいう私もアフィリエイトを副業にしていますが、最初は何も知識がなかったのでアフィリエイトの先生がいないか探しました。

運良く都市部に住んでたので、某アフィリエイト教室に通学することができました。

1年通って感じたメリットは

  • 稼いでる人にすぐ質問できる
  • 作業日外でもチャットなどで質問できる
  • 同じ目標を持った人と交流できる
  • アフィリエイトの情報を共有できる

メリットを羅列すると「良さそう!」と感じる人もいると思いますが、それに頼ってしまう人はおそらく稼げません

実際にアフィリエイト教室に通ってみてはじめは行って良かったと思いましたが、稼げるようになり、よくよく考えてみると長く通う意味はないということを考えました。

なぜかというと、仲間はtwitterやASPのイベントなどでも見つけられるし、わからないこともネットで調べると出てくることも多いです(技術的な部分の疑問が多いので)。

さらに通えば誰でも稼げるかといえば、稼げない人もいるし、通う長さと報酬の上昇は関係ないという現実がありました。仲間で3年以上も通っているのに月3,000円以下という人もいました(月謝で実質損している)。

良かったことといえば通うことでその瞬間作業に没頭することができるというくらいです。といっても月に数回なのでそこまで良かったとは言えません。

逆に、行ったことで感じたアフィリエイト塾に通うデメリットは、

  • 月謝なのでトータルコストが高い(月1万で年12万円)
  • ノウハウ自体は2〜3か月で理解できるので通う必要性を感じない
  • メインは作業になると月謝のコストが痛い
  • 教えてもらうばかりだと自分で情報収集しなくなる

つまるところアフィリエイトの基本知識は2か月勉強すれば習得できる程度のものです。その後はがむしゃらに作業をすることが大切なので、毎月お金を払う塾みたいなところはいらないと感じました。

確かに検索アルゴリズムが変わったり、トレンドなどによってノウハウも微妙に変わることもありますが、それは教えてもらわなくてもアフィリエイトを始めたら情報は自分で調べることもできるようになっています。

したがって、杉並区でアフィリエイトの塾を探すよりも、基本知識がキッチリと学べる教材のほうが、初期費用が少なく済むし、自分で稼ぐ能力もつきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの各種やり方

アフィリエイトは商品やサービスを売りたい企業の代わりに宣伝役を引き受けて、自分のブログやWEBサイトで紹介し、売れれば売れた分だけ報酬がもらえるというシステムです。

実際には企業と自分との間にASP(広告代理店みたいなもの)が介在して、ASPのほうから報酬をもらうということになっています。

要約すると、商品を売りたい企業と広告を担当する代理店(ASP)があって、自分は広告代理店の下請け業者みたいなものと考えるとわかりやすいと思います。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの進め方にはいくつか方法があるのでご紹介します。

WEBサイト・ブログ構築型

一番ポピュラーなやり方はブログやWEBメディアを持って商品サイトへ誘導するという方法です。

有名なはてなブログやライブドアブログなどの無料ブログを使ってもいいですし、自分でサーバーをレンタルしてWEBサイトを作るというのが基本です。サーバーと言っても月500円からレンタルできますし、wordpressのブログテンプレートも無料で使えるのが普通ですから、ランニングコストも少ないということがわかるでしょう。

あとは、紹介したい商品に関する情報をまとめたものを記事に起こしていきます。

例えば杉並区の名物である「杉並区ワッフル」という商品を宣伝するなら、

「杉並区ワッフルを食べてみた素直な感想」

「杉並区出身者も知らない隠れた名店の菓子を買ってみた」

「杉並区出身として杉並区ワッフルを家族に紹介しないわけにはいかない」

「ギフトに最適な杉並区名物のワッフルを知っているか」

「杉並区に生まれたからには杉並区ワッフルを勧めない理由がない」

といった内容の記事を書いて杉並区ワッフル公式サイトに送客します。

この方法で報酬が出るブログを作ることができれば、それが資産となりそれ以上記事を書かなくても報酬が入るようになります。そして、そういったブログを複数運営できれば報酬はどんどん増えて、今貰っている月収を超えることも可能です。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使ったやり方

自分がtwitterやインスタなどでフォロワーが多く拡散が期待できるときは、投稿で宣伝することもできます。

しかし、先ほどのような杉並区ワッフルを売る場合、フォロワーに購入意欲があるかどうかは、商品ジャンルやフォロワーの年齢、性別なども考慮しないと難しいです。

数万人規模のフォロワーがいて、影響力があるのであれば可能ですが、そういう人はアフィリエイトに頼らずとも稼ぐことができているでしょう。

広告出稿型

広告出稿型というのは、ヤフーやfacebookなどの広告に広告費を出して商品を売る方法です。

自分の商品じゃないものに広告費を使うというのはおかしいですが、企業としては商品販売が目的なので販売手段はなんでもいいのです。

ただし、企業もネット広告を出稿している場合は、広告費の競争になってしまうので、ネット広告の使用を禁止している商品もあります。

検索結果に左右されず広告費で強引に売るということで、時間こそかかりませんが、広告費とライティング能力がかなり必要になります。

アフィリエイトが初めてなのに大きな投資でネット広告を出すのはリスクしかないのは言うまでもありません。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!