1. TOP
  2. 関東
  3. 東大和市にアフィリエイト塾あるの?学ぶメリット・デメリット|東京都

東大和市にアフィリエイト塾あるの?学ぶメリット・デメリット|東京都

関東  

副業アフィリエイト

政府の働き方改革などで副業ができる会社が出てきたりして、労働者にとっては良いのか悪いのか実際わからないという人もいると思います。

残業頼みだったのに残業NGになったり、実績評価で給料が上がりにくくなっても、マイホームの支払いや子供の高額な学費など入るお金より出ていくほうが多いです。

そうした社会状況で、自らでお金を稼ぐ方法を得るという結論を出すのは当たり前です。それにアフィリエイトは初期費用がかからない副業なので低リスクで始められます。

東大和市にアフィリエイトの塾はあるの?

アフィリエイト教室が東大和市にあるかは、このサイトに訪問した時点で「東大和市にはアフィリエイトを学ぶ場所は無い(も同然)」なんです。

なぜならアフィリエイトは、特定のキーワードでネット検索をかけたときに自社のHPなどを検索結果の上位に表示させること(SEO対策)で商品を売ったりするものだからです。

なので、アフィリエイトを学ぶための塾が「東大和市 アフィリエイト」でネット検索した場合に上位表示されていなかったら、教えるだけのノウハウがあるの?って感じです。

でも落ち込むことはありません。その理由はアフィリエイトは塾などに行かなくても以下のような教材だけで十分に稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アリフィエイトを教えてもらうメリット

アフィリエイト塾や教室

かくいう私もアフィリエイトで副収入を稼いでいますが、最初はブログも書く知識すらなかったのでアフィリエイトを教えてもらえるところを探しました。

幸い都会に住んでいたために、有名なアフィリエイト塾に行くことが叶いました。

通って感じたアフィリエイト教室のメリットは

  • 直接先生にすぐ質問できる
  • 作業日外でもチャットなどで質問できる
  • 一緒に作業できる仲間ができて頑張れる
  • アフィリエイトの情報を共有できる

メリットだけみると「いいね!」と思うんですが、それに頼ってしまう人はおそらく稼げません

事実私も通ってみてはじめはメリットがあると思いましたが、稼げるようになり、よくよく考えてみると長く通う意味はないということを考えました。

なぜかというと、仲間がいることで頑張れるのは最初だけだし、疑問点もネット検索で解決できます(疑問はツールの使い方とかが多いし)。

さらに通えば誰でも稼げるかといえば、全員が稼げないし、報酬は増え続けるわけでもないという現実がありました。同じ教室の生徒で12ヶ月以上も通っているのに月3,000円以下という人もいました(月謝分も稼げてない)。

唯一役立ったのは教室に行くときは嫌でも作業にはげめるというくらいです。といっても通うのは週一だったのでそこまで役立ったとは言えません。

逆に、行ったからこそ言える教室に通うデメリットは、

  • 継続してコストがかかる(月謝1万で年12万円)
  • 知識は2〜3か月で十分得られる(それ以上は通う必要ない)
  • メインは作業になると月謝のコストが痛い
  • 教えてもらうばかりだと自分で考えない

結局アフィリエイトに必要な知識は3か月もあれば十分に習得できる程度のものです。あとはひたすら作業をするかのほうが大事なので、月謝を払い続けるというのは無駄かもしれません。

確かに法改正や検索アルゴリズムの変化、売れ筋商品の変化によってやり方も微妙にずれていくこともありますが、それは教えてもらわずともアフィリエイトを始めたら情報はおのずと自分で調べるようになります。

なので、東大和市でアフィリエイト教室を探すよりも、ノウハウが自分のペースで習得できる教材のほうが、コストも1回きりだし、自分で稼ぐ力もつきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法

アフィリエイトは商品やサービスを売りたい企業の代わりに宣伝役を引き受けて、自分のブログやWEBサイトで紹介し、商品を売った分だけ報酬がもらえるというシステムです。

実際には企業と個人との間にASP(広告代理店のようなもの)が仲介する形で、ASPを通して報酬をもらうというシステムです。

要約すると、商品を売りたい企業とその広告を受け持つ代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者とイメージするととわかりやすいです。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法はいくつかタイプがありますのでご紹介します。

WEBサイト・ブログで紹介型

一番メジャーで基本と言えるやり方は自身でWEBサイトやブログを作って商品やサービスを案内する方法です。

簡単に使えるはてなブログやアメーバブログ、ライブドアブログなどの無料のブログだって使えるし、自分でレンタルサーバーを借りてホームページを作るというのが一般的です。レンタルサーバーは月500円〜レンタルできますし、wordpressのインストールも無料でできるということで、初期コストがほとんどないことがわかると思います。

そして、宣伝したい商品を利用した乾燥などを記事にしてブログを更新していきます。

例えば東大和市の名産である「東大和市ビスケット」というのを宣伝するときは、

「東大和市ビスケットって食べてみたら美味しかった件」

「東大和市出身者だけが知っている超うまいお菓子とは」

「東大和市出身だから東大和市ビスケットを家族で食べ倒した件」

「ギフトにぴったりな東大和市名物のビスケットが美味すぎる」

「東大和市生まれの東大和市ビスケットがついにあの賞を取った!」

といった感じで記事を更新して東大和市ビスケット公式サイトに来訪者を誘導します。

そして、ブログから報酬がでるようになれば、それが資産となりそれ以上記事を書かなくても報酬が入るようになります。さらに、そのようなブログをたくさん作ることができれば報酬は数倍になり、勤めている会社の給与を超えることだって可能です。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使ったアフィリエイト

自分が持っているツイッターアカウントなどで発言力がある場合にはそれらの投稿で宣伝することもできます。

ですが、上記のように東大和市ビスケットを売る場合、フォロワーがそれを求めているかどうかは、商品の種類やフォロワーの年代、性別などで変わってくるので売るのは難しいこともあります。

数万人規模のフォロワーがいて、影響力があるのであれば不可能ではないですが、そんな人は他の手段で稼げるんじゃないでしょうか。

広告出稿型アフィリエイト

広告でアフィリエイトというのは、ヤフーやフェイスブックなどの広告に広告費を投じてアフィリエイト商品を紹介する方法です。

他人の商品を広告費を使って宣伝するのはイレギュラーですが、企業としては商品販売が目的なのでお互いウィンウィンの関係となります。

ですが、企業自身もネット広告で商品を宣伝している場合は、広告を出し合う形になってしまうので、アフィリエイトで広告出稿を禁じているものもあります。

検索結果に左右されず広告費で強引に売るというのは近道ですが、広告費とライティング能力がかなり必要になります。

アフィリエイトの知識なしに多額のお金をかけて広告を出稿するのはリスクが大きすぎるのはすぐわかりますよね。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!