1. TOP
  2. 関東
  3. 比企郡にアフィリエイト塾はある?受講するメリット・デメリット|埼玉県

比企郡にアフィリエイト塾はある?受講するメリット・デメリット|埼玉県

関東  

副業アフィリエイト

副業が認められる企業が出現するなど、労働者にメリットがあるのかないのか実際わからないという人もいると思います。

残業頼みだったのに残業NGになったり、会社の出し惜しみで給与やボーナスが減ったとしても、マイホームの支払いや子供の高額な学費など出費は待ったなしです。

そこで、自らでお金を稼ぐ方法を得るという結論を出すのは至極当然です。そのなかでもアフィリエイトは初期費用がかからない副業ですから目の付け所は良いでしょう!

アフィリエイト塾は比企郡にある?

アフィリエイトの塾のようなところが比企郡にあるかは、このページを読んでいる時点で「比企郡にはアフィリエイトを学ぶ場所は無い(も同然)」なんです。

というのもアフィリエイトは、特定のキーワードでネット検索をかけたときにブログやサイトを検索結果からアクセスを集めることで商品を売ったりするものだからです。

つまり、アフィリエイトを学べるという教室が「比企郡 アフィリエイト」でネット検索した場合に検索結果から見つけられなかったら説得力がありません。

でも落胆することはありません。というのもアフィリエイトは人に教えてもらわなくても以下のような教材だけで驚くほど稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト教室のメリットデメリット

アフィリエイト塾や教室

実は私もアフィリエイトによって収入を得ていますが、最初はwordpressって何?ってレベルだったのでアフィリエイトの塾がないか探しました。

幸い都会に住んでいたために、通えるアフィリエイト教室に通学することができました。

通って感じたアフィリエイト教室のメリットは

  • 直接先生にすぐ質問できる
  • 作業日外でもチャットなどで質問できる
  • 同じ目標を持った人と交流できる
  • 稼いでいる人のノウハウが聞ける

メリットを見たら「いい感じ!」と思いがちですが、このメリットだけではおそらく稼げません

事実私もアフィリエイト塾に通ってみて上記のようなメリットを感じましたが、知識も身につき稼げるようになった時に、通い続ける必要がないなぁと思い始めました。

なぜかといえば、仲間はtwitterやASPのイベントなどでも見つけられるし、疑問点もネット検索で解決できます(疑問はツールの使い方とかが多いし)。

さらに通えば誰でも稼げるかといえば、全員が稼げるようになったわけではないという事実があります。実際に2年以上も通っているのに月3,000円以下という人もいました(月謝で実質損している)。

唯一良かったのは通う時は作業に集中できるということくらいです。といっても月に数回なので月謝分役立ったとは言えません。

逆に、行ったからこそ言えるアフィリエイトの教室に通うデメリットは、

  • 毎月の支出が痛い(月1万で年12万円)
  • ノウハウ自体は2〜3か月で理解できる(それ以上は必要ない)
  • 聞くことが無くなると月謝を払う意味がない
  • 講師のやり方しか知らないまま進んでいく

要するにアフィリエイトの基本は2か月もあれば十分に習得できる程度のものです。その後はがむしゃらに作業をするかのほうが重要ですから、継続してお金がかかる教室は無駄だと思います。

確かに検索順位の変動やトレンドなどによってノウハウも微妙に変わる状況もありますが、そこは教えてもらわなくてもアフィリエイトの基本ができていたらおのずと自分で調べるようになります。

ですから、比企郡でアフィリエイト教室を探すよりも、基礎をびっちり詰め込んだ教材で勉強するほうが、初期コストも少ないし、自分で稼ぐ力も養えます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトのいろんなやり方

アフィリエイトは商品を広めたい企業の代わりに広報的な役割を引き受けて、自身のWEBサイトやブログで紹介し、売れれば売れた分だけ報酬がもらえるというシステムです。

実際には企業と個人との間にASP(広告代理店のようなもの)が仲介する形で、ASPを通して報酬をもらうということになっています。

要約すると、商品を売りたい企業とその広告代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者と考えればよくわかります。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの進め方にはいくつか方法がありますので少しご紹介します。

WEBメディア・ブログ運営タイプ

基本的なやり方で一番多いのは自身でWEBサイトやブログを作って商品サイトへ誘導するという方法です。

簡単に使えるはてなブログやアメーバブログ、ライブドアブログなどの無料ブログで始めてもいいですし、自分でレンタルサーバーを借りてwordpressでブログを作るという方法になります。レンタルサーバーは月500円〜レンタルできますし、wordpressも無料で使えるのが普通ですから、初期投資がほとんどいらないのがおわかりでしょう。

あとは、紹介したい商品を実際に使ってみた感想などを記事に起こしていきます。

例を挙げると、比企郡の名産である「比企郡ビスケット」というのを紹介する場合は、

「比企郡ビスケットって食べてみたら美味しかった件」

「比企郡出身者だけが知っている超うまいお菓子とは」

「比企郡出身として比企郡ビスケットを家族に紹介しないわけにはいかない」

「ギフトにぴったりな比企郡名物のビスケットが美味すぎる」

「比企郡出身者歓喜!比企郡ビスケットがモンドセレクションを受賞」

といった感じで記事を書いて比企郡ビスケット公式サイトへ誘導します。

こうして報酬の上がるブログが作れれば、それが資産となり作業せずとも副収入が入るようになります。さらに、そういったブログをいくつも作成すると報酬は足し算式に増えて、今貰っている月収を超えることも夢ではありません。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使ったアフィリエイト

自分が持っているツイッターアカウントなどで発言力がある場合にはそれらの投稿で宣伝することも可能です。

しかし、先ほどのような比企郡ビスケットを売る場合、フォロワーに購入意欲があるかどうかは、商品の種類やフォロワーの年代、性別などによっても違うので売るのは難しいでしょう。

数万人規模のフォロワーがいて、影響力があるのであれば可能でしょうが、そういう人はアフィリエイト以外で稼げるんじゃないでしょうか。

広告費を出す方法

広告出稿型アフィリエイトというのは、Yahooやfacebookなどの広告に広告費を使って商品宣伝するアフィリエイトです。

自分の商品ではないものにお金を出して宣伝するのはイレギュラーですが、企業としては商品販売が目的なので販売手段はなんでもいいのです。

ただし、企業自身が広告を出稿している場合には、広告を出し合う状況になるため、アフィリエイトで広告出稿を禁じているものもあります。

検索結果に左右されず広告費で強引に売るというのは労力こそ少ないですが、広告費とライティング能力がかなり必要になります。

アフィリエイトの知識なしに多額のお金をかけて広告を出稿するのはリスクがありすぎるのは誰でもわかることです。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!