1. TOP
  2. 関東
  3. 江東区にアフィリエイト塾あるの?行くデメリット|東京都

江東区にアフィリエイト塾あるの?行くデメリット|東京都

関東  

副業アフィリエイト

副業が認められる企業が出現するなど、サラリーマンにとって良いことなのか悪いことなのか困惑している人も多いことでしょう。

残業頼みだったのに残業NGになったり、業績悪化で給与アップが見込めなくなっても、マイホームの支払いや子供の高額な学費など入るお金より出ていくほうが多いです。

そうした社会状況で、足りない分を自分で稼ぐと考えるのは至極当然です。そのなかでもアフィリエイトは初期投資が少なくできる副業の一つですからリスクがありません。

アフィリエイト塾は江東区にある?

アフィリエイトの塾のようなところが江東区にあるかは、このサイトに訪問した時点で「江東区にアフィリエイトの塾は無い(も同然)」と言えると思います。

その理由としてアフィリエイトは、特定の単語(キーワード)で検索した時に自分で作ったサイトにお客さんを集める(アクセスを集める)ことで商品の紹介をするものだからです。

つまり、アフィリエイトを学べるという教室が「江東区 アフィリエイト」でネット検索した場合に上位表示されていなかったら、本当に教えれるの?って感じです。

でもガッカリすることはありません。その理由はアフィリエイトは塾などに行かなくても以下のような教材だけでノウハウは十分に得られるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト教室のメリットデメリット

アフィリエイト塾や教室

かくいう私もアフィリエイトを副業にしていますが、最初は全くIT関係の知識がなかったのでアフィリエイトを教えてくれる場所を探しました。

運良く都心に住んでいたので、有名なアフィリエイト塾に通学することができました。

行ってみてわかったアフィリエイト教室のメリットは

  • 対面ですぐ質問できる
  • 家でもチャットなどで質問できる
  • 仲間がいるのでやる気が出る
  • 稼いでいる人からの情報をもらえる

メリットを見たら「いい感じ!」と思いがちですが、これが必要な人っておそらく稼げません

事実私も通ってみてはじめはメリットがあると思いましたが、知識も身につき稼げるようになった時に、長く通う意味はないということを考えました。

というのも、仲間がいないとできないというのは言い訳だし、疑問点もネット検索で解決できます(疑問はツールの使い方とかが多いし)。

そして通い続けると収入が増えるかといえば、期間と報酬は比例しないし、稼げない人もいたという事実を目の当たりにしました。実際に2年以上も通っているのに月10,000円以下という人もいました(月謝分ギリギリチャラ)。

役立ったこともあります。教室に行くときは嫌でも作業に没頭することができるというくらいです。でもそれも月に数回だからすごい役立ったとは言えませんが。

逆に、行ったからこそ言えるアフィリエイトの教室に通うデメリットは、

  • 1年通うと考えるとコストが高い(月1万で年12万円)
  • 知識は2〜3か月で十分得られる(それ以上は通う必要ない)
  • メインは作業になると月謝のコストが痛い
  • 講師のやり方しか知らないまま進んでいく

つまるところアフィリエイトの基本知識は2か月もあれば十分に習得できる程度のものです。その後はがむしゃらに作業をすることが大事なので、月謝を払い続けるというのは無駄だと感じました。

確かに検索順位の変動や流行などによってやり方も微妙に変わることもありえますが、それは教えてもらわなくてもアフィリエイトの知識が付けば自分で調べることもできるようになっています。

したがって、江東区でアフィリエイトの塾を探すよりも、ノウハウが自分のペースで習得できる教材のほうが、コストも1回きりだし、自分で稼ぐ力もつきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの種類

アフィリエイトは商品やサービスを売りたい企業の代わりに広告宣伝を引き受けて、自身のブログやWEBサイトで紹介し、販売につながった分だけ報酬がもらえるということになっています。

細かくは企業とアフィリエイトする人との間にASP(広告代理店みたいなもの)が介在して、ASPのほうから報酬をもらうということになっています。

わかりやすく言えば、商品をたくさん売りたい企業とその広告を受け持つ代理店(ASP)があって、自分は広告代理店の下請け業者みたいなものと考えるとわかりやすいと思います。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの進め方にはいくつか方法があるのでご紹介しますね。

WEBメディア・ブログ運営タイプ

一番オーソドックスなやり方は自身でWEBサイトやブログを作って商品やサービスを案内する方法です。

誰でも知ってるライブドアブログやはてなブログ、アメーバブログなどの無料ブログで始めてもいいですし、自分でレンタルサーバーを借りてwordpressでブログを作るという感じです。レンタルサーバーは操作も簡単で、月500円くらいでレンタルできますし、wordpressのブログテンプレートも無料で使用できるということで、初期投資がほとんどいらないのがおわかりでしょう。

あとは、紹介したい商品を紹介するためにまとめた情報を記事にしてwebサイトを作っていきます。

例を挙げると、江東区の名産である「江東区おかき」というのを紹介する場合は、

「江東区おかきを実際に食べてみた感想」

「江東区出身者がこぞってお土産に持ってくる銘菓とは」

「江東区出身だから江東区おかきを家族で食べ倒した件」

「ギフトなら江東区名物のおかきをあげれば間違いない」

「江東区に生まれたからには江東区おかきを勧めない理由がない」

みたいな内容の記事を書いて江東区おかき公式サイトへ誘導します。

この方法で報酬が出るブログを作ることができれば、それが資産となり、何もしなくても継続的にお金が入るようになります。その上、同じようなブログを複数作ることができれば報酬は数倍になり、現在の月給を超えることも可能です。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使ったアフィリエイト

twitterやインスタで発言力があったらSNSの投稿で宣伝することもできます。

ただ、上の例のように江東区おかきを紹介する場合、フォロワーに購入意欲があるかどうかは、商品の種類やフォロワーの年代、性別などで変わってくるので売るのは難しいこともあります。

フォロワーが相当数いて、インフルエンサーくらい発言力があれば可能でしょうが、そういう人はアフィリエイト以外で稼いでいるはずでしょうね。

広告費を出す方法

広告でアフィリエイトというのは、ヤフーやフェイスブックなどの広告に広告費を出して商品を売る方法です。

他人の商品を広告費を使って宣伝するのは変な話なんですが、企業としては商品が売れればそれでいいので販売手段はなんでもいいのです。

しかし、企業自身がその商品の広告を出している場合は、広告費のつぶし合いになるため、アフィリエイトでネット広告を禁止している商品もあります。

検索順位を上げずともお金の力で強引に売るというのは簡単そうに思えますが、お金とマーケティング能力が相当必要になってきます。

アフィリエイトの知識が何もないのにいきなりお金をかけて広告を出すのはリスクが大きすぎるのはすぐわかりますよね。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!