1. TOP
  2. 関東
  3. 港区にアフィリエイト塾が?受けるデメリット|東京都

港区にアフィリエイト塾が?受けるデメリット|東京都

関東  

副業アフィリエイト

政府の働き方改革などで副業ができる会社が出てきたりして、労働者にメリットがあるのかないのか判断に困る状況になってきています。

残業が許されなくなり給与が減ったり、実績評価で給料が上がりにくくなっても、子供の大学の学費や住宅ローンの支払いなど出費は待ったなしです。

そうした社会状況で、足りない分を自分で稼ぐという結論を出すのは自然なことでしょう。その中でもアフィリエイトは初期コストが少ない副業の一つですから目の付け所は良いでしょう!

港区にアフィリエイト教室はあるの?

アフィリエイトの塾のようなところが港区にあるかは、このサイトに訪問した時点で「港区にはアフィリエイトを学ぶ場所は無い(も同然)」なんです。

その理由としてアフィリエイトは、特定のキーワードで検索した時に自社のHPなどを検索結果の上位に表示させること(SEO対策)で商品を売るというものだからです。

なので、アフィリエイトを教える塾が「港区 アフィリエイト」でネット検索した場合にサイトにたどり着けなかったら説得力がないですからね。

でもガッカリしなくてもいいんです。その理由はアフィリエイトは塾などに行かなくても以下のような教材だけで誰でも稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト教室のメリットデメリット

アフィリエイト塾や教室

かくいう私もアフィリエイトで副収入を稼いでいますが、最初はワードくらいしか触れないレベルだったのでアフィリエイトの塾がないか探しました。

運良く都市部に住んでたので、有名なアフィリエイト塾に通うことができました。

行ってみてわかったアフィリエイト教室のメリットは

  • 講師にすぐ質問できる
  • 家でもチャットなどで質問できる
  • 一緒に作業できる仲間ができて頑張れる
  • 稼いでいる人からの情報をもらえる

メリットを羅列すると「良さそう!」と感じる人もいると思いますが、それに頼ってしまう人はおそらく稼げません

実際に私は通ってみてはじめは行って良かったと思いましたが、稼げるようになり、よくよく考えてみると長く通う意味はないということを考えました。

なぜかといえば、仲間がいないとできないというのは言い訳だし、質問は最初こそありますが、知識が付くとネット検索で十分になります(質問は技術的なものが多くなるので)。

そして通い続けると収入が増えるかといえば、稼げない人もいるし、通う長さと報酬の上昇は関係ないという事実があります。同じ教室の生徒で12ヶ月以上も通っているのに月10,000円以下という人もいました(月謝分も稼げてない)。

良かったことといえば通うことでその時ばかりは作業に集中できるということくらいです。それも通うのは月2回だったのですごい役立ったとは言えません。

逆に、行ったからわかった教室に通うデメリットは、

  • 1年通うと考えるとコストが高い(月1万で年12万円)
  • ノウハウ自体は2〜3か月で理解できる(それ以上は必要ない)
  • メインは作業なので月謝を払うのが疑問
  • 教えてもらうことに依存してしまい自分で考えない

要するにアフィリエイトの基本は2か月もあれば十分に習得できる程度のものです。あとはただただ作業をするかのほうが大事なので、月謝を払い続けるというのは必要ないと思います。

確かに法改正や検索アルゴリズムの変化、売れ筋商品の変化によってやり方も微妙に変わることもありますが、それに関しては聞かなくともアフィリエイトの基本ができていたら言われなくても自分で調べるようになります。

ですから、港区でアフィリエイト教室を探すよりも、基礎をびっちり詰め込んだ教材で勉強するほうが、初期コストも少ないし、自分で稼ぐ力も養えます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの各種やり方

アフィリエイトはサービスを広めたい企業の代わりに広告宣伝を請け負い、ブログやWEBサイトで紹介し、そこで商品が売れたら報酬がもらえるという仕組みになります。

細かくは企業とアフィリエイトする人との間にASP(広告代理店みたいなもの)が介在して、ASPから報酬をもらうという仕組みです。

簡潔に言えば、商品をいっぱい売りたい企業とその広告を受け持つ代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者と考えるとわかりやすいと思います。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法にはいろいろタイプがありますので少しご紹介します。

WEBメディア・ブログ運営タイプ

一番ポピュラーなやり方は自身でWEBサイトやブログを作って商品サイトへ誘導するという方法です。

すでにあるアメブロやライブドアブログなどの無料ブログから始めてもいいですし、自分でサーバーをレンタルしてWEBサイトを作るというのが王道です。サーバーは月500円程度でレンタルできますし、wordpressのテンプレートも無料で使えるのが普通ですから、ランニングコストも少ないということがわかるでしょう。

そのあとは、宣伝したい商品を利用した乾燥などを記事にしてブログを更新していきます。

例えば港区の名産である「港区アイス」というのを宣伝するときは、

「港区アイスって食べてみたら美味しかった件」

「港区出身者がひた隠しにする教えたくない銘菓とは」

「港区出身だから港区アイスを家族で食べ倒した件」

「ギフトに最適な港区名物のアイスを知っているか」

「港区出身者歓喜!港区アイスがモンドセレクションを受賞」

というような内容の記事を書いて港区アイス公式サイトに送客します。

そして、ブログから報酬がでるようになれば、それが資産となり、何もしなくても継続的にお金が入るようになります。そして、そういったブログを複数作ることができれば報酬は数倍になり、現在の月給を超えることも可能です。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSで売る方法

自分がtwitterやインスタなどで発言力があったらSNSの投稿でアフィリエイトすることも可能です。

ですが、上記のように港区アイスを売る場合、フォロワーがそれを欲しがっているかどうかは、商材のジャンルやフォロワーの年齢層、性別などによっても違うので売るのは難しいでしょう。

フォロワーが相当数いて、インフルエンサーくらい発言力があれば可能かもしれませんが、そういう人はすでに他で稼いでいるはずでしょうね。

広告を出すアフィリエイト

広告でアフィリエイトというのは、ヤフーやフェイスブックなどの広告に広告費を出して商品を売る方法です。

自分が販売者でないのに広告費を出して宣伝するのはイレギュラーですが、企業としては商品販売が目的なので販売手段はなんでもいいのです。

しかし、企業自身がその商品の広告を出している場合は、広告費のつぶし合いになるため、アフィリエイトで広告出稿を禁じているものもあります。

検索結果に左右されずお金の力で強引に売るということで、労力は少ないですがたくさんのお金と広告のセンスが必要になってきます。

アフィリエイト初心者が大きなコストをかけて広告を出すことはリスクが超高いのは容易に想像できます。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!