1. TOP
  2. 関東
  3. 特別区部にアフィリエイト塾の存在?受講するメリットとは|東京都

特別区部にアフィリエイト塾の存在?受講するメリットとは|東京都

関東  

副業アフィリエイト

働き方改革や副業を認める企業が出てくるなど、労働者にメリットがあるのかないのかなかなか難しい情勢になってきています。

残業できなくなって残業手当が無くなったり、実績評価で給料が上がりにくくなっても、子供の大学の学費や住宅ローンの支払いなど出費は待ったなしです。

そうした社会状況で、収益源をもう一つ持つと考えるのは当たり前です。それにアフィリエイトは初期コストが少ない副業の一つだからいい選択肢だとおもいます。

アフィリエイト塾は特別区部にある?

特別区部にアフィリエイトを学べる場所があるかは、このホームページに来ている時点で「特別区部ではアフィリエイトを学べない(も同然)」と考えられます。

というのもアフィリエイトは、特定のキーワードでネット検索をかけたときに自分で作ったブログやWEBサイトを検索結果の上のほうに表示させるように対策することで商品の宣伝をするものだからです。

つまり、アフィリエイトを学べるという教室が「アフィリエイト 特別区部」で検索した場合に検索結果の上位にいなかったら説得力に欠けますよね。

でも落ち込むことはありません。というのもアフィリエイトは人に教えてもらわなくても以下のような教材だけで十分に稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アリフィエイトを教えてもらうメリット

アフィリエイト塾や教室

実は私はアフィエイトで副収入を得ていますが、最初は何も知識がなかったのでアフィリエイトを教えてもらえるところを探しました。

運良く都市部に住んでたので、某アフィリエイト教室に通うことができました。

通って感じたアフィリエイト教室のメリットは

  • 稼いでる人にすぐ質問できる
  • 家でもチャットなどで質問できる
  • 一緒に頑張れる仲間が見つかる
  • 稼いでいる人を間近で見て学べる

メリットだけみると「いいね!」と思いがちですが、それに頼ってしまう人はおそらく稼げません

実際にアフィリエイト教室に通ってみて上記のようなメリットを感じましたが、報酬が出るようになり、よく考えてみたら「長期的に通う」必要のないものだったと感じました。

そう感じたのは、仲間はtwitterやASPのイベントなどでも見つけられるし、疑問点もネット検索で解決できます(技術的な部分の疑問が多いので)。

また、長く通うほど稼げるかといえば、誰でも稼げるわけじゃないし、通う期間は関係ないという現実があります。実際に2年以上も通っているのに月の報酬が5,000円以下という人も(月謝分ギリギリチャラ)。

唯一役立ったのは通う時は作業に集中できるということくらいです。といっても月に数回なのでそこまで役立ったとは言えませんが。

逆に、行ったからこそ言えるアフィリエイトの教室に通うデメリットは、

  • 継続してコストがかかる(月謝1万で年12万円)
  • ノウハウは2〜3か月で体得できる(長期に行く必要ない)
  • メインは作業なので月謝は損した気分
  • 講師のやり方しか知らないまま進んでいく

要するにアフィリエイトの基本は2か月くらいで全部習得できる程度のものです。その後はがむしゃらに作業に打ち込むことのほうが大切なので、毎月お金を払う塾みたいなところは必要ないと思います。

確かに検索アルゴリズムが変わったり、流行などによってやり方も微妙に変わる状況もありますが、それは教えてもらわずともアフィリエイトの基本ができていたら自分で調べる力もついています。

したがって、特別区部でアフィリエイトの塾を探すよりも、ノウハウが自分のペースで習得できる教材のほうが、初期コストも少ないし、自分で稼ぐ力も養えます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの種類

アフィリエイトはサービスを広めたい企業の代わりに広告宣伝を引き受けて、自身のブログやWEBサイトで紹介し、そこで商品が売れたら報酬がもらえるという仕組みになります。

詳しく書くと企業と自分との間にASP(広告代理店的な感じ)が介在して、ASPのほうから報酬をもらうという仕組みになります。

わかりやすく言えば、商品をたくさん売りたい企業と広告を担当する代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者と考えればよくわかります。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法はいくつかタイプがありますので少しご紹介します。

WEBメディア・ブログ運営タイプ

一番メジャーで基本と言えるやり方は自身でWEBサイトやブログを作って商品やサービスを案内する方法です。

既存のアメブロやはてなブログ、ライブドアブログなどの無料ブログで始めてもいいですし、自分でサーバーをレンタルしてwordpressなどでブログを作るというのが基本です。レンタルサーバーは月500円〜レンタルできますし、wordpressのテンプレートも無料で使えるものがありますから、初期投資がほとんどいらないのがおわかりでしょう。

あとは、宣伝したいサービスに関する情報をまとめたものを記事にしてwebサイトを作っていきます。

例えば特別区部の名物である「特別区部クッキー」という商品を宣伝するなら、

「特別区部クッキーを1つ食べたら病みつきになってしまった」

「特別区部出身者だけが知っている超うまいお菓子とは」

「特別区部出身だから特別区部クッキーを家族で食べ倒した件」

「ギフトにぴったりな特別区部名物のクッキーが美味すぎる」

「特別区部生まれの特別区部クッキーがついにあの賞を取った!」

といった感じで記事を書いて特別区部クッキー公式サイトのリンクを貼って誘導します。

そして、報酬が出るブログができてしまえば、それが資産となり、何もしなくても継続的にお金が入るようになります。さらに、そのようなブログをたくさん運営できれば報酬はどんどん増えて、今貰っている月収を超えることも夢ではありません。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSで売る方法

自分のインスタやtwitterで発言力があったらSNSの投稿で宣伝することも可能です。

ですが、上記のように特別区部クッキーを売る場合、フォロワーに購入意欲があるかどうかは、商品の種類やフォロワーの年齢、性別などによって変わるので売るのは難しいかもしれません。

フォロワーが相当数いて、インフルエンサーくらい発言力があれば可能ですが、そういう人はアフィリエイトに頼らずとも稼げるんじゃないでしょうか。

広告出稿型

広告を出すというのは、facebookやヤフーの広告に広告費を出して商品を売る方法です。

自分の商品ではないものにお金を出して宣伝するのは変な話なんですが、企業としては商品販売が目的なので利害関係は一致しています。

ただし、企業もネット広告を出稿している場合は、広告を出し合う状況になるため、ネット広告でアフィリエイト商材の紹介を禁止しているところもあります。

検索順位を上げなくても広告費を使って売るということで、労力は少ないですがお金とマーケティング能力が相当必要になってきます。

アフィリエイトが初めてなのに大きな投資でネット広告を出すのはリスクがありすぎるのは誰でもわかることです。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!