1. TOP
  2. 関東
  3. 目黒区にアフィリエイト塾あるの?行くメリットとは|東京都

目黒区にアフィリエイト塾あるの?行くメリットとは|東京都

関東  

副業アフィリエイト

働き方改革や副業を認める企業が出てきたりして、働き手にメリットが本当にあるのかなかなか難しい情勢になってきています。

残業できなくなって残業手当が無くなったり、実績評価で給料が上がりにくくなっても、子供の大学の学費や住宅ローンの支払いなど入るお金より出ていくほうが多いです。

そういった状況で、副収入で収入の柱を増やすと考えるのは至極当然です。そのなかでもアフィリエイトは無料で始められる副業ですからリスクがありません。

アフィリエイト塾は目黒区にある?

目黒区にアフィリエイトを学べる場所があるかは、このサイトに訪問した時点で「目黒区にアフィリエイトの塾は無い(も同然)」と言えると思います。

なぜかと言えば、アフィリエイトは特定のキーワードでネット検索をかけたときにブログやサイトを検索結果からアクセスを集めることで商品を売ったりするものだからです。

なので、アフィリエイトを教える塾が「アフィリエイト 目黒区」で検索した場合に検索結果から見つけられなかったら説得力に欠けますよね。

でも落ち込むことはありません。なぜかと言えば、アフィリエイトは教室などで学ばなくても以下のような優秀な教材があれば稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト学校に行くメリット・デメリット

アフィリエイト塾や教室

かくいう私もアフィリエイトを副業にしていますが、最初はwordpressって何?ってレベルだったのでアフィリエイトを教えてくれる場所を探しました。

運良く都心に住んでいたので、某アフィリエイト教室に行くことが叶いました。

1年通って感じたメリットは

  • 直接先生にすぐ質問できる
  • 家でもチャットなどで質問できる
  • 同じ目標を持った人と交流できる
  • 稼いでいる人同士でアドバイスがもらえる

メリットだけみると「いいね!」と思いがちですが、それに頼ってしまう人はおそらく稼げません

事実私もアフィリエイト塾に通ってみて上記のようなメリットを感じましたが、知識も身につき稼げるようになった時に、「長期的に通う」必要のないものだったと感じました。

というのも、仲間がいないとできないというのは言い訳だし、質問は最初こそありますが、知識が付くとネット検索で十分になります(質問は技術的なものが多くなるので)。

そして何より長く通えば稼げるかと言えば、全員が稼げないし、報酬は増え続けるわけでもないという事実があります。実際に2年以上も通っているのに月の報酬が5,000円以下という人も(月謝分チャラですね)。

唯一良かったのは通うことでその時ばかりは作業に熱中できるということくらいです。それも通うのは月2回だったのですごい役立ったとは言えません。

逆に、行ったことで感じた教室に通うデメリットは、

  • 毎月の支出が痛い(月1万で年12万円)
  • ノウハウは2〜3か月で体得できる(長期に行く必要ない)
  • メインは作業になると月謝のコストが痛い
  • 講師のやり方しか知らないまま進んでいく

アフィリエイトに必要なノウハウは2か月勉強すれば習得できる程度のものです。あとはただただ作業をするかのほうが大切ですから、月謝を長く払い続けるのは無駄かもしれません。

確かに法改正や検索アルゴリズムの変化、流行などによってやり方も微妙にずれていくこともありますが、それに関しては聞かなくともアフィリエイトの基本ができていたら自分で調べることもできるようになっています。

ということで、目黒区でアフィリエイト教室を探すよりも、ノウハウがしっかりと詰め込まれた教材で始めるほうが、初期費用が少なく済むし、自分で稼ぐ能力もつきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトのいろんなやり方

アフィリエイトはサービスを広めたい企業の代わりに宣伝役を引き受けて、自分のブログやWEBサイトで紹介し、販売につながった分だけ報酬がもらえるというシステムになっています。

細かくは企業とアフィリエイトする人との間にASP(広告代理店みたいなもの)が入って、ASP経由で報酬をもらうという仕組みになります。

簡単に言うと、サービスを売りたい企業とその広告を請け負う代理店(ASP)があって、私たちは広告代理店の下請け業者の集まりと考えるとわかりやすいと思います。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

また、アフィリエイトのやり方にはいろいろ方法がありますので簡単にご紹介します。

WEBサイト・ブログで紹介型

多くの人が実践しているやり方は自身でWEBサイトやブログを作って商品やサービスを案内する方法です。

既存のアメブロやはてなブログ、ライブドアブログなどの無料のブログだって使えるし、自分でサーバーをレンタルしてWEBサイトを作るという方法になります。サーバーは月500円程度でレンタルできますし、wordpressのブログテンプレートも無料で使えるということで、初期投資がほとんどいらないのがおわかりでしょう。

そのあとは、宣伝したい商品を実際に使ってみた感想などを記事にしてブログを更新していきます。

例えば目黒区の名物である「目黒区クッキー」という商品を紹介する場合は、

「目黒区クッキーを1つ食べたら病みつきになってしまった」

「目黒区出身者がひた隠しにする教えたくない銘菓とは」

「目黒区出身として目黒区クッキーを家族に紹介しないわけにはいかない」

「ギフトにぴったりな目黒区名物のクッキーが美味すぎる」

「目黒区出身者歓喜!目黒区クッキーがモンドセレクションを受賞」

といった内容の記事を執筆して目黒区クッキー公式サイトに送客します。

そして、ブログから報酬がでるようになれば、それが資産となり、何もしなくても継続的にお金が入るようになります。そして、それをいくつか運営することで報酬はどんどん増えて、今の給料を上回るのも夢ではありません。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使った方法

自分が持っているツイッターアカウントなどでフォロワーが多い場合にはSNSへの投稿でアフィリエイトすることも可能です。

しかし、先ほどのような目黒区クッキーを売る場合、フォロワーがそれを欲しがっているかどうかは、商品の種類やフォロワーの年齢、性別などにもよるので売るのは難しいでしょう。

相当フォロワー数がいて、インフルエンサー的な立ち位置にいるなら可能ですが、そういう人はアフィリエイトに頼らずとも稼いでいると思いますが。

広告費を出す方法

広告を出すというのは、facebookやヤフーの広告に広告費を使って商品宣伝するアフィリエイトです。

他人の商品を広告費を使って宣伝するのはイレギュラーですが、企業としては商品販売が目的なのでお互いウィンウィンの関係となります。

しかし、企業自身がその商品の広告を出している場合は、広告で競争になってしまうので、アフィリエイトで広告出稿を禁じているものもあります。

検索結果に左右されずお金の力で強引に売るということで、時間こそかかりませんが、大きなコストと広告のセンスやマーケティング能力が必要になります。

アフィリエイト初心者が大きなコストをかけて広告を出すことはリスクがありすぎるのは誰でもわかることです。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!