1. TOP
  2. 関東
  3. 羽村市にアフィリエイト塾が?受けるデメリット|東京都

羽村市にアフィリエイト塾が?受けるデメリット|東京都

関東  

副業アフィリエイト

政府の働き方改革などで副業ができる会社が出てくるなど、労働者にとっては良いのか悪いのか困惑している人も多いことでしょう。

残業できなくなって残業手当が無くなったり、会社の出し惜しみで給与やボーナスが減ったとしても、マンションのローンや子供の学費など出費は待ったなしです。

だからこそ、自らでお金を稼ぐ方法を得るという結論を出すのは自然なことでしょう。その中でもアフィリエイトは初期費用がかからない副業だからいい選択肢だとおもいます。

羽村市にアフィリエイト教室はあるの?

アフィリエイトの塾のようなところが羽村市にあるかは、このページを読んでいる時点で「羽村市にアフィリエイト教室は存在しない(も同然)」でしょう。

というのもアフィリエイトは、特定のキーワードを入れて検索した時に自分で作ったブログやWEBサイトを検索結果の上のほうに表示させるように対策することで商品を売るというものだからです。

ということは、アフィリエイトを教えるところが「アフィリエイト 羽村市」で検索した時に上位表示されていなかったら説得力がありません。

でも悲観することはありません。なぜかと言えば、アフィリエイトは教室などで学ばなくても以下のような教材だけでノウハウは十分に得られるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アリフィエイトを教えてもらうメリット

アフィリエイト塾や教室

実は私もアフィリエイトによって収入を得ていますが、最初はワードくらいしか触れないレベルだったのでアフィリエイトの先生がいないか探しました。

運良く都会に住んでいたので、とある教室に行くことができたのです。

行ってみてわかったアフィリエイト教室のメリットは

  • 稼いでる人にすぐ質問できる
  • 24時間いつでもチャットなどで質問できる
  • 一緒に作業できる仲間ができて頑張れる
  • 稼いでいる人からの情報をもらえる

メリットを羅列すると「良さそう!」と思いがちですが、それに頼ってしまう人はおそらく稼げません

事実私も通ってみて最初はメリットを享受しましたが、ノウハウを得て報酬が出だす頃には、月謝を払い続ける必要のないことを理解しました。

なぜかといえば、仲間がいないと頑張れない人はそれを言い訳にしているだけだし、質問は最初こそありますが、知識が付くとネット検索で十分になります(疑問はツールの使い方とかが多いし)。

そして何より長く通えば稼げるかと言えば、期間と報酬は比例しないし、稼げない人もいたという事実があります。実際問題1年半以上も通っているのに月8,000円以下という人も(月謝分チャラですね)。

唯一役立ったのは教室に行くときは嫌でも作業に没頭することができるというくらいです。といっても通うのは週一だったので月謝分役立ったとは言えません。

逆に、行ったことで感じたアフィリエイトの教室に通うデメリットは、

  • 毎月お金がかかりトータルコストが高い(月1万で年12万円)
  • 知識は2〜3か月で習得できる(長く通う必要ない)
  • メインは作業なので月謝は損した気分
  • 教えてもらうばかりだと自分で情報収集しなくなる

結局アフィリエイトに必要な知識は2か月勉強すれば習得できる程度なんです。あとは必死に作業できるかのほうが大事なので、月謝を払い続けるというのは無駄だと感じました。

確かに検索結果が変動したり、売れ筋商品の変化によってやり方も微妙に変わることもありますが、それに関しては聞かなくともアフィリエイトの知識が付けばおのずと自分で調べるようになります。

したがって、羽村市でアフィリエイトの塾を探すよりも、ノウハウが自分のペースで習得できる教材のほうが、初期費用が少なく済むし、自分で稼ぐ能力もつきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの各種やり方

アフィリエイトは商品やサービスを売りたい企業の代わりに宣伝役を引き受けて、自分のブログやWEBサイトで紹介し、商品を売った分だけ報酬がもらえるという仕組みになります。

細かくは企業とアフィリエイトする人との間にASP(広告代理店みたいなもの)が仲介する形で、ASPを通して報酬をもらうというシステムになっています。

わかりやすく言えば、商品をたくさん売りたい企業と広告を担当する代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者と考えるとわかりやすいと思います。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトのやり方はいくつかの方法がありますので少しご紹介します。

WEBメディア・ブログ運営タイプ

一番オーソドックスなやり方は自身でWEBサイトやブログを作って商品を宣伝するという方法です。

簡単に使えるはてなブログやアメーバブログ、ライブドアブログなどの無料のブログでも良いですし、自分でレンタルサーバーを借りてwordpressでブログを作るという感じです。サーバーは高そうなイメージですが、月500円からレンタルできますし、wordpressのブログテンプレートも無料で使えるものがありますから、初期投資がほとんどいらないのがおわかりでしょう。

そのあとは、宣伝したい商品に関する情報をまとめたものを記事にしてブログを更新していきます。

例えば羽村市の名物である「羽村市餅」という商品を宣伝するなら、

「羽村市餅を実際に食べてみた感想」

「羽村市出身者がこぞってお土産に持ってくる銘菓とは」

「羽村市出身として羽村市餅を家族に紹介しないわけにはいかない」

「贈り物に最適!羽村市名物の餅は誰もがハマる美味さ」

「羽村市に生まれてよかった!羽村市餅がない人生はつまらん」

といった感じで記事を更新して羽村市餅公式サイトへ誘導します。

こうして報酬の上がるブログが作れれば、それが資産となりそれ以上記事を書かなくても報酬が入るようになります。さらに、そのようなブログをたくさん運営できれば報酬はどんどん増えて、今の給料を超えることも夢ではありません。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使ったやり方

twitterやインスタで発言力があったらSNSの投稿でアフィリエイトすることも可能です。

ただし、上の例のように羽村市餅を売る場合、フォロワーに購入意欲があるかどうかは、商品の種類やフォロワーの年齢、性別などによっても違うので売るのは難しいでしょう。

フォロワーが相当数いて、インフルエンサーくらい発言力があれば可能でしょうが、そういう人はアフィリエイト以外で稼げるんじゃないでしょうか。

広告出稿型アフィリエイト

広告を出すというのは、facebookやヤフーの広告に広告費を使って商品を紹介する方法です。

自分の商品じゃないものをお金を出して広告するのは変な話なんですが、企業としては商品販売が目的なのでとくに問題はありません。

しかし、企業自身がその商品の広告を出している場合は、広告を出し合う状況になるため、ネット広告の使用を禁止している商品もあります。

検索結果に左右されずお金の力で強引に売るというのは労力こそ少ないですが、潤沢な投資とマーケティング能力が必須になってきます。

アフィリエイトが初めてなのに大きな投資でネット広告を出すのはリスクが高すぎるのは想像に難くありません。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!