1. TOP
  2. 関東
  3. 高座郡にアフィリエイト塾が?受けるメリットとは|神奈川県

高座郡にアフィリエイト塾が?受けるメリットとは|神奈川県

関東  

副業アフィリエイト

鳴り物入りの働き改革によって副業が可能な会社が出現するなど、労働者にとっては良いのか悪いのかなかなか難しい情勢になってきています。

残業NGになり残業代が減ったり、不況による賃金上昇が見込めなくなったりしても、子供の大学の学費や住宅ローンの支払いなど支払いは待ってくれません。

そこで、足りない分を自分で稼ぐという選択肢を持つのは当然です。そしてアフィリエイトは初期費用がかからない副業なのでいいところをついていますよ!

高座郡にアフィリエイト教室はあるの?

アフィリエイト教室が高座郡にあるかは、このWEBサイトを見ている時点で「高座郡にアフィリエイトの塾は無い(も同然)」と言えると思います。

というのもアフィリエイトは、特定の単語(キーワード)で検索した時にブログやサイトを検索結果からアクセスを集めることで商品の宣伝をするものだからです。

つまり、アフィリエイトを学べるという教室が「アフィリエイト 高座郡」でネット検索した時にアクセスを集められなかったら説得力がないですからね。

でも悲観することはありません。というのもアフィリエイトは教室に行かなくても以下のような教材だけで誰でも稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト塾に通うメリット・デメリット

アフィリエイト塾や教室

かくいう私もアフィリエイトで副収入を稼いでいますが、最初はブログも書く知識すらなかったのでアフィリエイトの先生がいないか探しました。

幸い都会に住んでいたために、有名なアフィリエイト塾に行くことができたのです。

通って感じたアフィリエイト教室のメリットは

  • 先生にすぐ質問できる
  • 家でもチャットなどで質問できる
  • 同じ目標を持った人と交流できる
  • 稼いでいる人を間近で見て学べる

メリットを羅列すると「良さそう!」と思うんですが、これが良いと思ってる時はおそらく稼げません

事実私も通ってみてはじめは行って良かったと思いましたが、報酬が出るようになり、よく考えてみたら通う必要性がだんだんなくなってきました。

その理由は、仲間はtwitterやASPのイベントなどでも見つけられるし、質問もネット検索で済む場合も多いです(たいていは技術的なことだから)。

また、長く通うほど稼げるかといえば、全員が稼げるようになったわけではないという現実があります。仲間で3年以上も通っているのに月の報酬が5,000円以下という人も(月謝分ギリギリチャラ)。

唯一良かったのは通うことでその時ばかりは作業に没頭することができるというくらいです。でもそれも月に数回だからすごい役立ったとは言えませんが。

逆に、私が思うアフィリエイト塾に通うデメリットは、

  • 継続してコストがかかる(月謝1万で年12万円)
  • ノウハウ自体は2〜3か月で理解できる(それ以上は必要ない)
  • メインは作業なので月謝を払うのが疑問
  • 教えてもらうことに慣れて自分で稼ぐ力がつかない

結局アフィリエイトのノウハウは2〜3か月もあれば誰でも習得できる程度のものです。その後はがむしゃらに作業に打ち込むことのほうが大事ですから、月謝で毎月お金を払うというのはいらないと感じました。

確かに検索順位の変動や流行り廃りなどによってノウハウも微妙に変わることもありますが、それは教えてもらわなくてもアフィリエイトの知識が付けば自分で調べられるようになっています。

なので、高座郡でアフィリエイト教室を探すよりも、ノウハウが自分のペースで習得できる教材のほうが、コストも1回きりだし、自分で稼ぐ力もつきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法

アフィリエイトは商品を宣伝したい企業に代わって広告の役割を引き受けて、自身のホームページやブログで紹介し、商品を売った分だけ報酬がもらえるという仕組みになります。

細かくは企業とアフィリエイトする人との間にASP(広告代理店みたいなもの)が入って、企業ではなくASPから報酬をもらうというシステムになっています。

わかりやすく言えば、商品をたくさん売りたい企業とその広告を請け負う代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者とイメージするととわかりやすいです。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトのやり方はいくつかの方法があるのでご紹介します。

WEBメディア・ブログ運営タイプ

一番オーソドックスなやり方は自身でWEBサイトやブログを作って商品サイトへ誘導するという方法です。

簡単に使えるはてなブログやアメーバブログ、ライブドアブログなどの無料のブログでも良いですし、自分でサーバーを借りてWEBサイトを作るという方法になります。サーバーは高そうなイメージですが、月500円からレンタルできますし、wordpressのブログテンプレートも無料で使用できるということで、初期コストがほとんどないことがわかると思います。

そのあとは、宣伝したい商品に関する情報をまとめたものを記事にしてブログを作っていきます。

例えば高座郡の名物である「高座郡ワッフル」というのを宣伝する場合は、

「高座郡ワッフルって食べてみたら美味しかった件」

「高座郡出身者がひた隠しにする教えたくない銘菓とは」

「高座郡出身としては高座郡ワッフルを家族に勧めないわけにはいかない」

「ギフトに高座郡名物のワッフルを贈らないなんてどうかしてる」

「高座郡出身者歓喜!高座郡ワッフルがモンドセレクションを受賞」

といった内容の記事を書いて高座郡ワッフル公式サイトのリンクを貼って誘導します。

そして、報酬が出るブログができてしまえば、それが資産となりそれ以上記事を書かなくても報酬が入るようになります。その上、同じようなブログを複数作ることで報酬は倍々になり、今貰っている月収を超えることだって可能です。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使ったやり方

自分のインスタやtwitterで発言力があったらSNSの投稿で商品を紹介することもできます。

ただ、上の例のように高座郡ワッフルを紹介する場合、フォロワーがそれを欲しがっているかどうかは、商材の種類やフォロワーの世代、性別などによって変わるので売るのは難しいかもしれません。

フォロワーが相当数いて、インフルエンサーくらい発言力があれば可能でしょうが、そういう人はアフィリエイト以外で稼いでいるでしょうけど。

広告を出すアフィリエイト

広告でアフィリエイトというのは、ヤフーやフェイスブックなどの広告に広告費を使って商品を紹介する方法です。

自分の商品ではないものにお金を出して宣伝するというのはおかしいですが、企業は商品が売れればOKなのでとくに問題はありません。

しかし、企業自身がその商品の広告を出している場合は、広告で競争になってしまうので、アフィリエイトでネット広告を禁止している商品もあります。

検索結果に左右されず広告費で強引に売るというのは簡単そうに思えますが、大きなコストと広告のセンスやマーケティング能力が必要になります。

アフィリエイトの知識なしに多額のお金をかけて広告を出稿するのはリスクがありすぎるのは誰でもわかることです。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!