1. TOP
  2. 近畿
  3. 伊勢市にアフィリエイト塾はある?受けるメリットとは|三重県

伊勢市にアフィリエイト塾はある?受けるメリットとは|三重県

近畿  

副業アフィリエイト

鳴り物入りの働き改革によって副業が可能な会社が現れたりして、働き手にメリットが本当にあるのかなかなか難しい情勢になってきています。

残業が許されなくなり給与が減ったり、会社の出し惜しみで給与やボーナスが減ったとしても、子供の大学の学費や住宅ローンの支払いなど入るお金より出ていくほうが多いです。

そうした社会状況で、収益源をもう一つ持つと考えるのは自然なことでしょう。その中でもアフィリエイトは初期投資が少なくできる副業の一つだからいい選択肢だとおもいます。

伊勢市にアフィリエイトの塾はあるの?

伊勢市にアフィリエイト教室があるかどうかは、このWEBサイトを見ている時点で「伊勢市にアフィリエイトの塾は無い(も同然)」と言えると思います。

なぜかと言えば、アフィリエイトは特定のキーワードで検索した時に自分で作ったサイトにお客さんを集める(アクセスを集める)ことで商品の宣伝をするものだからです。

なので、アフィリエイトを教える塾が「アフィリエイト 伊勢市」で検索した時に検索結果から見つけられなかったら、本当に教えれるの?って感じです。

でも落胆することはありません。というのもアフィリエイトは人に教えてもらわなくても以下のような教材だけで誰でも稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト塾に通うメリット・デメリット

アフィリエイト塾や教室

何を隠そう私もアフィリエイトで報酬を得ていますが、最初はwordpressって何?ってレベルだったのでアフィリエイトを教えてもらえるところを探しました。

運良く都心に住んでいたので、とある教室に通学することができました。

そこで感じたアフィリエイト教室のメリットは、

  • 対面ですぐ質問できる
  • 時間外でもチャットなどで質問できる
  • 一緒に作業できる仲間ができて頑張れる
  • 稼いでいる人からの情報をもらえる

メリットを見ると「いいかも!」と思いがちですが、これが良いと思ってる時はおそらく稼げません

事実私もアフィリエイト塾に通ってみて上記のようなメリットを感じましたが、報酬が出るようになり、よく考えてみたら通う必要性がだんだんなくなってきました。

そう感じたのは、仲間がいることで頑張れるのは最初だけだし、質問は最初こそありますが、知識が付くとネット検索で十分になります(質問は技術的なものが多くなるので)。

また、長く通うほど稼げるかといえば、稼げない人もいるし、通う長さと報酬の上昇は関係ないという現実がありました。実際1年以上も通っているのに月3,000円以下という人もいました(月謝分を稼いでるだけ)。

唯一良かったのは通う日だけは作業にはげめるというくらいです。といっても月に数回なので実際はあまり役立ってるとは言えませんね。

逆に、通った私が思うアフィリエイト塾に通うデメリットは、

  • 毎月の支出が痛い(月1万で年12万円)
  • ノウハウは2〜3か月で体得できる(長期に行く必要ない)
  • 半年も経つと作業だけに月謝を払うことになる
  • 教えてもらうことに慣れて自分で稼ぐ力がつかない

結局アフィリエイトに必要な知識は2〜3か月もあれば誰でも習得できる程度のものです。その後はがむしゃらに作業に打ち込むことのほうが大切なので、毎月お金を払う塾みたいなところは無駄かもしれません。

確かに検索結果が変動したり、トレンドなどによってアプローチ方法も微妙に変わることもありますが、それに関しては聞かなくともアフィリエイトの基本が身に付いたら自分で調べられるようになっています。

したがって、伊勢市でアフィリエイトの塾を探すよりも、基礎をびっちり詰め込んだ教材で勉強するほうが、初期コストがかからないし、自分で稼ぐ力も得られます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの種類

アフィリエイトはサービスを広めたい企業の代わりに広報的な役割を引き受けて、自身のWEBサイトやブログで紹介し、売れれば売れた分だけ報酬がもらえるという仕組みになります。

細かく言えば、企業と自分との間にASP(広告代理店みたいなもの)が入って、企業ではなくASPから報酬をもらうというシステムです。

要約すると、商品を売りたい企業と広告を担う代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者と思うとわかりやすいと思います。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトのやり方はいくつかの方法があるのでご紹介します。

WEBサイト・ブログ運営型

一番メジャーで基本と言えるやり方は自身でWEBサイトやブログを作って商品サイトへ誘導するという方法です。

誰でも知ってるライブドアブログやはてなブログ、アメーバブログなどの無料ブログで始めてもいいですし、自分でレンタルサーバーを借りてホームページを作るという方法になります。サーバーは高そうなイメージですが、月500円からレンタルできますし、wordpressも無料で使えるものがあるので、初期投資がほとんどいらないのがおわかりでしょう。

そして、宣伝したい商品に関する情報をまとめたものを記事に起こしていきます。

例を挙げると、伊勢市の名産である「伊勢市クレープ」というのを紹介する場合は、

「伊勢市クレープを食べてみた素直な感想」

「伊勢市出身者だけが知っている超うまいお菓子とは」

「伊勢市出身としては伊勢市クレープを家族に勧めないわけにはいかない」

「ギフトに最適な伊勢市名物のクレープを知っているか」

「伊勢市生まれの伊勢市クレープがついにあの賞を取った!」

みたいな内容の記事を更新して伊勢市クレープ公式サイトへ誘導します。

そして、ブログから報酬がでるようになれば、それが資産となり、何もしなくても継続的にお金が入るようになります。その上、同じようなブログを複数運営することで報酬はどんどん増えて、今の給料を上回るのも夢ではありません。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使ったアフィリエイト

自分がtwitterやインスタグラムなどで発言力があったらSNSの投稿で宣伝することも可能です。

ただし、上の例のように伊勢市クレープを売る場合、フォロワーがそれを欲しがっているかどうかは、商材のジャンルやフォロワーの年齢層、性別などにもよるので売るのは難しいでしょう。

数万人規模のフォロワーがいて、影響力があるのであれば可能ですが、そういう人はアフィリエイトに頼らずとも稼いでいるはずでしょうね。

広告出稿型アフィリエイト

広告を出すというのは、facebookやヤフーの広告に広告費を投じて商品を宣伝する方法です。

自分の商品じゃないものをお金を出して広告するのは変な話なんですが、企業としてはどんな形でも売れればいいので利害関係は一致しています。

しかし、企業自身がその商品の広告を出している場合は、広告を出し合う状況になるため、ネット広告の使用を禁止している商品もあります。

検索結果に左右されず広告費で強引に売るというのは簡単そうに思えますが、大きなコストと広告のセンスやマーケティング能力が必要になります。

アフィリエイトの知識なしに多額のお金をかけて広告を出稿するのはリスクが高すぎるのは想像に難くありません。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!