1. TOP
  2. 近畿
  3. 吉野郡にアフィリエイト塾が?通うメリットって|奈良県

吉野郡にアフィリエイト塾が?通うメリットって|奈良県

近畿  

副業アフィリエイト

鳴り物入りの働き改革によって副業が可能な会社が現れたりして、サラリーマンにとって良いことなのか悪いことなのかなかなか難しい情勢になってきています。

残業が許されなくなり給与が減ったり、実績評価で給料が上がりにくくなっても、子供の高額な授業料や家のローンなど出費はかさむばかりです。

そういった状況で、副収入で収入の柱を増やすという答えを導き出すのは賢いことです。それにアフィリエイトは初期コストが少ない副業の一つなのでいいところをついていますよ!

アフィリエイト教室は吉野郡にある?

アフィリエイトの塾のようなところが吉野郡にあるかは、このサイトに訪問した時点で「吉野郡ではアフィリエイトを学べない(も同然)」と考えられます。

というのもアフィリエイトは、特定のキーワードで検索した時に自分で作ったブログやWEBサイトを検索結果の上のほうに表示させるように対策することで商品を売ったりするものだからです。

ということは、アフィリエイトを教えるところが「アフィリエイト 吉野郡」でネット検索した時に検索結果から見つけられなかったら説得力に欠けますよね。

でもガッカリしなくてもいいんです。なぜならアフィリエイトは教室に通わなくても以下のような優秀な教材があれば稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト教室のメリットとデメリット

アフィリエイト塾や教室

何を隠そう私もアフィリエイトで報酬を得ていますが、最初はブログも書く知識すらなかったのでアフィリエイトを教えてもらえるところを探しました。

幸い都会に住んでいたために、ある有名な教室に通うことができました。

1年間行ってみてよかった点は

  • 直接先生にすぐ質問できる
  • 講義がない時でもチャットなどで質問できる
  • 同じ目標を持った人と交流できる
  • 稼いでいる人同士でアドバイスがもらえる

メリットだけみると「いいね!」と思いがちですが、これが必要な人っておそらく稼げません

実際に私は通ってみて上記のようなメリットを感じましたが、知識も身につき稼げるようになった時に、「長期的に通う」必要のないものだったと感じました。

その理由は、仲間がいないとできないというのは言い訳だし、質問は最初こそありますが、知識が付くとネット検索で十分になります(質問は技術的なものが多くなるので)。

さらに通えば誰でも稼げるかといえば、全員が稼げるようになったわけではないという事実を目の当たりにしました。同じ教室の生徒で12ヶ月以上も通っているのに月8,000円以下という人も(月謝分を稼いでるだけ)。

良かったことといえば通う時は作業に没頭することができるというくらいです。でもそれも月に数回だからそこまで役立ったとは言えません。

逆に、行ったからこそ言える教室に通うデメリットは、

  • 継続してコストがかかる(月謝1万で年12万円)
  • 知識は2〜3か月で習得できる(長く通う必要ない)
  • 半年も経つと作業だけに月謝を払うことになる
  • 教えてもらうことに慣れて自分で稼ぐ力がつかない

つまるところアフィリエイトの基本知識は3か月もあれば十分に習得できる程度のものです。あとはひたすら作業に打ち込むことのほうが大切ですから、月謝を長く払い続けるのは必要ないと思います。

確かに検索アルゴリズムが変わったり、売れ筋商品の変化によってやり方も微妙にずれていくこともありますが、それは教えを請わなくてもアフィリエイトをやりだしたら自分で調べる力もついています。

なので、吉野郡でアフィリエイト教室を探すよりも、ノウハウが自分のペースで習得できる教材のほうが、初期コストがかからないし、自分で稼ぐ力も得られます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの種類

アフィリエイトは商品やサービスを売りたい企業の代わりに広報的な役割を引き受けて、自身のWEBサイトやブログで紹介し、そこで商品が売れたら報酬がもらえるという仕組みになります。

実際には企業と個人との間にASP(広告代理店のようなもの)が仲介する形で、ASPを通して報酬をもらうという仕組みです。

簡単に言うと、サービスを売りたい企業と広告を担当する代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者と考えればよくわかります。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

また、アフィリエイトのやり方にはいろいろ方法があるのでご紹介しますね。

WEBサイト・ブログ運営型

一番ポピュラーなやり方はブログやWEBメディアを持って商品やサービスを案内する方法です。

既存のアメブロやはてなブログ、ライブドアブログなどの無料ブログを使ってもいいですし、自分でサーバーをレンタルしてWEBサイトを作るというのが基本です。レンタルサーバーは操作も簡単で、月500円くらいでレンタルできますし、wordpressのブログテンプレートも無料で使えるのが普通ですから、初期費用がほぼゼロから始められることがおわかりでしょう。

そのあとは、宣伝したい商品を紹介するためにまとめた情報を記事にしてwebサイトを作っていきます。

例を挙げると、吉野郡の名産である「吉野郡アイス」というのを紹介する場合は、

「吉野郡アイスを1つ食べたら病みつきになってしまった」

「吉野郡出身者だけが知っている超うまいお菓子とは」

「吉野郡出身として吉野郡アイスを家族に紹介しないわけにはいかない」

「贈り物に最適!吉野郡名物のアイスは誰もがハマる美味さ」

「吉野郡生まれの吉野郡アイスがついにあの賞を取った!」

という感じで記事を書いて吉野郡アイス公式サイトに来訪者を誘導します。

この方法で報酬が出るブログを作ることができれば、それが資産となり、何もしなくても継続的にお金が入るようになります。さらに、そのようなブログをたくさん作成すると報酬は足し算式に増えて、現在の月給を超えることも可能です。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使ったやり方

twitterやインスタで発言力がある場合にはそれらの投稿で宣伝することも可能です。

しかし、先ほどのような吉野郡アイスを売る場合、フォロワーに購入意欲があるかどうかは、商品ジャンルやフォロワーの年齢、性別などにもよるので売るのは難しいでしょう。

フォロワー数が相当いて、インフルエンサーのような状態なら可能でしょうが、そういう人はアフィリエイト以外で稼いでいるでしょうけど。

広告を出すアフィリエイト

広告でアフィリエイトというのは、ヤフーやフェイスブックなどの広告に広告費を投じて商品を宣伝する方法です。

自分の商品ではないものにお金を出して宣伝するというのは変ですが、企業は商品が売れさえすればいいので販売手段はなんでもいいのです。

ただし、企業もネット広告を出稿している場合は、広告費のつぶし合いになるため、ネット広告の使用を禁止している商品もあります。

検索結果に左右されず広告費で強引に売るというのは近道ですが、大きなコストと広告のセンスやマーケティング能力が必要になります。

アフィリエイトが初めてなのに大きな投資でネット広告を出すのはリスクが高すぎるのは想像に難くありません。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!