1. TOP
  2. 近畿
  3. 堺市にアフィリエイト塾あるの?学ぶメリットとは|大阪府

堺市にアフィリエイト塾あるの?学ぶメリットとは|大阪府

近畿  

副業アフィリエイト

副業が認められる企業が現れたりして、会社員には良い状況なのか悪い状況なのか判断に困る状況になってきています。

残業禁止で残業代に期待できなくなったり、会社の出し惜しみで給与やボーナスが減ったとしても、マイホームのローンや子供の教育費など出費はかさむばかりです。

そういった状況で、副収入で収入の柱を増やすという結論を出すのは至極当然です。そのなかでもアフィリエイトはお金がほとんどかからない副業のひとつなのでいいところをついていますよ!

堺市にアフィリエイト教室はあるの?

堺市にアフィリエイトを学べる場所があるかは、このページを読んでいる時点で「堺市ではアフィリエイトを学べない(も同然)」と考えられます。

なぜかと言えば、アフィリエイトは特定の単語(キーワード)で検索した時に自分で作ったサイトにお客さんを集める(アクセスを集める)ことで商品を売るというものだからです。

つまり、アフィリエイトを学べるという教室が「アフィリエイト 堺市」で検索した場合にサイトにたどり着けなかったら説得力に欠けますよね。

でもガッカリしなくてもいいんです。その理由はアフィリエイトは塾などに行かなくても以下のような教材だけで誰でも稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト教室のメリットとデメリット

アフィリエイト塾や教室

実は私もアフィリエイトによって収入を得ていますが、最初は全くIT関係の知識がなかったのでアフィリエイトを教えてもらえるところを探しました。

運良く都会に住んでいたので、通えるアフィリエイト教室に行けることとなりました。

通って感じたアフィリエイト教室のメリットは

  • 講師にすぐ質問できる
  • 家でもチャットなどで質問できる
  • 同じアフィリエイトの仲間が見つかる
  • アフィリエイトの情報を共有できる

メリットだけ見ると「いいじゃん!」と感じる人もいると思いますが、それに頼ってしまう人はおそらく稼げません

事実私も通ってみて最初はメリットを享受しましたが、ノウハウを得て報酬が出だす頃には、月謝を払い続ける必要のないことを理解しました。

そう感じたのは、仲間がいないとできないというのは言い訳だし、質問は最初こそありますが、知識が付くとネット検索で十分になります(技術的な疑問になってくるので)。

さらに通えば誰でも稼げるかといえば、期間と報酬は比例しないし、稼げない人もいたという事実を目の当たりにしました。仲間で3年以上も通っているのに月の報酬が10,000円以下という人もいました(月謝で実質損している)。

良かったことといえば通うことでその瞬間作業にはげめるというくらいです。といっても月に数回なのでそこまで役立ったとは言えません。

逆に、通った私が思うアフィリエイト塾に通うデメリットは、

  • 毎月の支出が痛い(月1万で年12万円)
  • ノウハウは2〜3か月で体得できる(長期に行く必要ない)
  • メインは作業なので月謝を払うのが疑問
  • 教えてもらうばかりだと自分で考えない

結局アフィリエイトに必要な知識は2か月もあれば十分に習得できる程度のものです。その後はがむしゃらに作業をするかのほうが重要ですから、継続してお金がかかる教室はいらないと感じました。

確かに検索結果が変動したり、売れ筋商品の変化によってやり方も微妙に変わる状況もありますが、それは教えてもらわなくてもアフィリエイトの基本ができていたら自分で調べることもできるようになっています。

ということで、堺市でアフィリエイト教室を探すよりも、ノウハウがしっかりと詰め込まれた教材で始めるほうが、初期コストがかからないし、自分で稼ぐ力も得られます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの種類

アフィリエイトは商品を売りたい企業の代わりに広告宣伝を請け負い、ブログやWEBサイトで紹介し、販売につながった分だけ報酬がもらえるということになっています。

詳しく書くと企業と自分との間にASP(広告代理店的な感じ)が介在して、ASPから報酬をもらうという仕組みになります。

わかりやすく言えば、商品をたくさん売りたい企業と広告を担う代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者的な役割とイメージするととわかりやすいです。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法にはいろいろタイプがあるのでご紹介しますね。

WEBメディア・ブログ運営タイプ

基本的なやり方で一番多いのは自身で作ったWEBサイトやブログで商品サイトへ誘導するという方法です。

誰でも知ってるライブドアブログやはてなブログ、アメーバブログなどの無料ブログで始めてもいいですし、自分でサーバーをレンタルしてWEBサイトを作るという感じです。レンタルサーバーは操作も簡単で、月500円くらいでレンタルできますし、wordpressのインストールも無料でできるものがあるので、ランニングコストも少ないということがわかるでしょう。

あとは、売りたい商品に関する情報をまとめたものを記事にしてwebサイトを作っていきます。

例えば堺市の名物である「堺市ビスケット」という商品を宣伝するなら、

「堺市ビスケットを食べてみた素直な感想」

「堺市出身者だけが知っている超うまいお菓子とは」

「堺市出身なので堺市ビスケットを家族に勧めてみた」

「ギフトにぴったりな堺市名物のビスケットが美味すぎる」

「堺市に生まれたからには堺市ビスケットを勧めない理由がない」

といった内容の記事を執筆して堺市ビスケット公式サイトへ誘導します。

そして、報酬が出るブログができてしまえば、それが資産となり作業をしなくてもお金が入ってくるようになります。さらに、そういったブログをいくつも運営できれば報酬はどんどん増えて、今の給料を超えることも夢ではありません。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使ったアフィリエイト

自分が持っているツイッターアカウントなどで発言力がある場合にはそれらの投稿で商品を宣伝することが可能です。

ただし、先ほどの例のような堺市ビスケットを紹介する場合、フォロワーに購入意欲があるかどうかは、商品の種類やフォロワーの年齢、性別などによっても違うので売るのは難しいでしょう。

数万人規模のフォロワーがいて、影響力があるのであれば可能かもしれませんが、そういう人はすでに他で稼いでいるでしょうけど。

広告出稿型アフィリエイト

広告を出すというのは、facebookやヤフーの広告に広告費を投じてアフィリエイト商品を紹介する方法です。

自分の商品ではないものにお金を出して宣伝するというのは変な話ですが、企業としては商品が売れればそれでいいので販売手段はなんでもいいのです。

ですが、企業自身もネット広告で商品を宣伝している場合は、広告費の競争になってしまうので、ネット広告の使用を禁止している商品もあります。

検索順位を上げずにネット広告(お金)で強引に売るというのは労力こそ少ないですが、たくさんのお金と広告のセンスが必要になってきます。

アフィリエイト初心者が大きなコストをかけて広告を出すことはリスクがありすぎるのは誰でもわかることです。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!