1. TOP
  2. 近畿
  3. 大津市にアフィリエイト塾が?通うメリットって|滋賀県

大津市にアフィリエイト塾が?通うメリットって|滋賀県

近畿  

副業アフィリエイト

鳴り物入りの働き改革によって副業が可能な会社が出てきたりして、働き手にメリットが本当にあるのかわからないという人も多いでしょう。

残業が許されなくなり給与が減ったり、業績悪化で給与アップが見込めなくなっても、子供の大学の学費や住宅ローンの支払いなど出ていくお金は増えていきます。

そういった状況で、収益源をもう一つ持つという結論を出すのは当然です。そしてアフィリエイトは初期費用がかからない副業だからいい選択肢だとおもいます。

大津市にアフィリエイトの塾はあるの?

アフィリエイトの塾のようなところが大津市にあるかは、このページを読んでいる時点で「大津市ではアフィリエイトを学べない(も同然)」と考えられます。

というのもアフィリエイトは、特定のキーワードでネット検索をかけたときにブログやサイトを検索結果からアクセスを集めることで商品の紹介をするものだからです。

つまり、アフィリエイトを学べるという教室が「アフィリエイト 大津市」で検索した時に検索結果の上位にいなかったら、本当に教えれるの?って感じです。

でも悲観することはありません。なぜかと言えば、アフィリエイトは教室などで学ばなくても以下のような教材だけで誰でも稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト教室のメリットとデメリット

アフィリエイト塾や教室

実は私もアフィリエイトによって収入を得ていますが、最初は全くIT関係の知識がなかったのでアフィリエイトを教えてもらえるところを探しました。

幸い都会に住んでいたために、通えるアフィリエイト教室に通学することができました。

行ってみてわかったアフィリエイト教室のメリットは

  • 先生にすぐ質問できる
  • 作業日外でもチャットなどで質問できる
  • 一緒に作業できる仲間ができて頑張れる
  • 稼いでいる人を間近で見て学べる

メリットだけ見ると「いいじゃん!」と思いがちですが、これが必要だと感じている人はおそらく稼げません

実際にアフィリエイト教室に通ってみてはじめは行って良かったと思いましたが、知識も身につき稼げるようになった時に、「長期的に通う」必要のないものだったと感じました。

その理由は、仲間がいることで頑張れるのは最初だけだし、わからないこともネットで調べると出てくることも多いです(技術的な部分の疑問が多いので)。

そして通い続けると収入が増えるかといえば、誰でも稼げるわけじゃないし、通う期間は関係ないという事実があります。実際に2年以上も通っているのに月の報酬が10,000円以下という人もいました(月謝分ギリギリチャラ)。

役立ったこともあります。通う日だけは作業に熱中できるということくらいです。それも通うのは月2回だったのでそこまで良かったとは言えません。

逆に、私が思う教室に通うデメリットは、

  • 月謝なのでトータルコストが高い(月1万で年12万円)
  • 知識は2〜3か月で十分得られる(それ以上は通う必要ない)
  • 半年も経つと作業だけに月謝を払うことになる
  • 教えてもらうことに慣れて自分で稼ぐ力がつかない

つまるところアフィリエイトの基本知識は2か月勉強すれば習得できる程度なんです。あとは必死に作業に打ち込むことのほうが重要ですから、継続してお金がかかる教室はいらないと感じました。

確かに検索アルゴリズムの変化や売れ筋商品の変化によってやり方も微妙に変わる状況もありますが、それは教えを請わなくてもアフィリエイトの知識が付けば自分で調べられるようになっています。

だから、大津市でアフィリエイト教室を探すよりも、基本知識が自分のペースで学習できる教材のほうが、初期投資も少ないし、自分で稼ぐ力が身につきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法

アフィリエイトは商品を広めたい企業の代わりに広告宣伝を請け負い、ブログやWEBサイトで紹介し、商品を売った分だけ報酬がもらえるというシステムです。

詳しく書くと企業と自分との間にASP(広告代理店的な感じ)が仲介する形で、ASPを通して報酬をもらうということになっています。

要約すると、商品を売りたい企業とその広告を受け持つ代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者的な役割と考えるとわかりやすいと思います。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトのやり方はいくつかの方法があるのでご紹介します。

WEBメディア・ブログ運営タイプ

基本的なやり方で一番多いのはブログやWEBメディアを持って商品やサービスを案内する方法です。

誰でも知ってるライブドアブログやはてなブログ、アメーバブログなどの無料ブログで始めてもいいですし、自分でサーバーを借りてWEBサイトを作るという方法になります。サーバーは高そうなイメージですが、月500円からレンタルできますし、wordpressのインストールも無料でできるのが普通ですから、初期投資がほとんどいらないのがおわかりでしょう。

あとは、紹介したい商品を紹介するためにまとめた情報を記事にしてブログを更新していきます。

例えば大津市の名産である「大津市アイス」というのを宣伝するときは、

「大津市アイスって食べてみたら美味しかった件」

「大津市出身者も知らない隠れた名店の菓子を買ってみた」

「大津市出身として大津市アイスを家族に紹介しないわけにはいかない」

「贈り物に最適!大津市名物のアイスは誰もがハマる美味さ」

「大津市出身者歓喜!大津市アイスがモンドセレクションを受賞」

という感じで記事を書いて大津市アイス公式サイトのリンクを貼って誘導します。

そして、報酬が出るブログができてしまえば、それが資産となり、何もしなくても継続的にお金が入るようになります。さらに、そういったブログをいくつも作成すると報酬は足し算式に増えて、現在の月給を超えることも夢ではありません。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSで売る方法

自分が持っているツイッターアカウントなどでフォロワーが多い場合にはSNSへの投稿で宣伝することもできます。

ただ、上の例のように大津市アイスを紹介する場合、フォロワーに購入意欲があるかどうかは、商品の種類やフォロワーの年齢、性別などによっても違うので売るのは難しいでしょう。

フォロワーが相当数いて、インフルエンサーくらい発言力があれば可能でしょうが、そういう人はアフィリエイト以外で稼いでいると思いますが。

広告を出すアフィリエイト

広告出稿型というのは、ヤフーやfacebookなどの広告に広告費を投じて商品を宣伝する方法です。

自分の商品ではないものにお金を出して宣伝するというのは変ですが、企業は商品が売れさえすればいいので利害関係は一致しています。

ただし、企業もネット広告を出稿している場合は、広告費の競争になってしまうので、アフィリエイトで広告出稿を禁じているものもあります。

検索結果に左右されずお金の力で強引に売るというのは近道ですが、広告費とライティング能力がかなり必要になります。

アフィリエイトの知識が何もないのにいきなりお金をかけて広告を出すのはリスクしかないのは言うまでもありません。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!