1. TOP
  2. 近畿
  3. 宇治市にアフィリエイト塾はある?受けるデメリット|京都府

宇治市にアフィリエイト塾はある?受けるデメリット|京都府

近畿  

副業アフィリエイト

働き方が見直されて副業ができる会社員が出てきたりして、サラリーマンにとって良いことなのか悪いことなのか困惑している人も多いことでしょう。

残業頼みだったのに残業NGになったり、実績評価で給料が上がりにくくなっても、マンションのローンや子供の学費など出費は待ったなしです。

そうした社会状況で、足りない分を自分で稼ぐと考えるのは当たり前です。それにアフィリエイトは初期費用がかからない副業ですからリスクがありません。

アフィリエイト塾は宇治市にある?

アフィリエイト教室が宇治市にあるかは、このサイトに訪問した時点で「宇治市にアフィリエイト教室は存在しない(も同然)」でしょう。

というのも、アフィリエイトは特定のキーワードで検索した時に自分で作ったブログやWEBサイトを検索結果の上のほうに表示させるように対策することで商品の紹介をするものだからです。

つまり、アフィリエイトを学べるという教室が「アフィリエイト 宇治市」で検索した場合に検索結果の上位にいなかったら、教えるだけのノウハウがあるの?って感じです。

でもガッカリすることはありません。というのもアフィリエイトは人に教えてもらわなくても以下のような教材だけで誰でも稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト教室のメリットとデメリット

アフィリエイト塾や教室

何を隠そう私もアフィリエイトで報酬を得ていますが、最初はワードくらいしか触れないレベルだったので通えるアフィリエイト教室を探しました。

幸い都会に住んでいたために、とある教室に行くことができたのです。

そこで感じたアフィリエイト教室のメリットは、

  • 稼いでる人にすぐ質問できる
  • 時間外でもチャットなどで質問できる
  • 一緒に頑張れる仲間が見つかる
  • 稼いでいる人からの情報をもらえる

メリットを見ると「いいかも!」と感じるかもしれませんが、これが良いと思ってる時はおそらく稼げません

実際にアフィリエイト教室に通ってみて上記のようなメリットを感じましたが、報酬が出るようになり、よく考えてみたら通う必要性がだんだんなくなってきました。

なぜかというと、仲間がいないとできないというのは言い訳だし、疑問点もネット検索で解決できます(たいていは技術的なことだから)。

さらに通えば誰でも稼げるかといえば、期間と報酬は比例しないし、稼げない人もいたという事実があります。仲間で3年以上も通っているのに月10,000円以下という人もいました(月謝分チャラですね)。

唯一良かったのは通うことでその時ばかりは作業に没頭することができるというくらいです。といっても通うのは週一だったのですごい役立ったとは言えません。

逆に、行ったことで感じたアフィリエイトの教室に通うデメリットは、

  • 月謝なのでトータルコストが高い(月1万で年12万円)
  • ノウハウ自体は2〜3か月で理解できるので通う必要性を感じない
  • 半年も経つと作業だけに月謝を払うことになる
  • 講師のやり方しか知らないまま進んでいく

結局アフィリエイトに必要な知識は2か月勉強すれば習得できる程度のものです。その後はがむしゃらに作業をすることが大事なので、月謝を払い続けるというのは無駄かもしれません。

確かに検索結果が変動したり、流行などによってやり方も微妙にずれていくこともありますが、それに関しては聞かなくともアフィリエイトをやりだしたら自分で調べられるようになっています。

なので、宇治市でアフィリエイト教室を探すよりも、基本知識がキッチリと学べる教材のほうが、初期コストも少ないし、自分で稼ぐ力も養えます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの各種やり方

アフィリエイトは商品を宣伝したい企業に代わって広告の役割を引き受けて、自身のホームページやブログで紹介し、売れれば売れた分だけ報酬がもらえるという仕組みになります。

実際には企業と個人との間にASP(広告代理店のようなもの)が入って、ASP経由で報酬をもらうというシステムになっています。

要約すると、商品を売りたい企業と広告を担当する代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者と考えればよくわかります。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法にはいろいろタイプがあるのでご紹介しますね。

WEBメディア・ブログ運営タイプ

一番メジャーで基本と言えるやり方はWEBサイトやブログを自分で作って商品やサービスを案内する方法です。

簡単に使えるはてなブログやアメーバブログ、ライブドアブログなどの無料ブログから始めてもいいですし、自分でサーバーをレンタルしてWEBサイトを作るという感じです。レンタルサーバーは月500円〜レンタルできますし、wordpressのインストールも無料でできるのが普通ですから、初期投資がほとんどいらないのがおわかりでしょう。

あとは、宣伝したいサービスに関する情報をまとめたものを記事にしてブログを作っていきます。

例えば宇治市の名物である「宇治市アイス」というのを宣伝する場合は、

「宇治市アイスを食べてみた素直な感想」

「宇治市出身者がこぞってお土産に持ってくる銘菓とは」

「宇治市出身として宇治市アイスを家族に紹介しないわけにはいかない」

「贈り物に最適!宇治市名物のアイスは誰もがハマる美味さ」

「宇治市の誇りにかけて宇治市アイスは最強である!」

という感じで記事を更新して宇治市アイス公式サイトに送客します。

この方法で一度稼げるブログを作ることができれば、それが資産となり作業せずとも副収入が入るようになります。そして、そういったブログを複数運営することで報酬はどんどん増えて、現在の月給を超えることだって可能です。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使ったやり方

twitterやインスタで発言力があったらSNSの投稿でアフィリエイトすることも可能です。

ですが、上記のように宇治市アイスを売る場合、フォロワーに購入意欲があるかどうかは、商品の種類やフォロワーの年齢、性別などによって変わるので売るのは難しいかもしれません。

フォロワー数が相当いて、インフルエンサーのような状態なら可能でしょうが、そういう人はアフィリエイト以外で稼げるんじゃないでしょうか。

広告費を出す方法

広告でアフィリエイトというのは、ヤフーやフェイスブックなどの広告に広告費を出して商品を売る方法です。

自分が販売者でないのに広告費を出して宣伝するというのはおかしいですが、企業としては商品が売れればそれでいいのでとくに問題はありません。

ただ、企業もネット広告を出している場合は、広告を出し合う状況になるため、アフィリエイトでネット広告を禁止している商品もあります。

検索結果に左右されず広告費で強引に売るというのは近道ですが、広告費とライティング能力がかなり必要になります。

アフィリエイトの知識がゼロでコストをかけて広告を出すのはリスクが超高いのは容易に想像できます。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!