1. TOP
  2. 近畿
  3. 宮津市にアフィリエイト塾あるの?受けるメリットって|京都府

宮津市にアフィリエイト塾あるの?受けるメリットって|京都府

近畿  

副業アフィリエイト

政府の働き方改革などで副業ができる会社が出現するなど、働き手にメリットが本当にあるのか判断に困る状況になってきています。

残業が許されなくなり給与が減ったり、会社の出し惜しみで給与やボーナスが減ったとしても、マンションのローンや子供の学費など出ていくお金は増えていきます。

そうした社会状況で、収益源をもう一つ持つという答えを導き出すのは当たり前です。それにアフィリエイトは初期費用がかからない副業なので低リスクで始められます。

アフィリエイト塾は宮津市にある?

宮津市でアフィリエイトが学べるかは、このサイトに訪問した時点で「宮津市にアフィリエイト教室は存在しない(も同然)」でしょう。

その理由としてアフィリエイトは、特定のキーワードで検索した時に自分で作ったサイトにお客さんを集める(アクセスを集める)ことで商品の紹介をするものだからです。

ということは、アフィリエイトを教えるところが「アフィリエイト 宮津市」で検索した場合にサイトにたどり着けなかったら説得力がありません。

でもガッカリすることはありません。その理由はアフィリエイトは塾などに行かなくても以下のような教材だけで十分に稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アリフィエイトを教えてもらうメリット

アフィリエイト塾や教室

何を隠そう私もアフィリエイトで報酬を得ていますが、最初はブログも書く知識すらなかったのでアフィリエイトを教えてくれる場所を探しました。

運良く都市部に住んでたので、某アフィリエイト教室に通うことができました。

1年通って感じたメリットは

  • 先生にすぐ質問できる
  • 作業日外でもチャットなどで質問できる
  • 同じ目標を持った人と交流できる
  • アフィリエイトの情報を共有できる

メリットを見ると「いいかも!」と思うんですが、これが必要な人っておそらく稼げません

事実私もアフィリエイト塾に通ってみてはじめはメリットがあると思いましたが、稼げるようになり、よくよく考えてみると通う必要性がだんだんなくなってきました。

そう感じたのは、仲間がいないと頑張れないのは言い訳だし、わからないこともネットで調べると出てくることも多いです(技術的な疑問になってくるので)。

そして通い続けると収入が増えるかといえば、全員が稼げないし、報酬は増え続けるわけでもないという事実を目の当たりにしました。実際に2年以上も通っているのに月の報酬が5,000円以下という人も(月謝分ギリギリチャラ)。

良かったことといえば通うことでその時ばかりは作業に集中できるということくらいです。でもそれも月に数回だからそこまで良かったとは言えません。

逆に、行ったからわかったアフィリエイト塾に通うデメリットは、

  • 継続してコストがかかる(月謝1万で年12万円)
  • 知識は2〜3か月で十分得られる(それ以上は通う必要ない)
  • 半年も経つと作業だけに月謝を払うことになる
  • 教えてもらうばかりだと自分で情報収集しなくなる

結局アフィリエイトに必要な知識は2か月もあれば十分に習得できる程度なんです。あとは必死に作業をするかのほうが大事なので、月謝を払い続けるというのは無駄かもしれません。

確かに法改正や検索アルゴリズムの変化、流行などによってやり方も微妙に変わることもありますが、それに関しては聞かなくともアフィリエイトの知識が付けばおのずと自分で調べるようになります。

したがって、宮津市でアフィリエイトの塾を探すよりも、基本知識が自分のペースで学習できる教材のほうが、初期投資も少ないし、自分で稼ぐ力が身につきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトのやり方

アフィリエイトは商品やサービスを売りたい企業の代わりに広報的な役割を引き受けて、自身のWEBサイトやブログで紹介し、そこで商品が売れたら報酬がもらえるという仕組みになります。

実際には企業と個人との間にASP(広告代理店のようなもの)が入って、ASP経由で報酬をもらうというシステムです。

わかりやすく言えば、商品をたくさん売りたい企業とその広告を受け持つ代理店(ASP)があって、私たちは広告代理店の下請け業者の集まりと考えればよくわかります。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトのやり方はいくつかの方法がありますのでご紹介します。

WEBメディア・ブログ運営タイプ

一番メジャーで基本と言えるやり方は自身でWEBサイトやブログを作って商品を紹介するやり方です。

誰でも知ってるライブドアブログやはてなブログ、アメーバブログなどの無料のブログでも良いですし、自分でレンタルサーバーを借りてwordpressでブログを作るという方法になります。サーバーは高そうなイメージですが、月500円からレンタルできますし、wordpressも無料で使えるものがありますから、ランニングコストも少ないということがわかるでしょう。

あとは、宣伝したいサービスに関する情報をまとめたものを記事にしてブログを更新していきます。

例えば宮津市の名物である「宮津市クレープ」という商品を宣伝するなら、

「宮津市クレープって食べてみたら美味しかった件」

「宮津市出身者だけが知っている超うまいお菓子とは」

「宮津市出身だから宮津市クレープを家族で食べ倒した件」

「贈り物に最適!宮津市名物のクレープは誰もがハマる美味さ」

「宮津市に生まれてよかった!宮津市クレープがない人生はつまらん」

といった感じで記事を更新して宮津市クレープ公式サイトに送客します。

そして、報酬が出るブログができてしまえば、それが資産となりそれ以上記事を書かなくても報酬が入るようになります。さらに、そういったブログをいくつも作成すると報酬は足し算式に増えて、現在の月給を超えることも可能です。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSで紹介するやり方

自分がtwitterやインスタなどでフォロワーが多く拡散が期待できるときは、投稿で宣伝することもできます。

ただし、上の例のように宮津市クレープを売る場合、フォロワーがそれを欲しがっているかどうかは、商材の種類やフォロワーの世代、性別なども考慮しないと難しいです。

フォロワー数が相当いて、インフルエンサーのような状態なら不可能ではないですが、そんな人は他の手段で稼いでいるでしょうけど。

広告を出すアフィリエイト

広告出稿型アフィリエイトというのは、Yahooやfacebookなどの広告に広告費を出して商品を売る方法です。

自分が販売者でないのに広告費を出して宣伝するというのは変ですが、企業は商品が売れればOKなのでお互いウィンウィンの関係となります。

しかし、企業自身がその商品の広告を出している場合は、広告で競争になってしまうので、アフィリエイトで広告出稿を禁じているものもあります。

検索順位を上げずともお金の力で強引に売るというのは簡単そうに思えますが、広告費とライティング能力がかなり必要になります。

アフィリエイトの知識なしに多額のお金をかけて広告を出稿するのはリスクが超高いのは容易に想像できます。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!