1. TOP
  2. 近畿
  3. 志摩市にアフィリエイト塾の存在?行くメリット|三重県

志摩市にアフィリエイト塾の存在?行くメリット|三重県

近畿  

副業アフィリエイト

鳴り物入りの働き改革によって副業が可能な会社が出てきたりして、労働者にメリットがあるのかないのかなかなか難しい情勢になってきています。

残業頼みだったのに残業NGになったり、実績評価で給料が上がりにくくなっても、子供の大学の学費や住宅ローンの支払いなど出ていくお金は増えていきます。

そういった状況で、足りない分を自分で稼ぐという結論を出すのは至極当然です。そのなかでもアフィリエイトはお金がほとんどかからない副業のひとつだからいい選択肢だとおもいます。

志摩市でアフィリエイトは学べる?

アフィリエイト教室が志摩市にあるかは、このサイトに訪問した時点で「志摩市にはアフィリエイトを学ぶ場所は無い(も同然)」なんです。

というのも、アフィリエイトは特定のキーワードでネット検索をかけたときに自分で作ったサイトにお客さんを集める(アクセスを集める)ことで商品を売るというものだからです。

なので、アフィリエイトを教える塾が「アフィリエイト 志摩市」で検索した場合に検索結果から見つけられなかったら、教えるだけのノウハウがあるの?って感じです。

でも落胆することはありません。というのもアフィリエイトは教室に行かなくても以下のような優秀な教材があれば稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト塾に通うメリット・デメリット

アフィリエイト塾や教室

かくいう私もアフィリエイトを副業にしていますが、最初は全くIT関係の知識がなかったのでアフィリエイトを教えてくれる場所を探しました。

運良く都市部に住んでたので、某アフィリエイト教室に行くことができたのです。

1年間行ってみてよかった点は

  • 稼いでる人にすぐ質問できる
  • 講義がない時でもチャットなどで質問できる
  • 一緒に作業できる仲間ができて頑張れる
  • 稼いでいる人同士でアドバイスがもらえる

メリットを見ると「いいかも!」と思いそうですが、それに頼ってしまう人はおそらく稼げません

実際にアフィリエイト教室に通ってみて上記にメリットを感じましたが、ノウハウを得て報酬が出だす頃には、通い続ける必要がないなぁと思い始めました。

その理由は、仲間はtwitterやASPのイベントなどでも見つけられるし、質問もネット検索で済む場合も多いです(質問は技術的なものが多くなるので)。

そして通い続けると収入が増えるかといえば、誰でも稼げるわけじゃないし、通う期間は関係ないという現実がありました。実際に2年以上も通っているのに月の報酬が5,000円以下という人も(月謝分も稼げてない)。

良かったことといえば教室に行くときは嫌でも作業に集中できるということくらいです。といっても月に数回なのでそこまで良かったとは言えません。

逆に、通った私が思う教室に通うデメリットは、

  • 毎月お金がかかりトータルコストが高い(月1万で年12万円)
  • 知識は2〜3か月で習得できる(長く通う必要ない)
  • 半年も経つと作業だけに月謝を払うことになる
  • 教えてもらうばかりだと自分で考えない

結局アフィリエイトに必要な知識は2か月くらいで全部習得できる程度なんです。あとは必死に作業に打ち込むことのほうが重要ですから、継続してお金がかかる教室は必要ないと思います。

確かに法改正や検索アルゴリズムの変化、流行などによってやり方も微妙にずれていくこともありますが、そこは教えてもらわなくてもアフィリエイトの基本が身に付いたら自分で調べられるようになっています。

したがって、志摩市でアフィリエイトの塾を探すよりも、基本知識が自分のペースで学習できる教材のほうが、初期費用が少なく済むし、自分で稼ぐ能力もつきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの各種やり方

アフィリエイトは商品を広めたい企業の代わりに広告宣伝を請け負い、ブログやWEBサイトで紹介し、商品を売った分だけ報酬がもらえるというシステムです。

細かく言えば、企業と自分との間にASP(広告代理店みたいなもの)が仲介する形で、ASPを通して報酬をもらうという仕組みです。

わかりやすく言えば、商品をたくさん売りたい企業と広告を担当する代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者と思うとわかりやすいと思います。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトのやり方はいくつかの方法があるのでご紹介します。

ブログ・WEBサイト構築型

一番ポピュラーなやり方は自身でWEBサイトやブログを作って商品サイトへ誘導するという方法です。

すでにあるアメブロやライブドアブログなどの無料のブログだって使えるし、自分でレンタルサーバーを借りてホームページを作るという方法になります。レンタルサーバーは操作も簡単で、月500円くらいでレンタルできますし、wordpressのテンプレートも無料で使えるということで、初期コストがほとんどないことがわかると思います。

あとは、宣伝したいサービスを直に使ってみた感想などを記事にしてwebサイトを作っていきます。

例えば志摩市の名産である「志摩市クレープ」というのを宣伝するときは、

「志摩市クレープを1つ食べたら病みつきになってしまった」

「志摩市出身者がひた隠しにする教えたくない銘菓とは」

「志摩市出身として志摩市クレープを家族に紹介しないわけにはいかない」

「ギフトにぴったりな志摩市名物のクレープが美味すぎる」

「志摩市の誇りにかけて志摩市クレープは最強である!」

といった感じで記事を更新して志摩市クレープ公式サイトへのリンクへ誘導します。

こうして報酬の上がるブログが作れれば、それが資産となりそれ以上記事を書かなくても報酬が入るようになります。さらに、そのようなブログをたくさん作ることができれば報酬は数倍になり、現在の月給を超えることだって可能です。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSで売る方法

twitterやインスタで発言力があったらSNSの投稿で商品を紹介することもできます。

しかし、先ほどのような志摩市クレープを売る場合、フォロワーがそれを欲しがっているかどうかは、商品の種類やフォロワーの年齢、性別などにもよるので売るのは難しいでしょう。

フォロワーが相当数いて、インフルエンサーくらい発言力があれば不可能ではないでしょうが、そんな人は別の方法で稼いでいるでしょうけど。

広告出稿でアフィリエイト

広告出稿型アフィリエイトというのは、Yahooやfacebookなどの広告に広告費を投じてアフィリエイト商品を紹介する方法です。

他人の商品を広告費を使って宣伝するというのはおかしいですが、企業としては商品販売が目的なのでwin winの関係となります。

ただし、企業もネット広告を出稿している場合は、広告費のつぶし合いになるため、ネット広告の使用を禁止している商品もあります。

検索順位を上げなくても広告費を使って売るというのは労力こそ少ないですが、お金とマーケティング能力が相当必要になってきます。

アフィリエイトが初めてなのに大きな投資でネット広告を出すのはリスクが高すぎるのは想像に難くありません。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!