1. TOP
  2. 近畿
  3. 東牟婁郡にアフィリエイト塾が?行くメリット・デメリット|和歌山県

東牟婁郡にアフィリエイト塾が?行くメリット・デメリット|和歌山県

近畿  

副業アフィリエイト

政府の働き方改革などで副業ができる会社が出現するなど、労働者にとっては良いのか悪いのか実際わからないという人もいると思います。

残業頼みだったのに残業NGになったり、実績評価で給料が上がりにくくなっても、マイホームのローンや子供の教育費など入るお金より出ていくほうが多いです。

そこで、自らでお金を稼ぐ方法を得るという結論を出すのは自然なことでしょう。その中でもアフィリエイトは初期費用がかからない副業なので低リスクで始められます。

アフィリエイト塾は東牟婁郡にある?

アフィリエイト教室が東牟婁郡にあるかは、このページを読んでいる時点で「東牟婁郡にアフィリエイト教室は存在しない(も同然)」でしょう。

なぜかと言えば、アフィリエイトは特定の単語でネット検索した時に自社のHPなどを検索結果の上位に表示させること(SEO対策)で商品の紹介をするものだからです。

ということは、アフィリエイトを教えるところが「東牟婁郡 アフィリエイト」でネット検索した場合にサイトにたどり着けなかったら説得力に欠けますよね。

でも落ち込むことはありません。というのもアフィリエイトは人に教えてもらわなくても以下のような教材だけで十分に稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト教室のメリットデメリット

アフィリエイト塾や教室

実は私もアフィリエイトによって収入を得ていますが、最初はブログも書く知識すらなかったのでアフィリエイトの先生がいないか探しました。

運良く都市部に住んでたので、ある有名な教室に行くことが叶いました。

通って感じたアフィリエイト教室のメリットは

  • 講師にすぐ質問できる
  • 24時間いつでもチャットなどで質問できる
  • 同じ目標を持った人と交流できる
  • 稼いでいる人同士でアドバイスがもらえる

メリットだけみると「いいね!」と感じる人もいると思いますが、これが必要な人っておそらく稼げません

実際にアフィリエイト教室に通ってみて最初はメリットを享受しましたが、ノウハウを得て報酬が出だす頃には、通い続ける必要がないなぁと思い始めました。

なぜかというと、仲間はtwitterやASPのイベントなどでも見つけられるし、わからないこともネットで調べると出てくることも多いです(技術的な疑問になってくるので)。

そして通い続けると収入が増えるかといえば、全員が稼げないし、報酬は増え続けるわけでもないという現実があります。同じ教室の生徒で12ヶ月以上も通っているのに月10,000円以下という人もいました(月謝分も稼げてない)。

良かったことといえば通うことでその時ばかりは作業に集中できるということくらいです。といっても通うのは週一だったのでそこまで良かったとは言えません。

逆に、行ったからこそ言える教室に通うデメリットは、

  • 継続してコストがかかる(月謝1万で年12万円)
  • ノウハウ自体は2〜3か月で理解できるので通う必要性を感じない
  • メインは作業になると月謝のコストが痛い
  • 教えてもらうばかりだと自分で情報収集しなくなる

つまるところアフィリエイトの基本知識は2か月勉強すれば習得できる程度なんです。あとは時間を作って作業できるかのほうが重要ですから、継続してお金がかかる教室は無駄かもしれません。

確かに法改正や検索アルゴリズムの変化、流行り廃りなどによってノウハウも微妙に変わることもありますが、それに関しては聞かなくともアフィリエイトの基本が身に付いたら自分で調べる力もついています。

したがって、東牟婁郡でアフィリエイトの塾を探すよりも、基礎をびっちり詰め込んだ教材で勉強するほうが、コストも1回きりだし、自分で稼ぐ力もつきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの種類

アフィリエイトは商品を広めたい企業の代わりに宣伝役を引き受けて、自分のブログやWEBサイトで紹介し、そこで商品が売れたら報酬がもらえるというシステムです。

細かくは企業とアフィリエイトする人との間にASP(広告代理店みたいなもの)が入って、ASP経由で報酬をもらうというシステムになっています。

要約すると、商品を売りたい企業と広告を担う代理店(ASP)があって、自分は広告代理店の下請け業者みたいなものとイメージするととわかりやすいです。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトのやり方はいくつかの方法があるのでご紹介しますね。

WEBサイト・ブログで紹介型

基本的なやり方で一番多いのはブログやホームページで記事を書いて商品を宣伝するという方法です。

有名なはてなブログやライブドアブログなどの無料のブログだって使えるし、自分でレンタルサーバーを借りてwordpressでブログを作るという感じです。サーバーは高そうなイメージですが、月500円からレンタルできますし、wordpressのブログテンプレートも無料で使えるものがあるので、初期費用がほぼゼロから始められることがおわかりでしょう。

そして、宣伝したい商品を紹介するためにまとめた情報を記事にしてブログを更新していきます。

例えば東牟婁郡の名産である「東牟婁郡おかき」というのを宣伝するときは、

「東牟婁郡おかきを食べてみた素直な感想」

「東牟婁郡出身者も知らない隠れた名店の菓子を買ってみた」

「東牟婁郡出身だから東牟婁郡おかきを家族で食べ倒した件」

「贈り物に最適!東牟婁郡名物のおかきは誰もがハマる美味さ」

「東牟婁郡の誇りにかけて東牟婁郡おかきは最強である!」

みたいな内容の記事を書いて東牟婁郡おかき公式サイトに送客します。

そして、ブログから報酬がでるようになれば、それが資産となりそれ以上記事を書かなくても報酬が入るようになります。その上、同じようなブログを複数作成すると報酬は足し算式に増えて、勤めている会社の給与を上回ることだってできるのです。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSで売る方法

twitterやインスタでフォロワーが多くSNSの投稿に力があればアフィリエイトすることも可能です。

ただし、先ほどの例のような東牟婁郡おかきを紹介する場合、フォロワーがそれを欲しがっているかどうかは、商品の種類やフォロワーの年齢、性別などにもよるので売るのは難しいでしょう。

数万人規模のフォロワーがいて、影響力があるのであれば可能かもしれませんが、そういう人はすでに他で稼げるんじゃないでしょうか。

広告出稿でアフィリエイト

広告を出すアフィリエイトというのは、ヤフーやfacebookなどのネット広告に広告費を出して商品を売る方法です。

自分の商品じゃないものに広告費を使うのはイレギュラーですが、企業は商品が売れればOKなので販売手段はなんでもいいのです。

ですが、企業自身もネット広告で商品を宣伝している場合は、広告を出し合う状況になるため、ネット広告の使用を禁止している商品もあります。

検索結果に左右されず広告費で強引に売るというのは簡単そうに思えますが、お金とマーケティング能力が相当必要になってきます。

アフィリエイト初心者が大きなコストをかけて広告を出すことはリスクしかないのは言うまでもありません。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!