1. TOP
  2. 近畿
  3. 松原市にアフィリエイト塾ってある?通うデメリット|大阪府

松原市にアフィリエイト塾ってある?通うデメリット|大阪府

近畿  

副業アフィリエイト

鳴り物入りの働き改革によって副業が可能な会社が出てきたりして、労働者にメリットがあるのかないのかなかなか難しい情勢になってきています。

残業できなくなって残業手当が無くなったり、先行き不透明で給与上昇が期待できなくても、子供の大学の学費や住宅ローンの支払いなど入るお金より出ていくほうが多いです。

そんな中、自分自身の手でもう一つの収入減を得るという選択をするのは至極当然です。そのなかでもアフィリエイトは初期費用がかからない副業ですからリスクがありません。

松原市にアフィリエイト教室はあるの?

松原市にアフィリエイト教室があるかどうかは、このWEBサイトを見ている時点で「松原市にアフィリエイトの塾は無い(も同然)」と言えると思います。

その理由としてアフィリエイトは、特定のキーワードで検索した時に自社のHPなどを検索結果の上位に表示させること(SEO対策)で商品を売ったりするものだからです。

つまり、アフィリエイトを学べるという教室が「アフィリエイト 松原市」で検索した時にアクセスを集められなかったら説得力がありません。

でもガッカリしなくてもいいんです。なぜかと言えば、アフィリエイトは教室などで学ばなくても以下のような教材だけでノウハウは十分に得られるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト教室のメリットとデメリット

アフィリエイト塾や教室

実は私はアフィエイトで副収入を得ていますが、最初は全くIT関係の知識がなかったのでアフィリエイトを教えてもらえるところを探しました。

幸い都会に住んでいたために、通えるアフィリエイト教室に通うことができました。

そこで感じたアフィリエイト教室のメリットは、

  • 先生にすぐ質問できる
  • 時間外でもチャットなどで質問できる
  • 仲間がいるのでやる気が出る
  • 稼いでいる人同士でアドバイスがもらえる

メリットを羅列すると「良さそう!」と思いがちですが、それに頼ってしまう人はおそらく稼げません

実際に私は通ってみて最初はメリットを享受しましたが、稼げるようになり、よくよく考えてみると通い続ける必要がないなぁと思い始めました。

なぜかというと、仲間がいないとできないというのは言い訳だし、わからないこともネットで調べると出てくることも多いです(技術的な部分の疑問が多いので)。

そして何より長く通えば稼げるかと言えば、期間と報酬は比例しないし、稼げない人もいたという事実を目の当たりにしました。仲間で3年以上も通っているのに月10,000円以下という人もいました(月謝分ギリギリチャラ)。

役立ったこともあります。通うことでその時ばかりは作業に没頭できるということくらいです。でもそれも月に数回だから月謝分役立ったとは言えませんが。

逆に、通った私が思うアフィリエイトの教室に通うデメリットは、

  • 毎月お金がかかりトータルコストが高い(月1万で年12万円)
  • ノウハウは2〜3か月で体得できる(長期に行く必要ない)
  • メインは作業なので月謝を払うのが疑問
  • 教えてもらうことに慣れて自分で稼ぐ力がつかない

要するにアフィリエイトの基本は2〜3か月もあれば誰でも習得できる程度なんです。あとは必死に作業できるかのほうが大切なので、毎月お金を払う塾みたいなところは必要ないと思います。

確かに検索順位の変動や売れ筋商品の変化によってやり方も微妙にずれていくこともありますが、それは教えてもらわずともアフィリエイトの知識が付けば自分で調べる力もついています。

したがって、松原市でアフィリエイトの塾を探すよりも、基礎をびっちり詰め込んだ教材で勉強するほうが、コストも1回きりだし、自分で稼ぐ力もつきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの各種やり方

アフィリエイトは商品やサービスを売りたい企業の代わりに広告宣伝を引き受けて、自身のブログやWEBサイトで紹介し、そこから商品が売れたら報酬がもらえるということになっています。

実際には企業と自分との間にASP(広告代理店みたいなもの)が入って、企業ではなくASPから報酬をもらうというシステムです。

要約すると、商品を売りたい企業と広告を担う代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者と考えるとわかりやすいと思います。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの進め方にはいくつか方法がありますので簡単にご紹介します。

WEBサイト・ブログ構築型

一番ポピュラーなやり方は自身でWEBサイトやブログを作って商品やサービスの良さを紹介するやり方です。

有名なはてなブログやライブドアブログなどの無料のブログでも良いですし、自分でサーバーをレンタルしてWEBサイトを作るという感じです。レンタルサーバーは操作も簡単で、月500円くらいでレンタルできますし、wordpressのブログテンプレートも無料で使えるのが普通ですから、初期費用がほぼゼロから始められることがおわかりでしょう。

そのあとは、宣伝したい商品を利用した乾燥などを記事に起こしていきます。

例を挙げると、松原市の名産である「松原市餅」というのを紹介する場合は、

「松原市餅を食べてみた素直な感想」

「松原市出身者がひた隠しにする教えたくない銘菓とは」

「松原市出身だから松原市餅を家族で食べ倒した件」

「ギフトなら松原市名物の餅をあげれば間違いない」

「松原市出身者歓喜!松原市餅がモンドセレクションを受賞」

といった感じで記事を執筆して松原市餅公式サイトに送客します。

この方法で一度稼げるブログを作ることができれば、それが資産となりそれ以上記事を書かなくても報酬が入るようになります。そして、そういったブログを複数作成すると報酬は足し算式に増えて、現在の月給を上回るのも夢ではありません。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSで紹介するやり方

自分のインスタやtwitterで発言力があったらSNSの投稿でアフィリエイトすることも可能です。

ただ、上の例のように松原市餅を紹介する場合、フォロワーがそれを欲しいかどうかは、商品の種類やフォロワーの年代、性別などにもよるので売るのは難しいでしょう。

数万人規模のフォロワーがいて、影響力があるのであれば可能かもしれませんが、そういう人はすでに他で稼いでいると思いますが。

広告を出すアフィリエイト

広告でアフィリエイトというのは、ヤフーやフェイスブックなどの広告に広告費を出して商品を売る方法です。

他人の商品を広告費を使って宣伝するのはイレギュラーですが、企業は商品が売れさえすればいいのでお互いウィンウィンの関係となります。

ですが、企業自身もネット広告で商品を宣伝している場合は、広告を出し合う形になってしまうので、ネット広告の使用を禁止している商品もあります。

検索順位を上げずにネット広告(お金)で強引に売るということで、労力は少ないですがたくさんのお金と広告のセンスが必要になってきます。

アフィリエイトの知識なしに多額のお金をかけて広告を出稿するのはリスクしかないのは言うまでもありません。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!