1. TOP
  2. 近畿
  3. 松阪市にアフィリエイト塾はある?通うデメリット|三重県

松阪市にアフィリエイト塾はある?通うデメリット|三重県

近畿  

副業アフィリエイト

働き方が見直されて副業ができる会社員が増えていく昨今、会社員には良い状況なのか悪い状況なのかなかなか難しい情勢になってきています。

残業できなくなって残業手当が無くなったり、不況による賃金上昇が見込めなくなったりしても、マンションのローンや子供の学費など入るお金より出ていくほうが多いです。

そこで、自分自身の手でもう一つの収入減を得ると考えるのは賢いことです。それにアフィリエイトは初期費用がかからない副業なので低リスクで始められます。

松阪市でアフィリエイトは学べる?

松阪市にアフィリエイト教室があるかどうかは、このWEBサイトを見ている時点で「松阪市にアフィリエイトの塾は無い(も同然)」と言えると思います。

なぜならアフィリエイトは、特定のキーワードでネット検索をかけたときにブログやサイトを検索結果からアクセスを集めることで商品の紹介をするものだからです。

なので、アフィリエイトを教える塾が「アフィリエイト 松阪市」で検索した時にサイトにたどり着けなかったら、本当に教えれるの?って感じです。

でもガッカリすることはありません。なぜかと言えば、アフィリエイトは教室などで学ばなくても以下のような教材だけで十分に稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト教室のメリットとデメリット

アフィリエイト塾や教室

実は私もアフィリエイトによって収入を得ていますが、最初はwordpressって何?ってレベルだったのでアフィリエイトの塾がないか探しました。

幸い都会に住んでいたために、某アフィリエイト教室に行くことが叶いました。

行ってみてわかったアフィリエイト教室のメリットは

  • 講師にすぐ質問できる
  • 講義がない時でもチャットなどで質問できる
  • 仲間がいるのでやる気が出る
  • アフィリエイトの情報を共有できる

メリットを見たら「いい感じ!」と思うんですが、このメリットだけではおそらく稼げません

事実私も通ってみて上記にメリットを感じましたが、ノウハウを得て報酬が出だす頃には、月謝を払い続ける必要のないことを理解しました。

なぜかといえば、仲間がいないとできないというのは言い訳だし、質問は最初こそありますが、知識が付くとネット検索で十分になります(質問は技術的なものが多くなるので)。

また、長く通うほど稼げるかといえば、誰でも稼げるわけじゃないし、通う期間は関係ないという事実があります。実際に2年以上も通っているのに月の報酬が10,000円以下という人もいました(月謝で実質損している)。

唯一良かったのは教室に行くときは嫌でも作業に集中できるということくらいです。といっても通うのは週一だったのですごい役立ったとは言えませんね。

逆に、行ったことで感じた教室に通うデメリットは、

  • 毎月の支出が痛い(月1万で年12万円)
  • ノウハウ自体は2〜3か月で理解できるので通う必要性を感じない
  • メインは作業になると月謝のコストが痛い
  • 教えてもらうばかりだと自分で情報収集しなくなる

つまるところアフィリエイトの基本知識は2か月もあれば十分に習得できる程度のものです。あとはただただ作業できるかのほうが大切ですから、月謝を長く払い続けるのはいらないと感じました。

確かに検索結果が変動したり、売れ筋商品の変化によってやり方も微妙にずれていくこともありますが、それは教えてもらわずともアフィリエイトの基本ができていたらおのずと自分で調べるようになります。

ですから、松阪市でアフィリエイト教室を探すよりも、ノウハウがしっかりと詰め込まれた教材で始めるほうが、初期費用が少なく済むし、自分で稼ぐ能力もつきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトのやり方

アフィリエイトは商品やサービスを売りたい企業の代わりに宣伝役を引き受けて、自分のブログやWEBサイトで紹介し、商品を売った分だけ報酬がもらえるというシステムになっています。

実際には企業と自分との間にASP(広告代理店みたいなもの)が介在して、ASPから報酬をもらうという仕組みになります。

わかりやすく言えば、商品をたくさん売りたい企業と広告を担当する代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者と考えるとわかりやすいと思います。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの進め方にはいくつか方法がありますので少しご紹介します。

WEBメディア・ブログ運営タイプ

基本的なやり方で一番多いのは自身で作ったWEBサイトやブログで商品サイトへ誘導するという方法です。

簡単に使えるはてなブログやアメーバブログ、ライブドアブログなどの無料ブログから始めてもいいですし、自分でサーバーをレンタルしてWEBサイトを作るというのが一般的です。レンタルサーバーは月500円〜レンタルできますし、wordpressのインストールも無料でできるのが普通ですから、ランニングコストも少ないということがわかるでしょう。

そのあとは、宣伝したい商品を実際に使ってみた感想などを記事にしてブログを作っていきます。

例えば松阪市の名物である「松阪市ワッフル」という商品を宣伝するなら、

「松阪市ワッフルはうますぎて依存してしまうので注意w」

「松阪市出身者だけが知っている超うまいお菓子とは」

「松阪市出身だから松阪市ワッフルを家族で食べ倒した件」

「贈り物に最適!松阪市名物のワッフルは誰もがハマる美味さ」

「松阪市に生まれてよかった!松阪市ワッフルがない人生はつまらん」

といった内容の記事を書いて松阪市ワッフル公式サイトのリンクを貼って誘導します。

こうして報酬の上がるブログが作れれば、それが資産となり作業せずとも副収入が入るようになります。そして、そういったブログを複数作ることができれば報酬は数倍になり、勤めている会社の給与を超えることだって可能です。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使った方法

自分のインスタやtwitterでフォロワーが多い場合にはSNSへの投稿で商品を紹介することもできます。

しかし、先ほどのような松阪市ワッフルを売る場合、フォロワーがそれを求めているかどうかは、商材の種類やフォロワーの世代、性別などによっても違うので売るのは難しいでしょう。

相当フォロワー数がいて、インフルエンサー的な立ち位置にいるなら可能でしょうが、そういう人はアフィリエイト以外で稼ぐことができているでしょう。

広告出稿型

広告を出すというのは、facebookやヤフーの広告に広告費を出して商品を売る方法です。

他人の商品を広告費を使って宣伝するというのは変ですが、企業としては商品販売が目的なので利害関係は一致しています。

ただ、企業もネット広告を出している場合は、広告を出し合う形になってしまうので、アフィリエイトでネット広告を禁止している商品もあります。

検索結果に左右されず広告費で強引に売るというのは労力こそ少ないですが、大きなコストと広告のセンスやマーケティング能力が必要になります。

アフィリエイトの知識が何もないのにいきなりお金をかけて広告を出すのはリスクが大きすぎるのはすぐわかりますよね。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!