1. TOP
  2. 近畿
  3. 泉佐野市にアフィリエイト塾の存在?通うデメリット|大阪府

泉佐野市にアフィリエイト塾の存在?通うデメリット|大阪府

近畿  

副業アフィリエイト

鳴り物入りの働き改革によって副業が可能な会社が現れたりして、サラリーマンにとって良いことなのか悪いことなのかわからないという人も多いでしょう。

残業頼みだったのに残業NGになったり、会社の出し惜しみで給与やボーナスが減ったとしても、マンションのローンや子供の学費など出費は待ったなしです。

そこで、副収入で収入の柱を増やすという答えを導き出すのは当たり前です。それにアフィリエイトはお金がほとんどかからない副業のひとつですから目の付け所は良いでしょう!

アフィリエイト教室は泉佐野市にある?

アフィリエイトの塾のようなところが泉佐野市にあるかは、このWEBサイトを見ている時点で「泉佐野市にはアフィリエイト教室は無い(も同然)」と言えます。

なぜかと言えば、アフィリエイトは特定のキーワードでネット検索をかけたときに自社のHPなどを検索結果の上位に表示させること(SEO対策)で商品を売るというものだからです。

つまり、アフィリエイトを学べるという教室が「泉佐野市 アフィリエイト」でネット検索した時にサイトにたどり着けなかったら説得力に欠けますよね。

でも落ち込むことはありません。なぜならアフィリエイトは教室に通わなくても以下のような教材だけで十分に稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト教室のメリットとデメリット

アフィリエイト塾や教室

何を隠そう私もアフィリエイトで報酬を得ていますが、最初は全くIT関係の知識がなかったのでアフィリエイトの塾がないか探しました。

運良く都心に住んでいたので、とある教室に通学することができました。

そこで感じたアフィリエイト教室のメリットは、

  • 先生にすぐ質問できる
  • 時間外でもチャットなどで質問できる
  • 同じ目標を持った人と交流できる
  • 稼いでいる人からの情報をもらえる

メリットを見ると「いいかも!」と感じる人もいると思いますが、それに頼ってしまう人はおそらく稼げません

事実私もアフィリエイト塾に通ってみてはじめはメリットがあると思いましたが、ノウハウを得て報酬が出だす頃には、通い続ける必要がないなぁと思い始めました。

なぜかというと、仲間はtwitterやASPのイベントなどでも見つけられるし、質問は最初こそありますが、知識が付くとネット検索で十分になります(疑問はツールの使い方とかが多いし)。

そして何より長く通えば稼げるかと言えば、誰でも稼げるわけじゃないし、通う期間は関係ないという現実があります。実際問題1年半以上も通っているのに月3,000円以下という人もいました(月謝分チャラですね)。

役立ったこともあります。通う時は作業に没頭することができるというくらいです。それも通うのは月2回だったので実際はあまり役立ってるとは言えません。

逆に、行ったことで感じたアフィリエイトの教室に通うデメリットは、

  • 継続してコストがかかる(月謝1万で年12万円)
  • 知識は2〜3か月で習得できる(長く通う必要ない)
  • メインは作業になると月謝のコストが痛い
  • 講師のやり方しか知らないまま進んでいく

つまるところアフィリエイトの基本知識は2か月勉強すれば習得できる程度のものです。あとはただただ作業で手を動かすことが大事なので、月謝を払い続けるというのは必要ないと思います。

確かに検索順位の変動や売れ筋商品の変化によってやり方も微妙に変わる状況もありますが、それは教えてもらわずともアフィリエイトをやりだしたらおのずと自分で調べるようになります。

なので、泉佐野市でアフィリエイト教室を探すよりも、基礎をびっちり詰め込んだ教材で勉強するほうが、コストも1回きりだし、自分で稼ぐ力もつきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの種類

アフィリエイトは商品を広めたい企業の代わりに広告の役割を引き受けて、自身のホームページやブログで紹介し、そこで商品が売れたら報酬がもらえるというシステムです。

細かくは企業とアフィリエイトする人との間にASP(広告代理店みたいなもの)が仲介する形で、ASPを通して報酬をもらうということになっています。

簡単に言えば、商品を売りたい企業と広告を担当する代理店(ASP)があって、自分は広告代理店の下請け業者みたいなものと考えるとわかりやすいと思います。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法にはいろいろタイプがあるのでご紹介しますね。

WEBサイト・ブログ構築型

一番メジャーで基本と言えるやり方はブログやWEBメディアを持って商品を紹介するやり方です。

誰でも知ってるライブドアブログやはてなブログ、アメーバブログなどの無料ブログから始めてもいいですし、自分でサーバーをレンタルしてWEBサイトを作るというのが王道です。サーバーは高そうなイメージですが、月500円からレンタルできますし、wordpressのテンプレートも無料で使えるものがあるので、初期投資がほとんどいらないのがおわかりでしょう。

あとは、売りたい商品を直に使ってみた感想などを記事にしてブログを運営していきます。

例えば泉佐野市の名産である「泉佐野市アイス」というのを宣伝するときは、

「泉佐野市アイスって食べてみたら美味しかった件」

「泉佐野市出身者も知らない隠れた名店の菓子を買ってみた」

「泉佐野市出身としては泉佐野市アイスを家族に勧めないわけにはいかない」

「ギフトに最適な泉佐野市名物のアイスを知っているか」

「泉佐野市に生まれてよかった!泉佐野市アイスがない人生はつまらん」

といった内容の記事を書いて泉佐野市アイス公式サイトのリンクを貼って誘導します。

こうして報酬の上がるブログが作れれば、それが資産となりそれ以上記事を書かなくても報酬が入るようになります。その上、同じようなブログを複数作成すると報酬は足し算式に増えて、今の会社の給料を上回るのも夢ではありません。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSで売る方法

twitterやインスタで発言力がある場合にはそれらの投稿で宣伝することもできます。

ただし、先ほどの例のような泉佐野市アイスを紹介する場合、フォロワーがそれを求めているかどうかは、商品の種類やフォロワーの年齢、性別などで変わってくるので売るのは難しいこともあります。

フォロワーが相当数いて、インフルエンサーくらい発言力があれば不可能ではないですが、そんな人は他の手段で稼ぐことができているでしょう。

広告出稿型アフィリエイト

広告でアフィリエイトというのは、ヤフーやフェイスブックなどの広告に広告費を投じてアフィリエイト商品を紹介する方法です。

他人の商品を広告費を使って宣伝するというのは変ですが、企業は商品が売れればOKなので利害関係は一致しています。

ただ、企業もネット広告を出している場合は、広告を出し合う形になってしまうので、ネット広告の使用を禁止している商品もあります。

検索結果に左右されずお金の力で強引に売るというのは近道ですが、潤沢な投資とマーケティング能力が必須になってきます。

アフィリエイトの知識なしに多額のお金をかけて広告を出稿するのはリスクが超高いのは容易に想像できます。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!