1. TOP
  2. 近畿
  3. 鳥羽市にアフィリエイト塾が?受講するデメリット|三重県

鳥羽市にアフィリエイト塾が?受講するデメリット|三重県

近畿  

副業アフィリエイト

働き方改革や副業を認める企業が出てくるなど、労働者にメリットがあるのかないのかわからないという人も多いでしょう。

残業禁止で残業代に期待できなくなったり、実績評価で給料が上がりにくくなっても、子供の高額な授業料や家のローンなど支払いは待ってくれません。

そういった状況で、自らでお金を稼ぐ方法を得るという結論を出すのは賢いことです。それにアフィリエイトは初期費用がかからない副業ですからリスクがありません。

アフィリエイト塾は鳥羽市にある?

アフィリエイトの塾のようなところが鳥羽市にあるかは、このサイトに訪問した時点で「鳥羽市にはアフィリエイトを学ぶ場所は無い(も同然)」なんです。

その理由としてアフィリエイトは、特定の単語(キーワード)で検索した時に自分で作ったブログやWEBサイトを検索結果の上のほうに表示させるように対策することで商品の紹介をするものだからです。

つまり、アフィリエイトを学べるという教室が「アフィリエイト 鳥羽市」で検索した時に上位表示されていなかったら説得力がありません。

でも悲観することはありません。なぜかと言えば、アフィリエイトは教室などで学ばなくても以下のような教材だけで誰でも稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト教室のメリットデメリット

アフィリエイト塾や教室

実は私もアフィリエイトによって収入を得ていますが、最初はブログも書く知識すらなかったので通えるアフィリエイト教室を探しました。

運良く都心に住んでいたので、某アフィリエイト教室に行けることとなりました。

通って感じたアフィリエイト教室のメリットは

  • 直接先生にすぐ質問できる
  • 講義がない時でもチャットなどで質問できる
  • 一緒に作業できる仲間ができて頑張れる
  • 稼いでいる人のノウハウが聞ける

メリットを見ると「いいかも!」と感じるかもしれませんが、これが必要だと感じている人はおそらく稼げません

事実私も通ってみて上記のようなメリットを感じましたが、知識も身につき稼げるようになった時に、「長期的に通う」必要のないものだったと感じました。

なぜかというと、仲間がいないと頑張れないのは言い訳だし、わからないこともネットで調べると出てくることも多いです(質問は技術的なものが多くなるので)。

そして通い続けると収入が増えるかといえば、全員が稼げないし、報酬は増え続けるわけでもないというのが本当のところです。実際に2年以上も通っているのに月3,000円以下という人もいました(月謝分ギリギリチャラ)。

役立ったこともあります。教室に行くときは嫌でも作業に没頭することができるというくらいです。それも通うのは月2回だったのでそこまで役立ったとは言えませんね。

逆に、行ったからこそ言える教室に通うデメリットは、

  • 毎月お金がかかりトータルコストが高い(月1万で年12万円)
  • 知識は2〜3か月で十分得られる(それ以上は通う必要ない)
  • メインは作業になると月謝のコストが痛い
  • 教えてもらうことに依存してしまい自分で考えない

つまるところアフィリエイトの基本知識は2〜3か月もあれば誰でも習得できる程度なんです。あとは必死に作業をするかのほうが大切ですから、月謝を長く払い続けるのは無駄だと思います。

確かに検索結果が変動したり、流行などによってやり方も微妙にずれていくこともありますが、それは教えてもらわなくてもアフィリエイトを始めたら情報は自分で調べることもできるようになっています。

なので、鳥羽市でアフィリエイト教室を探すよりも、基礎をびっちり詰め込んだ教材で勉強するほうが、初期コストも少ないし、自分で稼ぐ力も養えます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトのいろんなやり方

アフィリエイトは商品やサービスを売りたい企業の代わりに宣伝役を引き受けて、自分のブログやWEBサイトで紹介し、販売につながった分だけ報酬がもらえるということになっています。

実際には企業と自分との間にASP(広告代理店みたいなもの)が仲介する形で、ASPを通して報酬をもらうという仕組みです。

要約すると、商品を売りたい企業と広告を担う代理店(ASP)があって、自分は広告代理店の下請け業者みたいなものと考えるとわかりやすいと思います。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトのやり方はいくつかの方法がありますので少しご紹介します。

WEBメディア・ブログ運営タイプ

基本的なやり方で一番多いのは自身でWEBサイトやブログを作って商品を紹介するやり方です。

簡単に使えるはてなブログやアメーバブログ、ライブドアブログなどの無料ブログで始めてもいいですし、自分でサーバーを借りてWEBサイトを作るというのが一般的です。サーバーは月500円程度でレンタルできますし、wordpressのブログテンプレートも無料で使えるのが普通ですから、初期費用がほぼゼロから始められることがおわかりでしょう。

あとは、宣伝したいサービスを紹介するためにまとめた情報を記事にしてブログを運営していきます。

例えば鳥羽市の名産である「鳥羽市ビスケット」というのを宣伝するときは、

「鳥羽市ビスケットを食べてみた素直な感想」

「鳥羽市出身者がこぞってお土産に持ってくる銘菓とは」

「鳥羽市出身の嫁が鳥羽市ビスケットという超絶美味い菓子を持ってきた」

「ギフトなら鳥羽市名物のビスケットをあげれば間違いない」

「鳥羽市の誇りにかけて鳥羽市ビスケットは最強である!」

みたいな内容の記事を書いて鳥羽市ビスケット公式サイトへ誘導します。

そして、ブログから報酬がでるようになれば、それが資産となり作業せずとも副収入が入るようになります。そして、それをいくつか運営することで報酬はどんどん増えて、勤めている会社の給与を超えることも可能です。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSで売る方法

自分のインスタやtwitterで発言力がある場合にはそれらの投稿でアフィリエイトすることも可能です。

しかし、先ほどのような鳥羽市ビスケットを売る場合、フォロワーが購入するかどうかは、商品ジャンルやフォロワーの年齢、性別などで変わってくるので売るのは難しいこともあります。

フォロワーが相当数いて、インフルエンサーくらい発言力があれば可能でしょうが、そういう人はアフィリエイト以外で稼いでいるでしょうけど。

広告費を出す方法

広告でアフィリエイトというのは、ヤフーやフェイスブックなどの広告に広告費を出して商品を売る方法です。

他人の商品を広告費を使って宣伝するというのはおかしいですが、企業は商品が売れればOKなのでお互いウィンウィンの関係となります。

しかし、企業自身がその商品の広告を出している場合は、広告を出し合う形になってしまうので、アフィリエイトでネット広告を禁止している商品もあります。

検索順位を上げずにネット広告(お金)で強引に売るというのは労力こそ少ないですが、たくさんのお金と広告のセンスが必要になってきます。

アフィリエイトの知識なしに多額のお金をかけて広告を出稿するのはリスクがありすぎるのは誰でもわかることです。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!