1. TOP
  2. 九州・沖縄
  3. みやま市にアフィリエイト塾が?受けるメリット|福岡県

みやま市にアフィリエイト塾が?受けるメリット|福岡県

九州・沖縄  

副業アフィリエイト

鳴り物入りの働き改革によって副業が可能な会社が出てきたりして、労働者にメリットがあるのかないのかわからないという人も多いでしょう。

残業が許されなくなり給与が減ったり、実績評価で給料が上がりにくくなっても、子供の大学の学費や住宅ローンの支払いなど支払いは待ってくれません。

そういった状況で、足りない分を自分で稼ぐと考えるのは当たり前です。それにアフィリエイトは初期費用がかからない副業なのでいいところをついていますよ!

アフィリエイト塾はみやま市にある?

アフィリエイトの塾のようなところがみやま市にあるかは、このWEBサイトを見ている時点で「みやま市にアフィリエイトの塾は無い(も同然)」と言えると思います。

なぜならアフィリエイトは、特定のキーワードを入れて検索した時に自分で作ったサイトにお客さんを集める(アクセスを集める)ことで商品を売るというものだからです。

ということは、アフィリエイトを教えるところが「アフィリエイト みやま市」で検索した時にサイトにたどり着けなかったら説得力がありません。

でも落ち込むことはありません。というのもアフィリエイトは教室に行かなくても以下のような教材だけで十分に稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト塾に通うメリット・デメリット

アフィリエイト塾や教室

かくいう私もアフィリエイトで副収入を稼いでいますが、最初は全くIT関係の知識がなかったのでアフィリエイトを教えてもらえるところを探しました。

運良く都市部に住んでたので、通えるアフィリエイト教室に行くことができたのです。

通って感じたアフィリエイト教室のメリットは

  • 対面ですぐ質問できる
  • 作業日外でもチャットなどで質問できる
  • 一緒に頑張れる仲間が見つかる
  • アフィリエイトの情報を共有できる

メリットを羅列すると「良さそう!」と思いそうですが、このメリットだけではおそらく稼げません

実際に私は通ってみて上記のようなメリットを感じましたが、ノウハウを得て報酬が出だす頃には、月謝を払い続ける必要のないことを理解しました。

その理由は、仲間がいることで頑張れるのは最初だけだし、知識が得られると質問することもなくなり、たいていはネット検索で解決できます(質問は技術的なものが多くなるので)。

また、通い続けることが収入の増加につながるかといえば、期間と報酬は比例しないし、稼げない人もいたという事実を目の当たりにしました。仲間で3年以上も通っているのに月8,000円以下という人も(月謝分ギリギリチャラ)。

良かったことといえば通うことでその瞬間作業に熱中できるということくらいです。それも通うのは月2回だったので実際はあまり役立ってるとは言えませんが。

逆に、行ったことで感じた教室に通うデメリットは、

  • 毎月の支出が痛い(月1万で年12万円)
  • ノウハウ自体は2〜3か月で理解できるので通う必要性を感じない
  • 半年も経つと作業だけに月謝を払うことになる
  • 講師のやり方しか知らないまま進んでいく

つまるところアフィリエイトの基本知識は2〜3か月もあれば誰でも習得できる程度なんです。あとは必死に作業をすることが大切ですから、月謝を長く払い続けるのは無駄だと感じました。

確かに検索結果が変動したり、流行などによってやり方も微妙に変わることもありますが、そこは教えてもらわなくてもアフィリエイトの基本が身に付いたら自分で調べられるようになっています。

なので、みやま市でアフィリエイト教室を探すよりも、ノウハウがしっかりと詰め込まれた教材で始めるほうが、初期コストがかからないし、自分で稼ぐ力も得られます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトのいろんなやり方

アフィリエイトは商品やサービスを売りたい企業の代わりに広告宣伝を請け負い、ブログやWEBサイトで紹介し、販売につながった分だけ報酬がもらえるという仕組みになります。

実際には企業と個人との間にASP(広告代理店のようなもの)が仲介する形で、ASPを通して報酬をもらうということになっています。

簡単に言うと、サービスを売りたい企業と広告を担う代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者的な役割と考えるとわかりやすいと思います。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法はいくつかタイプがあるのでご紹介します。

WEBサイト・ブログ構築型

基本的なやり方で一番多いのはブログやWEBメディアを持って商品を宣伝するという方法です。

すでにあるアメブロやライブドアブログなどの無料ブログで始めてもいいですし、自分でレンタルサーバーを借りてホームページを作るという感じです。レンタルサーバーは操作も簡単で、月500円くらいでレンタルできますし、wordpressのブログテンプレートも無料で使用できるのが普通ですから、ランニングコストも少ないということがわかるでしょう。

あとは、宣伝したいサービスを直に使ってみた感想などを記事にしてブログを更新していきます。

例えばみやま市の名産である「みやま市おかき」というのを宣伝するときは、

「みやま市おかきを1つ食べたら病みつきになってしまった」

「みやま市出身者だけが知っている超うまいお菓子とは」

「みやま市出身の嫁がみやま市おかきという超絶美味い菓子を持ってきた」

「ギフトならみやま市名物のおかきをあげれば間違いない」

「みやま市に生まれてよかった!みやま市おかきがない人生はつまらん」

という感じで記事を書いてみやま市おかき公式サイトへのリンクへ誘導します。

この方法で一度稼げるブログを作ることができれば、それが資産となり、何もしなくても継続的にお金が入るようになります。そして、そういったブログを複数作成すると報酬は足し算式に増えて、勤めている会社の給与を上回るのも夢ではありません。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使った方法

twitterやインスタで発言力があったらSNSの投稿で宣伝することも可能です。

しかし、先ほどのようなみやま市おかきを売る場合、フォロワーがそれを欲しいかどうかは、商品の種類やフォロワーの年代、性別などで変わってくるので売るのは難しいこともあります。

フォロワーが相当数いて、インフルエンサーくらい発言力があれば可能ですが、そういう人はアフィリエイトに頼らずとも稼ぐことができているでしょう。

広告を出すアフィリエイト

広告出稿型というのは、ヤフーやfacebookなどの広告に広告費を投じて商品を宣伝する方法です。

自分の商品ではないものにお金を出して宣伝するというのはおかしいですが、企業は商品が売れさえすればいいのでお互いウィンウィンの関係となります。

しかし、企業自身がその商品の広告を出している場合は、広告で競争になってしまうので、アフィリエイトでネット広告を禁止している商品もあります。

検索順位を上げずにネット広告(お金)で強引に売るというのは労力こそ少ないですが、広告費とライティング能力がかなり必要になります。

アフィリエイト初心者が大きなコストをかけて広告を出すことはリスクがありすぎるのは誰でもわかることです。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!