1. TOP
  2. 九州・沖縄
  3. 南さつま市にアフィリエイト塾あるの?学ぶメリット・デメリット|鹿児島県

南さつま市にアフィリエイト塾あるの?学ぶメリット・デメリット|鹿児島県

九州・沖縄  

副業アフィリエイト

政府の働き方改革などで副業ができる会社が出てきたりして、サラリーマンにとって良いことなのか悪いことなのかなかなか難しい情勢になってきています。

残業が許されなくなり給与が減ったり、実績評価で給料が上がりにくくなっても、子供の大学の学費や住宅ローンの支払いなど出ていくお金は増えていきます。

そこで、足りない分を自分で稼ぐという答えを導き出すのは至極当然です。そのなかでもアフィリエイトは初期費用がかからない副業ですからリスクがありません。

アフィリエイト教室は南さつま市にある?

アフィリエイト教室が南さつま市にあるかは、このページを読んでいる時点で「南さつま市ではアフィリエイトを学べない(も同然)」と考えられます。

というのもアフィリエイトは、特定のキーワードを入れて検索した時に自分で作ったサイトにお客さんを集める(アクセスを集める)ことで商品を販売に結び付けるものだからです。

つまり、アフィリエイトを学べるという教室が「アフィリエイト 南さつま市」でネット検索した時に検索結果の上位にいなかったら、本当に教えれるの?って感じです。

でもガッカリすることはありません。なぜかと言えば、アフィリエイトは教室などで学ばなくても以下のような優秀な教材があれば稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト塾に通うメリット・デメリット

アフィリエイト塾や教室

実は私もアフィリエイトによって収入を得ていますが、最初は全くIT関係の知識がなかったのでアフィリエイトの塾がないか探しました。

運良く都会に住んでいたので、とある教室に通うことができました。

そこで感じたアフィリエイト教室のメリットは、

  • 稼いでる人にすぐ質問できる
  • 家でもチャットなどで質問できる
  • 同じ目標を持った人と交流できる
  • アフィリエイトの情報を共有できる

メリットだけみると「いいね!」と感じる人もいると思いますが、これが良いと思ってる時はおそらく稼げません

実際にアフィリエイト教室に通ってみて最初はメリットを享受しましたが、ノウハウを得て報酬が出だす頃には、通い続ける必要がないなぁと思い始めました。

というのも、仲間はtwitterやASPのイベントなどでも見つけられるし、質問もネット検索で済む場合も多いです(技術的な疑問になってくるので)。

また、長く通うほど稼げるかといえば、全員が稼げないし、報酬は増え続けるわけでもないという現実がありました。仲間で3年以上も通っているのに月3,000円以下という人もいました(月謝分ギリギリチャラ)。

唯一良かったのは通うことでその時ばかりは作業に没頭することができるというくらいです。でもそれも月に数回だからすごい役立ったとは言えません。

逆に、行ったことで感じたアフィリエイト塾に通うデメリットは、

  • 毎月お金がかかりトータルコストが高い(月1万で年12万円)
  • ノウハウは2〜3か月で体得できる(長期に行く必要ない)
  • メインは作業なので月謝は損した気分
  • 教えてもらうことに依存してしまい自分で考えない

結局アフィリエイトに必要な知識は2〜3か月もあれば誰でも習得できる程度なんです。あとは必死に作業できるかのほうが大事なので、月謝を払い続けるというのは無駄かもしれません。

確かに検索結果が変動したり、トレンドなどによってノウハウも微妙に変わる状況もありますが、それは教えてもらわなくてもアフィリエイトの知識が付けば自分で調べる力もついています。

したがって、南さつま市でアフィリエイトの塾を探すよりも、基礎をびっちり詰め込んだ教材で勉強するほうが、初期コストも少ないし、自分で稼ぐ力も養えます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法

アフィリエイトは商品を宣伝したい企業に代わって広告の役割を引き受けて、自身のホームページやブログで紹介し、商品を売った分だけ報酬がもらえるという仕組みです。

細かくは企業とアフィリエイトする人との間にASP(広告代理店みたいなもの)が介在して、ASPのほうから報酬をもらうという仕組みになります。

簡単に言うと、サービスを売りたい企業とその広告を請け負う代理店(ASP)があって、私たちは広告代理店の下請け業者の集まりとイメージするととわかりやすいです。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの進め方にはいくつか方法があるのでご紹介しますね。

WEBサイト・ブログ構築型

多くの人が実践しているやり方はブログやWEBメディアを持って商品やサービスを案内する方法です。

有名なはてなブログやライブドアブログなどの無料ブログを使ってもいいですし、自分でサーバーを借りてWEBサイトを作るというのが基本です。サーバーは高そうなイメージですが、月500円からレンタルできますし、wordpressのブログテンプレートも無料で使えるものがあるので、初期投資がほとんどいらないのがおわかりでしょう。

あとは、宣伝したいサービスに関する情報をまとめたものを記事にしてwebサイトを作っていきます。

例えば南さつま市の名物である「南さつま市ワッフル」というのを宣伝する場合は、

「南さつま市ワッフルを食べてみた素直な感想」

「南さつま市出身者に聞いたら美味いお菓子はこれしかないらしい」

「南さつま市出身として南さつま市ワッフルを家族に紹介しないわけにはいかない」

「ギフトなら南さつま市名物のワッフルをあげれば間違いない」

「南さつま市生まれの南さつま市ワッフルがついにあの賞を取った!」

というような内容の記事を書いて南さつま市ワッフル公式サイトに送客します。

そして、ブログから報酬がでるようになれば、それが資産となり、何もしなくても継続的にお金が入るようになります。そして、そういったブログを複数作ることができれば報酬は数倍になり、勤めている会社の給与を上回ることだってできるのです。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSで売る方法

twitterやインスタで発言力がある場合にはそれらの投稿で宣伝することもできます。

ただし、上の例のように南さつま市ワッフルを売る場合、フォロワーが購入するかどうかは、商材のジャンルやフォロワーの年齢層、性別などにもよるので売るのは難しいでしょう。

フォロワー数が相当いて、インフルエンサーのような状態なら不可能ではないですが、そんな人は他の手段で稼げるんじゃないでしょうか。

広告出稿型アフィリエイト

広告でアフィリエイトというのは、ヤフーやフェイスブックなどの広告に広告費を投じてアフィリエイト商品を紹介する方法です。

他人の商品を広告費を使って宣伝するというのはおかしいですが、企業としてはどんな形でも売れればいいので販売手段はなんでもいいのです。

ただし、企業自身が広告を出稿している場合には、広告費のつぶし合いになるため、ネット広告の使用を禁止している商品もあります。

検索結果に左右されず広告費で強引に売るというのは近道ですが、潤沢な投資とマーケティング能力が必須になってきます。

アフィリエイトが初めてなのに大きな投資でネット広告を出すのはリスクが高すぎるのは想像に難くありません。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!