1. TOP
  2. 九州・沖縄
  3. 国頭郡にアフィリエイト塾が?行くメリットって|沖縄県

国頭郡にアフィリエイト塾が?行くメリットって|沖縄県

九州・沖縄  

副業アフィリエイト

副業が認められる企業が出現するなど、働き手にメリットが本当にあるのかわからないという人も多いでしょう。

残業できなくなって残業手当が無くなったり、会社の出し惜しみで給与やボーナスが減ったとしても、マイホームの支払いや子供の高額な学費など出費はかさむばかりです。

そうした社会状況で、収益源をもう一つ持つという選択をするのは賢いことです。それにアフィリエイトは初期コストが少ない副業の一つですから目の付け所は良いでしょう!

国頭郡にアフィリエイト教室はあるの?

国頭郡でアフィリエイトが学べるかは、このWEBサイトを見ている時点で「国頭郡にアフィリエイト教室は存在しない(も同然)」でしょう。

というのも、アフィリエイトは特定のキーワードを入れて検索した時に自分で作ったブログやWEBサイトを検索結果の上のほうに表示させるように対策することで商品を売るというものだからです。

なので、アフィリエイトを学ぶための塾が「アフィリエイト 国頭郡」で検索した場合に検索結果から見つけられなかったら、教えるだけのノウハウがあるの?って感じです。

でもガッカリすることはありません。なぜならアフィリエイトは教室に通わなくても以下のような教材だけでノウハウは十分に得られるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アリフィエイトを教えてもらうメリット

アフィリエイト塾や教室

実は私もアフィリエイトによって収入を得ていますが、最初は全くIT関係の知識がなかったのでアフィリエイトを教えてくれる場所を探しました。

幸い都会に住んでいたために、通えるアフィリエイト教室に通学することができました。

通って感じたアフィリエイト教室のメリットは

  • 稼いでる人にすぐ質問できる
  • 24時間いつでもチャットなどで質問できる
  • 一緒に作業できる仲間ができて頑張れる
  • 稼いでいる人のノウハウが聞ける

メリットを羅列すると「良さそう!」と感じる人もいると思いますが、これが必要だと感じている人はおそらく稼げません

事実私もアフィリエイト塾に通ってみて最初はメリットを享受しましたが、知識も身につき稼げるようになった時に、長く通う意味はないということを考えました。

その理由は、仲間がいないと頑張れない人はそれを言い訳にしているだけだし、わからないこともネットで調べると出てくることも多いです(疑問はツールの使い方とかが多いし)。

そして通い続けると収入が増えるかといえば、全員が稼げないし、報酬は増え続けるわけでもないという現実があります。実際に2年以上も通っているのに月の報酬が5,000円以下という人も(月謝分を稼いでるだけ)。

良かったことといえば教室に行くときは嫌でも作業に没頭することができるというくらいです。でもそれも月に数回だからそこまで役立ったとは言えません。

逆に、行ったことで感じたアフィリエイト塾に通うデメリットは、

  • 毎月の支出が痛い(月1万で年12万円)
  • 知識は2〜3か月で十分得られる(それ以上は通う必要ない)
  • メインは作業なので月謝を払うのが疑問
  • 教えてもらうことに慣れて自分で稼ぐ力がつかない

要するにアフィリエイトの基本は3か月もあれば十分に習得できる程度なんです。あとは必死に作業をすることが大事なので、月謝を払い続けるというのは無駄かもしれません。

確かに法改正や検索アルゴリズムの変化、売れ筋商品の変化によってやり方も微妙に変化していきますが、それに関しては聞かなくともアフィリエイトを始めたら情報は言われなくても自分で調べるようになります。

したがって、国頭郡でアフィリエイトの塾を探すよりも、ノウハウがしっかりと詰め込まれた教材で始めるほうが、初期コストも少ないし、自分で稼ぐ力も養えます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法

アフィリエイトは商品を宣伝したい企業に代わって広告宣伝を請け負い、ブログやWEBサイトで紹介し、売れれば売れた分だけ報酬がもらえるという仕組みになります。

細かく言えば、企業と自分との間にASP(広告代理店みたいなもの)が入って、ASP経由で報酬をもらうというシステムです。

簡単に言えば、商品を売りたい企業と広告を担う代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者と考えればよくわかります。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの進め方にはいくつか方法があるのでご紹介しますね。

WEBメディア・ブログ運営タイプ

一番オーソドックスなやり方はブログやWEBメディアを持って商品やサービスを案内する方法です。

既存のアメブロやはてなブログ、ライブドアブログなどの無料のブログでも良いですし、自分でサーバーを借りてWEBサイトを作るというのが王道です。レンタルサーバーは月500円〜レンタルできますし、wordpressのインストールも無料でできるものがあるので、初期コストがほとんどないことがわかると思います。

あとは、宣伝したいサービスを利用した乾燥などを記事にしてブログを作っていきます。

例を挙げると、国頭郡の名産である「国頭郡おかき」というのを紹介する場合は、

「国頭郡おかきって食べてみたら美味しかった件」

「国頭郡出身者がこぞってお土産に持ってくる銘菓とは」

「国頭郡出身なので国頭郡おかきを家族に勧めてみた」

「贈り物に最適!国頭郡名物のおかきは誰もがハマる美味さ」

「国頭郡出身者歓喜!国頭郡おかきがモンドセレクションを受賞」

といった内容の記事を更新して国頭郡おかき公式サイトに送客します。

こうして報酬の上がるブログが作れれば、それが資産となり実質何もしなくても収益が上がるようになります。さらに、そのようなブログをたくさん作成すると報酬は足し算式に増えて、今の会社の給料を上回ることだってできるのです。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使ったやり方

自分が持っているツイッターアカウントなどでフォロワーが多く拡散が期待できるときは、投稿でアフィリエイトすることも可能です。

ただ、上の例のように国頭郡おかきを紹介する場合、フォロワーがそれを求めているかどうかは、商材の種類やフォロワーの世代、性別なども考慮しないと難しいです。

フォロワー数が相当いて、インフルエンサーのような状態なら不可能ではないでしょうが、そんな人は別の方法で稼いでいるはずでしょうね。

広告出稿型アフィリエイト

広告出稿型アフィリエイトというのは、Yahooやfacebookなどの広告に広告費を出して商品を売る方法です。

自分の商品ではないものにお金を出して宣伝するというのは変ですが、企業としては商品が売れればそれでいいので販売手段はなんでもいいのです。

ですが、企業自身もネット広告で商品を宣伝している場合は、広告を出し合う状況になるため、ネット広告の使用を禁止している商品もあります。

検索順位を上げずにネット広告(お金)で強引に売るというのは簡単そうに思えますが、お金とマーケティング能力が相当必要になってきます。

アフィリエイトの知識なしに多額のお金をかけて広告を出稿するのはリスクが高すぎるのは想像に難くありません。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!