1. TOP
  2. 九州・沖縄
  3. 大川市にアフィリエイト塾の存在?受けるデメリット|福岡県

大川市にアフィリエイト塾の存在?受けるデメリット|福岡県

九州・沖縄  

副業アフィリエイト

政府の働き方改革などで副業ができる会社が現れたりして、サラリーマンにとって良いことなのか悪いことなのかなかなか難しい情勢になってきています。

残業が許されなくなり給与が減ったり、不況による賃金上昇が見込めなくなったりしても、マイホームのローンや子供の教育費など入るお金より出ていくほうが多いです。

そうした社会状況で、自分自身の手でもう一つの収入減を得ると考えるのは賢いことです。それにアフィリエイトは無料で始められる副業だからいい選択肢だとおもいます。

大川市にアフィリエイトの塾はあるの?

大川市にアフィリエイトを学べる場所があるかは、このサイトに訪問した時点で「大川市にはアフィリエイトを学ぶ場所は無い(も同然)」なんです。

その理由としてアフィリエイトは、特定の単語でネット検索した時に自分のブログなりサイトを検索結果の上位に表示させて(これをSEOという)商品を販売に結び付けるものだからです。

つまり、アフィリエイトを学べるという教室が「大川市 アフィリエイト」でネット検索した時に上位表示されていなかったら説得力がありません。

でも悲観することはありません。というのもアフィリエイトは人に教えてもらわなくても以下のような優秀な教材があれば稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アリフィエイトを教えてもらうメリット

アフィリエイト塾や教室

何を隠そう私もアフィリエイトで報酬を得ていますが、最初はwordpressって何?ってレベルだったのでアフィリエイトを教えてもらえるところを探しました。

幸い都会に住んでいたために、某アフィリエイト教室に通うことができました。

1年通って感じたメリットは

  • 対面ですぐ質問できる
  • 講義がない時でもチャットなどで質問できる
  • 仲間がいるのでやる気が出る
  • 稼いでいる人からの情報をもらえる

メリットだけみると「いいね!」と感じるかもしれませんが、それに頼ってしまう人はおそらく稼げません

実際に私は通ってみて上記のようなメリットを感じましたが、報酬が出るようになり、よく考えてみたら月謝を払い続ける必要のないことを理解しました。

なぜかといえば、仲間がいないと頑張れない人はそれを言い訳にしているだけだし、疑問点もネット検索で解決できます(技術的な部分の疑問が多いので)。

また、長く通うほど稼げるかといえば、期間と報酬は比例しないし、稼げない人もいたというのが本当のところです。実際問題1年半以上も通っているのに月8,000円以下という人も(月謝で実質損している)。

良かったことといえば通う日だけは作業に集中できるということくらいです。といっても通うのは週一だったのですごい役立ったとは言えません。

逆に、私が思う教室に通うデメリットは、

  • 毎月の支出が痛い(月1万で年12万円)
  • ノウハウは2〜3か月で体得できる(長期に行く必要ない)
  • メインは作業になると月謝のコストが痛い
  • 講師のやり方しか知らないまま進んでいく

要するにアフィリエイトの基本は2か月もあれば十分に習得できる程度のものです。その後はがむしゃらに作業をすることが重要ですから、継続してお金がかかる教室は無駄だと感じました。

確かに検索順位の変動や流行り廃りなどによってノウハウも微妙に変わることもありますが、それは教えを請わなくてもアフィリエイトの知識が付けば言われなくても自分で調べるようになります。

なので、大川市でアフィリエイト教室を探すよりも、ノウハウが自分のペースで習得できる教材のほうが、初期コストがかからないし、自分で稼ぐ力も得られます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトのやり方

アフィリエイトは商品やサービスを売りたい企業の代わりに広報的な役割を引き受けて、自身のWEBサイトやブログで紹介し、販売につながった分だけ報酬がもらえるというシステムです。

細かく言えば、企業と自分との間にASP(広告代理店みたいなもの)が仲介する形で、ASPを通して報酬をもらうというシステムです。

わかりやすく言えば、商品をたくさん売りたい企業とその広告を受け持つ代理店(ASP)があって、自分は広告代理店の下請け業者みたいなものとイメージするととわかりやすいです。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの進め方にはいくつか方法があるのでご紹介しますね。

WEBメディア・ブログ運営タイプ

多くの人が実践しているやり方はWEBサイトやブログを自分で作って商品を紹介するやり方です。

既存のアメブロやはてなブログ、ライブドアブログなどの無料ブログを使ってもいいですし、自分でサーバーを借りてWEBサイトを作るというのが一般的です。サーバーと言っても月500円からレンタルできますし、wordpressも無料で使えるものがほとんどですから、初期コストがほとんどないことがわかると思います。

そのあとは、宣伝したい商品を実際に使ってみた感想などを記事にしてwebサイトを作っていきます。

例えば大川市の名産である「大川市饅頭」というのを宣伝するときは、

「大川市饅頭を実際に食べてみた感想」

「大川市出身者がこぞってお土産に持ってくる銘菓とは」

「大川市出身としては大川市饅頭を家族に勧めないわけにはいかない」

「贈り物に最適!大川市名物の饅頭は誰もがハマる美味さ」

「大川市の誇りにかけて大川市饅頭は最強である!」

というような内容の記事を書いて大川市饅頭公式サイトに送客します。

こうして報酬の上がるブログが作れれば、それが資産となりそれ以上記事を書かなくても報酬が入るようになります。そして、そういったブログを複数作ることができれば報酬は数倍になり、現在の月給を超えることだって可能です。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSで紹介するやり方

自分がtwitterやインスタグラムなどでフォロワーが多く拡散が期待できるときは、投稿でアフィリエイトすることも可能です。

ただ、上の例のように大川市饅頭を紹介する場合、フォロワーがそれを求めているかどうかは、商品ジャンルやフォロワーの年齢、性別などで変わってくるので売るのは難しいこともあります。

フォロワーが相当数いて、インフルエンサーくらい発言力があれば不可能ではないでしょうが、そんな人は別の方法で稼げるんじゃないでしょうか。

広告出稿型アフィリエイト

広告を出すというのは、facebookやヤフーの広告に広告費を使って商品を紹介する方法です。

他人の商品を広告費を使って宣伝するというのは変な話ですが、企業は商品が売れればOKなのでとくに問題はありません。

ただし、企業もネット広告を出稿している場合は、広告を出し合う形になってしまうので、アフィリエイトでネット広告を禁止している商品もあります。

検索結果に左右されずお金の力で強引に売るというのは近道ですが、広告費とライティング能力がかなり必要になります。

アフィリエイトの知識なしに多額のお金をかけて広告を出稿するのはリスクが超高いのは容易に想像できます。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!